ランサーズ初心者が困らないために、絶対持つべきマインドセット

ランサーズ初心者のパソコン

クラウドソーシングで有名な企業の一つであるランサーズ。

副業やノマドワーカー的な仕事ができるの、大変人気なサービスを提供しています。

しかし人気サービスでも、ランサーズを初めて利用する初心者からすると戸惑うことも多いはず。

ということで、ランサーズ初心者向けに持つべきマインドセットとについて解説をさせていただきます。

ランサーズと初心者だった頃の私

ランサーズ初心者

今でこそ、ランサーズで月に10万円前後稼げるようになりましたが、最初は完全な初心者でした。

ランサーズで案件を取ろうとしていた頃の私が書いた記事があります。

この記事を読んでいただければ分かりますが、ランサーズで仕事を取るのって面倒臭いです。

プログラミングスキルなどもそうですが、営業力が必要になるからです。

そして何よりも、ランサーズとうまく付き合えるマインドが必要になります。

ランサーズ初心者だった私は、ランサーズに対する心構えがなく、ストレスが溜まっていました。

ですが、ランサーズを徐々にこなすうちに、『ランサーズはこんなもんなんだ』ということを理解できるようになりました。

すると、案件も取れるようになり、ストレスなく仕事がこなせるようになりました。

ということで、私が培ってきたランサーズに対するマインドをご紹介します。

ランサーズ初心者は低単価でも受注しよう

ランサーズ初心者

まず一つ目にお伝えしたいのは、ランサーズ初心者なら低単価の案件でも受注するメンタルを持つ事です。

ランサーズ案件の多くは成果報酬型なので、作業量に見合わない値段のタスクがあります。

それこそ、時給換算すると500円にも満たない仕事もあります。

普通に働いた方がいいので、こんな仕事を受注するのはバカらしいですよね。

しかしランサーズ初心者は、あえて低単価仕事を受注しましょう。

なぜなら、低単価案件はライバルが少なく仕事を受注しやすいからです。

ランサーズ初心者がやるべきことは、まず仕事を受注することです。

なぜランサーズ初心者は仕事を受注することが大切なのでしょうか?

仕事を受注するメリット

特に強調したいメリットが、実績をつけることができるという点です。

ランサーズでの評価基準の一つに過去実績があります。

ランサーズで『どの程度取引をしているのか』『仕事の評判はどのくらい高いのか』といった点を測るバロメーターです。

ですが、ランサーズ初心者の方は過去実績が全くない状態から始まります。

実績がないと、仕案件を出しても仕事に結びつく可能性がかなり低いです。

したがって、ランサーズ初心者の方は、実績づくりのために低単価でも仕事を受注しましょう。

もちろん短期的に見たらマイナスです。

しかし、実績を重ねて大型案件を取れるようになると大きく稼げるようになります。

長期的にプラスにするという意識を持つと、割り切って仕事を受注できますよ。

ランサーズでスキルを伸ばして初心者を脱却

ランサーズ初心者のパソコン

二つ目は、ランサーズで仕事をもらいながらスキルを伸ばすマインドです。

おそらくランサーズ初心者の方は、今までの経験を生かして仕事を受注しようとする方が多いと思います。

プログラミングスキル、ライティングスキル、はたまた単純作業が好きという方もいるでしょう。

ランサーズでは仕事のやり取りをするので、仕事を完遂する事が一番大切です。

それに加えて、ランサーズで受注した仕事を介して成長を目指すようにしましょう。

私の場合は、ランサーズでわからない案件があっても応募します。

なぜなら、わからない事を解決しようとする過程でさまざまなスキルを新たに獲得できるからです。

成長を繰り返す事で、受注できる仕事の幅が増えますし、単価も上がっていきます。

できるかどうか不安な仕事を受注する事はとても不安ですし、度胸が必要です。

しかしその壁を乗り越えた時に、ひとまわり大きく成長することができます。

よく言われているのが、『案件内容が8割分かれば受注しても良い』という基準です。

のこりの2割は仕事をしながら、人に質問したり、グーグルに質問する手法になります。

ランサーズを利用している多くの方が持っているマインドです。

ランサーズ初心者の方も、どんどん難しい案件に挑戦してみましょう。

ランサーズの案件は落ちて当たり前の世界

ランサーズ初心者のパソコン

最後にご紹介するのは、ランサーズの案件は落ちて当たり前という話です。

ランサーズ初心者の方の勘違いが、仕事がどんどんもらえてガンガンお金が入るというイメージです。

現実は全然違います。

クライアントと呼ばれる仕事の依頼主に、何十人ものランサー(仕事が欲しい人)が応募します。

有料案件だと一案件が数十倍にもなります。

いわば弱肉強食の世界です。

そのため、10件ほど応募して10件とも落選するなんてことはざらにあります。

Twitterで、クラウドソーシング初心者の方が、71件目にして仕事を初めて受注できたという話も見かけました。

したがって、ランサーズの案件は落ちるものというマインドを持ちましょう。

特に、実績が少ないランサーズ初心者の方は、当選したらラッキーくらいの気持ちで仕事を依頼しましょうね。

私自身も、最初の頃はなかなか案件が取れず苦労をしていました。

しかし、ある程度コツを掴めばランサーズで仕事を取れるようになっていきます。

そのコツを掴めるようになるまで、諦めずに提案してみましょう。

まとめ:ランサーズを有効活用しよう

ランサーズ初心者のパソコン

ランサーズは初心者にとって難易度が高いクラウドソーシングサービスです。

初心者でも一人で案件を獲得し、仕事をこなす必要があるからです。

しかし、しっかりとしたスキルとマインドセットさえ持っておけば、仕事は十分受注できます。

また、クラウドソーシングはノマドワーカーや副業をする上で最高のサービスです。

私自身もランサーズでお金を稼ぎつつ、ノマドワーカーをしています。

記事内でも紹介している、場所と時間から解放された生活はノマドワーカーにならなかったら手に入らなかったものです。

ぜひランサーズを極めて、自分にあった生活スタイルを確立してみてください。