エンジニアインターンに参加するメリットと探し方【実体験】

エンジニアインターン

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
  • エンジニアインターンに参加するメリットが分からない
  • エンジニアインターンの探し方を知りたい
  • おすすめのインターンを探すサイトを知りたい

こんな疑問にお答えします。

プログラミングスキルを伸ばすためにインターンに通いたいと思う方も多いでしょう。

実は、インターンを探すときはもちろん、良いインターン先を見つけるにはコツが必要です。

今回は、合計19社のIT会社に『実務未経験だけどエンジニアとして採用してください』と頼んだ私が、エンジニアインターンの探し方をご紹介いたします。

本記事を読み終えれば、エンジニアインターンに参加するメリットから、具体的な参加方法までマスターすることができます。

エンジニアインターンを経験するメリット

プログラミングを勉強する上で、学生のうちにエンジニアインターンを経験するメリットは3つあります。

  • プログラミングを深く学べる
  • 時給が高く、自由度も高い
  • 将来の仕事に繋がりやすい

それぞれの特徴を踏み込んで解説していきます。

1.プログラミングを学習することができる

エンジニアインターンに参加する一つ目のメリットは、プログラミングを深く学べることができる点です。

そもそも、プログラミングはこれからの時代絶対に必要となるスキルです。

事実、需要の拡大に対応するために、政府はプログラミングは2020年からは小学生に対して必修化を踏み切っています。

加えて、ITの進化が続く限り、プログラミングスキルの需要は途切れることがないでしょう。

そのような状況で、プログラミングをできるだけ早いタイミングで学習することは、アドバンテージです。

学生にも関わらずプログラミングができる人は、市場価値が非常に高い存在になれます。

なぜなら、育成コストをかけずに即戦力で業務を任せることができるからです。

エンジニアインターンに参加することは、学生にも関わらずプログラミングスキルを伸ばせる選択肢の一つです。

早い段階でスキルを伸ばせるため、エンジニアインターンに参加することは価値があると言えるでしょう。

プログラミングバイトの時給が学生の割に良い

エンジニアインターンでは、普通のバイト以上にお金を稼げることもメリットの一つです。

エンジニアインターンの募集では、未経験であっても1000-2000円の募集も存在しています。

つまり、プログラミング学習をしながらバイトをするよりも高いお金をもらうことができます。

更に、プログラミング経験者になればより3000円以上の時給も可能です。

理由として、経験者になればお仕事を個人で受注できるようになるからです、

下の画像は、クラウドソーシングという仕事を個人受注できるサイトで募集がされている案件についてです。

クラウドワークスのお仕事
クラウドワークスのお仕事

このように、時給2000-3000のお仕事が転がっているんですね。

加えて、さらに技術力を身に付けることができれば成果報酬型のお仕事をいただけるようになります。

数百万円の案件を獲得したことがある学生もいるので、エンジニアインターンでスキルを伸ばす大切さがわかりますね。

エンジニアインターンで就職やキャリアに役立つ

エンジニアインターンで経験を積むことで、就職やキャリアの形成に役立てることができます。

先程の繰り返しになりますが、ITの市場は拡大し続け需要がなくなることはありません。

そのため、プログラミングを実務まで経験している人は、即戦力として採用することができるため、たくさんの企業から引っ張りだこになります。

また、フリーランスとして活動していく上でもエンジニアインターンを経験することは大切です。

理由として、エンジニアインターンで実績を積むことができるからです。

信頼と技術力が物を言うフリーランスという職業において、実績は大きな武器になります。

フリーランスになりたての頃は大きな仕事を取ることが難しいです。

しかし、インターン先で実績を積むことができていれば、その実績を武器に大きな仕事を受注できます。

【習熟度別】エンジニアインターンの探し方

それではエンジニアインターンを見つける方法について解説していきます。

エンジニアインターンを見つける上で一番大切なことは、レベルに合わせてエンジニアインターンに応募することです。

