フリーランスになりたい人がWordPressをオススメされる理由

freelance wordpress

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
ぼく

WordPressはフリーランスの1歩目だよ
Worpdpressをつかってホームページを作れるようになれば、稼げるようになるんだ

縛られたくない!

自由に生活したい!

よっしゃフリーランスになろう!


こんな感じでフリーランスを志す方、めっちゃ増えてきてます。
とはいえ、フリーランスになってもお金は稼がないといけませんね。

フリーランスで稼ぐ方法について調べるうちに、WordPressができればフリーランスになれるといった情報を耳にした人も多いはず。

でも、それだけの情報だと、『なぜ稼げるのか』『フリーランスにWorpdressがオススメされる理由』が全然わからないですよね

Wordprssとフリーランスの相性がいい理由

freelance wordpress

そもそも、なぜWordpressがフリーランスの方々にオススメされるのでしょうか?

まずは、フリーランスに憧れる人の特徴をかんがえてみます。

毎日満員電車に乗って、決まった時間に決まった仕事をすることに嫌気を感じているひとが、フリーランスに憧れる傾向がある気がします。

それでは、Wordpressをでホームページを作る仕事は、フリーランスを目指す人と、どのように相性がいいのでしょうか?

このように、Wordpressでホームページを作れるようになれば、ジリ貧にならず、自由な生活を享受できるようになります。

WordPressはフリーランスでも継続して稼げる

freelance wordpress

まずはWordPressを使ったWeb製作で、フリーランスとしてしっかりと稼げる理由を解説していきます。

私もWordpressの案件をよく受注しているのですが、ランサーズを活用しています。

ランサーズとは仕事を依頼したい人と、受注したい人をマッチングさせるサイトのことで、駆け出しフリーランスはここでお仕事をもらっています。

では、Wordpressの案件の価格帯はいくらくらいでしょうか?実際に確認してみましょう。

2万円から10万円だけではないですよ。

ものによっては10万円から30万円のWebサイト製作の案件もたくさんあります。

このように、月10万円の仕事を3つ受注したり、月30万円の仕事を一つ受注するだけで、1ヶ月は余裕で生活することができますね。

しかも、二枚の画像をみてくださればわかるのですが、各案件に『NEW』というアイコンがついています。

このことからもわかりますが、毎日あたらしい案件がどんどん追加されています。

そのため、仕事が枯渇することもないですし、案件が取れない日があっても、新しい案件にアプローチしまくれば仕事を受注できるので安心ですね。

WordPressの仕事は成果報酬で場所も時間も自由

freelance wordpress

続いては、WordPressのWeb製作をするお仕事は、時間も場所も指定されないという特徴があります。

どういうことかというと、これはランサーズというサイトの特徴がかかわってきます。

ランサーズでは基本的に成果報酬型のお仕事を依頼し、それをフリーランスの人々が受注します。


成果報酬ということは、案件をこなしてくれればなんでもOKというスタンスなんですね


時給換算しない依頼主は、フリーランスの方がいつ、どこで仕事をしていようが全くノーダメージなのです。

ただただ納期までに仕事を終わらせてくれればなんでもいいと思っています。


したがって、ランサーズで仕事を受注すれば、時間と場所から解放された生活ができるようになるわけですね。

フリーランスになりたい人にとって、Wordpressはちょうどいい難易度

freelance wordpress

最後に、Wordpressがフリーランスにオススメされる1番の理由を解説します。

タイトルもある通り、WordPressのホームページ製作はフリーランスを目指す人にとって適切な難易度なのです。

そもそもですが、フリーランスになる方法はWordpress以外にもたくさんあります。


よくオススメされる例を以下にまとめてみました。

などなど、たくさんあります。


そのなかで、Wordpressがオススメできる理由には以下の2つの理由があります。

WordPressはPHPというプログラミング言語をわかりやすくしたものです。
そのため、WordpressはPHPを学ぶファーストステップにはちょうどい段階であるといえるでしょう。

WordPressからPHPを学べる


では、なぜWordpressをやめてPHPを学ぶ必要があるのでしょうか?


答えは簡単です。PHPの方がより効率的にお金を稼げるからです。


先ほどランサーズでWordpressの案件の値段をご紹介しましたが、PHPの案件の値段はいくらくらいなのでしょうか?

フリーランス レバテック

最低単価が30万円、平均68万円ということで、Wordpressよりもがっつり稼げることがわかりますね

WordPressでもお金を稼ぐことはできますが、PHPのエンジニアになることができれば、その単価はグググっと伸ばすことができます。

WordPressをしっかりと勉強して下地を作ることができれば、PHPエンジニアへ成長することができます。

より稼げるフリーランスになるためにも、勉強をおこたらずに上を目指していきましょう。

WordPressを学べる教材がいっぱいある

もう一つ重要なことに、Wordpressを勉強するための方法がたくさんあるということです。

私はいくつもの勉強法を試しましたが、本気で役に立った方法を解説していきます。

一つ目の方法は、Udemyという動画教材サイトにあるWordPress Theme Development with Bootstrapという教材を受講することです。


WordPressだけではなく、BootstrapというHTML&CSSのフレームワークを活用して、実践的なスキルを身につけることができます。

私はこの教材を勉強して仕事を受注できるようになりました。


ただし、この教材は中級者向けかつ全て英語なので、プログラミングはさっぱりわからないという人や、Webページを一つも作ったことがないという人、英語がわからない人にはお勧めできません。

ちなみに、普段は2万円くらいするコースですが、Udemyのセール時に変えば1500円以下で購入できます。


もう一つのお勧めの方法はプログラミングスクールに通うことです。

私自身、WordPress Theme Development with Bootstrapを勉強する前は、プログラミングスクールに2ヶ月ほど通って通いました。

プログラングスクールで土台を作れたからこそ、Udemyなどの動画教材でも勉強できるようになったのです。

私がお勧めするプログラミングスクールはテックキャンプというスクールで、インターンやWeb制作会社に勤めたいとおもっている人にはぴったりです。

体験談も置いておくので、ぜひよんでみてください。

ですが、私は稼ぎたい人やフリーランスになりたい人にテックキャンプはお勧めしません。


なぜなら、テックキャンプで勉強したのはWordpresでもPHPでもない言語だったからです。


今、私がWordpressをつかってお金を稼いでいることがを考えると、Wordpressを勉強できるスクールに通えばよかったと後悔しています。


そのため、同じ失敗を繰り返さないためにも

フリーランスとして活動したい!
稼げるスキルを身に付けたい
WordPressを勉強したい

と思っているプログラミング初心者の方は、CodeCampというプログラミングスクールがお勧めです。

Codecampではプログラミングスクールの中で数少ないWordpressコースが開講されているスクールです。

いい換えると、プログラミングの基礎体力と、自走するためのググる力を、実務的なWordpressを勉強しながら身に付けられるということです。

正直、最初からこの選択をしておけばよかったと思っています。。。笑

フリーランスになって自由な生活を獲得するための先行投資として、スクールに通うことは自身の経験的にもすごく良いことでした。

なので、もしWordpressを学べるスクールのCodecampはめちゃくちゃ有意義なスクールでしょう。

無料体験ができるので、もし興味があればのぞいてみてください!

まとめ:フリーランスの一歩はWordpressにあり

フリーランスになって、自由な生活を手に入れるためには、それ相応の努力が必要です。

しかし、WordpressでWebサイトを作れるようになれば、仕事との付き合い方を変えられます。

場所や時間の制限から解放されて、効率よくお金を稼げるようになれるのです。

フリーランスを目指す人は、ぜいその第一歩をWordpressに賭けてみてください!