プログラミングの仕事でよく目にする『FTP』ってなんだろう?

FTP

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
ぼく

FTPっていうワードを見かけたけど何?

FTPについてもっと深く知りたいな

この疑問に答えます。

プログラミングをつかって仕事をし始めると、FTPという言葉を目にすることも多いと思います。

ですがFTPというワードを突然目にしてもびっくりしてしまいますよね

ということで本記事では『FTPとはなんなのか』というところから『FTPを使うメリット・使い方』についても解説をしていきます。

FTPとはなんなのか

FTP

それでは、まずはじめにFTPについて解説を加えていきます。

FTP(File Transfer Protocol)とは、ネット上でファイルのやり取りをするときのルールです。

このFTPの定めたルールに従うことで、ファイルをサーバーとPCの間でやり取りをすることができるようになります。

さらに簡単に解説をすると、FTPが定めたサーバー(場所)にファイルを置くことで、そのサーバーにアクセスすればファイルをダウンロードできるという感じです。

FTPを仕事で使うメリット

それでは、FTPを使うメリットは何があるのでしょうか?

究極的な理由としては『手軽にファイルをやり取りできる』ということです。

具体例をあげてみていきましょう。

色々な人が同じファイルを使う場合

まず一つ目に考えられるのは、色々な人がファイルにアクセスする場合です。

共有したいファイルをFTPというサーバーに置くことで、アクセス情報を持っていれば簡単にログインすることができます。

加えて、このログイン情報がなければファイルにアクセスすることもできないため、アクセスさせるさせないも簡単におこなえます。

何度もファイルのやり取りをする場合

次に考えられるケースとしては、何度もファイルのやり取りをする場合です。

例えば、リモートワークで仕事をしており、ファイルを頻繁に確認する必要があったとしましょう。

この場合、毎回ファイルを送付しておくっていたら、手間がかかってしまいますよね。

しかし、FTPというアカウントにファイルを設置しておき、仕事がの進みに合わせてFTPアカウントにファイルを追加していけば、簡単にファイルのチェックができます。

FTPを仕事を使うデメリット

FTP

このように、FTPアカウントを使うことで簡単にファイルをやり取りできることは理解させていただけたと思います。

では、デメリットは何があるのでしょうか?

一番のデメリットはFTPは昔からある通信方式なので、暗号化せずに情報がやりとりされます。

暗号化とは、データの内容を他人には分からなくするための方法です。たとえば、コンピュータを利用する際に入力するパスワードが、そのままの文字列でコンピュータ内に保存されていたとしたら、そのコンピュータから簡単にパスワードを抜き取られてしまう危険性があります。

総務省 国民のための情報セキュリティサイト「暗号化の仕組み」

つまり、情報漏洩のリスクがかなり大きくなってしまうということです。

FTPの無料ソフト

とはいえ、FTPでも通信はいまだ主流であるのは間違いありません。

また、FTPでの通信のやり方を覚えてしまえば、他の通信についても問題なく通信できるようになります。

FTPでの通信をするためには、無料のソフトを使うことで接続することができるので、オススメのFTPソフトをご紹介します。

といっても、やることは同じなので、WindowsかMacで使い分ければOKです。

Windowsの人向け

winscp

オススメのFTP接続ソフトはWinSCPです。

シンプルな操作感かつFTP以外の通信様式にも対応しています。

私自身もWindowsのパソコンで仕事をするときはWinSCPをつかっているので、実務にも十分対応できていますよ!

>>WinSCPをダウンロードする

Macの人向け

cyberduck

オススメのFTP接続ソフトはcyberduckです。

こちらもわかりやすい使い心地ですし、有名なプログラミング学習教材のドットインストールでも使用されています。

僕のパソコンはMacなのですが、私用でプログラミングをするときや、私的に仕事を受注したときは常に使っています。

>>cyberduckをダウンロードする

FTPソフトで新規接続をする方法

FTP

それでは最後に、簡単にFTPソフトの使い方を説明させていただこうと思います。

今回はCybeeduckを使って説明していきます。

新規接続ボタンをクリック

まずはダウンロードしたFTPソフトを起動してみましょう。

FTP

こんな画面になったら正解です。

左上の新規接続をクリックしてみましょう。

そうするとこのような画面になるので、情報をいれていけばOKです。

必要情報を入れる

必要な情報といっても3種類だけです。順番に解説を加えていきます。

これだけです。

ユーザー名とパスワードに関しては割愛させていただくとして、解説を加えるのはサーバーについてです。

サーバーに入れる情報というのは数字と英語を使った文字列で表示されるもので、簡単にいうとネット世界の住所という感じです。

このサーバー部分に住所を入れた上で、ログイン情報(ユーザー名とパスワード)が正しければアクセスすることができるわけですね。

ファイルをやり取りできるようになる

この情報を入れてしまえば、あとはログインをするだけでOKです。

ログインするとファイルなどを確認することができるかと思います。

自分のパソコンに、FTPのファイルをダウンロードすることもできますし、アップロードすることもできます。

ぜひ、ガンガン活用していきましょう。

まとめ:FTPは死ぬほど便利

いかかでしょうか?

FTPというものはファイルをやり取りするときに使える便利ツールであるということを理解していただけましたでしょうか?

プログラミングを使って個人受注する際や、仕事をするときには絶対に必要となる必須ツールですので、使い方をぜひ覚えていきましょう。