今回は、プログラミング未経験者と経験者のパターンで解説していこうと思います。

それぞれご紹介していきます。

プログラミング未経験者のエンジニアインターン

プログラミング未経験者がエンジニアインターンに進むことは、非常に難しいことです。

理由として、プログラミング初心者を育成することは企業にとって非常に負担となるからです。

事実、プログラミングスクールの値段は月10万円程度かかることからも、育成コストが高いことがわかるでしょう。

そのため、未経験募集というバイト募集があったとしても、かなりの確率で落とされます。

そのため、まずは最低限プログラミングを勉強を初めて、プログラミング初学者へレベルアップしましょう。

ある程度プログラミングスキルを身につけることが、かえってエンジニアインターンに受かるための最短ルートです。

スキルを身につける上でおすすめの方法はプログラミングスクールへ通うことです。

僕自身もプログラミングスクールへ通ってから、エンジニアインターンに応募しました。

ちなみに、スクールを終了し終えたあと、19社応募して合格したのは2社でした。

そのため、プログラミング未経験者の合格率がめちゃくちゃ低いことがわかると思います。

ですが、受かってしまえばプログラミングスキルを伸ばせる環境に身を置けるため、お金もスキルも回収できますよ。

また、全くの初心者のまま入社すると苦労します。

  • 足手まといなので周りの目が気になる
  • プログラミングが難しくて覚えられない
  • 業務が忙しいときは教えてもらえない

などなど、めちゃくちゃ苦労します。

インターン先と友好関係を築くためにも、最低限のスキル上げは必要です。

プログラミング経験者がエンジニアインターンを探す場合

プログラミングを独学・スクールに一定期間通っていれば、すぐにエンジニアインターンを始められます。

また、実務を経験したことがある人も、問題なくエンジニアインターンを始められるでしょう。

私は19社受けて2社くらいにしか受かることができませんでした。

エンジニアインターンの倍率は非常に高いですが、根気よく募集していきましょう。

エンジニアインターンを探す方法は人づてに紹介して貰う方法と、インターンを探すサービスを利用する方法です。

今回は、インターンを探せるサービスをご紹介していきます。

エンジニアインターンを探すときにおすすめのサイト3選

エンジニアインターンを探す上で有名なサイトは次のとおりです。

  • Wantedly
  • ゼロワンインターン
  • キャリアバイト

私はすべてのサイトをつかって、エンジニアインターンに応募しました。

それぞれの良さや特徴をご紹介していきます。

Wontedlyでエンジニアインターンの特徴

wontedly

まずご紹介するのは、エンジニアインターンの求人数のみならず、長期インターンの募集がずば抜けて多いWontedlyです。

  • 求人募集数が多い
  • 求人が古い場合が多い
  • 倍率が非常に高い

それぞれご紹介していきます。

求人募集数が多い

たとえば、エンジニア 未経験 というキーワードで検索した場合、9800件近い募集を見つけられました。

wontedly エンジニア未経験

募集している企業の特徴としては、ベンチャー企業が多いです。

理由としては、Wantedly自体がベンチャー企業なので、類は友を呼ぶ感じがします。

求人が古い場合が多い

Wantedlyの特徴として、エンジニアインターン求人が古い時があります。

たとえば、先ほど検索した募集求人の掲載日が非常に古いのです。

2016年とか

wontedlyエンジニア採用申請

2017年とか

wontedlyエンジニア採用申請

挙句の果てには2015年のインターン募集がありあります。

wontedlyエンジニア採用申請

このような企業様って、もはやインターンの募集を締め切っているところが多いんですね。

なので、申請するけど連絡が帰ってこなかったり、エンジニアとしての採用は終了したなんてことはザラに言われてしまいます。

なので、求人数が多い反面、無効な求人も多いので注意が必要そうです。

倍率が非常に高い

Wantedlyでは、1件の募集に対して何十人もの募集がされています。

たとえば、以下の画像は『プログラミング未経験でもエンジニア研修します』と書かれた募集に集まった人数です。

wontedlyエンジニア採用人数

驚異の966人がエンジニアのインターンに応募しています。

このようなことが起こると、そもそも返信がこなかったり、面接が1ヶ月以上待たされることになります。

したがって、非常に倍率が高いのが一つの特徴だと言えるでしょう。

ゼロワンインターンでエンジニアインターンを探した場合

ゼロワンインターン

続いて紹介するのはゼロワンインターンです。

  • 募集数は決して多くない
  • 律儀な会社が多い
  • 就活と結びつけられやすい

上記のような特徴ががあります。

募集数は決して多くない

『エンジニア 未経験』という条件で検索したところ、ヒットしたのが55件でした。

ゼロワンインターン採用人数

ですが、インターン募集業界では大手だと行って良いでしょう。

印象としては、日本の中小、中堅企業が多く募集をかけています。

返信率100%で面接もほぼ100%実施

ゼロワンインターンの魅力で、Wntedlyと違う点が、返信率が100%ということです。

4件に申請をしましたが、全ての会社から返信をいただきました。

中小や中堅企業は信頼を大切にします。だからこそ、高い割合で返信をくれるのだと感じました。

また、面談の打診をしたところ全ての1社を除き面談を実施してくださいました。

採用にこぎつけらるかは別の話になりますが、申請したら必ずアクションをもらえて、採用の面談まで実施してくださるのは、エンジニアインターンを探す身としては非常にありがたいですね

就活と結びつけて考えられることが多い

その一方で、面接を受けて気になった部分が1点だけありました。

それが、就活の話と結びつけて考えてくる方が非常に多いと言うことでした。

そもそもゼロワンインターンの特徴の一つに『インターン会社が受け入れたインターン生の実態を書類としておこし、その書類を見た会社が新卒として採用することもできる』と言うものがあります。

つまり、インターン生を正社員として採用することができるということです。

そのため、ゼロワンインターンに求人を出している多くの企業が、良いインターン生がいれば採用したいと考えています。

なので、面接に向かう時は、その会社に興味がなくても『貴社に興味があります!』といった雰囲気を出しましょう。

事実、起業やフリーランスも興味があります!と面接で伝えたところ、お相手の雰囲気が堅くなったのを感じました。

できればこのようなことを言うのは避けたほうがいいと考えられます。

キャリアバイトでエンジニアインターンを探してみた場合

最後に紹介するのはインターンとは違ったコンセプトのキャリアバイトというサービスです。

将来のキャリアに役立つようなバイトを掲載している、風変わりなコンセプトをを持ったサイトだといえます。

  • インターン掲載数はとても少ないが、質が高い
  • 返信率・面談率が100%
  • 有名企業が多い

それぞれの特徴を解説していきます。

掲載数がすくない

企業様が厳選されているためか掲載数はかなり少ないです。

『エンジニア 未経験』検索したところ、全国で13件しかありませんでした。

キャリアバイトの求人数

これは優良企業を厳選している影響で、掲載数が少なくなっていると言えます。

ですが、地域によってはエンジニアインターンの募集がない可能性が挙げられます。

返信率、面談率100%で安心できる

まず、他のサイトと比べて圧倒的に優れているのが対応の良さです。

インターン申請したら、返信は必ず返ってきますし、面談の日程を決めるまでの流れも非常にスムーズです。

僕は3社に求人応募を出したところ一両日(当日とその翌日)以内に連絡をいただくことができました。

ストレスなく面談を実施していただけたのは非常にうれしかったです。

優良企業・有名企業が多い

求人を出している企業は、しっかりして、グローバル展開している会社が多いです。

そのため、自然とネームバリューが付きやすい会社です。

私は、キャリアバイトで見つけたインターン先で働いていたのですが、非常に快適な仕事場でした。

また、取り扱っている取引先も一部上場企業ばかりで、実績も作りやすい環境だと言えました。

まとめ:エンジニアインターンをすぐ探そう

プログラミングを目指している方の多くは、エンジニアやプログラマを目指して活動している方が多いのではないでしょうか?

エンジニアとして一番必要なのは実績と技術力なので、エンジニアインターンに挑戦することはとても効率のよい成長方法だと言えます。

もし、プログラミングに挑戦したい、エンジニアを目指してみたい。

そう思うのであれば、エンジニアインターンにぜひ挑戦してみてください。