プログラミングの習得時間はどのくらい?【記録有り】

プログラミングの習得時間

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
ぼく
  • プログラミングの習得時間が知りたい
  • プログラミングにかけた時間と習熟度の関係を知りたい

こんな疑問に答えます。

プログラミングを勉強する上で、どのくらい勉強したら、どのくらいできるようになるかは知りたくないでしょうか?

実は、プログラミングは200時間程度やれば、簡単なアプリケーションを開発できるようになります。

事実、私はプログラミングの学習時間を記録しており、どのくらい勉強したらどの程度成長できるかをお伝えできます。

本記事では、私自身の記録とプログラミングスクールのデータを根拠にしながら、プログラミング習得にかかる時間を解説します。

記事を読み終える頃には、どのくらいプログラミングをしたらできるようになるのかを解説しています。

プログラミングを習得する前のスキル

まずは、プログラミングの習得する前のスキルについてご紹介します。

  • 文系大学生
  • プログラミングを挫折経験あり
  • 熱意なくプログラミングを開始

ITや情報系の知識はほとんどない文系大学生でした。

ですが、プログラミングを本気で勉強する1年前に、プログラミング学習サービスでプログラミングに触れたことがありました。

ですが、、独学での勉強がしんどかったですし、面白くなくて挫折します。

その後、1年間はプログラミングに触れずに生活していました。

ですが、大学の長期休みを利用してプログラミングを勉強し直す事を決意します。

決意のきっかけは、ITの知識が必要になるよ、という世間の風潮です。

ちなみに、文系がプログラミングを習得するまでの手順についての記事も書いているので、よければ読んでください。

文系でもプログラミングを独学で学ぶことはできるのか【実体験、勉強法】

プログラミング習得するまでにかかった時間

プログラミングを習得するのにかかった時間

それでは、プログラミングを習得するまでにかかった時間を説明していきます。

「プログラミングを習得」の定義

プログラミング習得の定義はなんでしょうか?

本記事では、プログラミング初心者が、Webに関する言語の勉強を行い、オリジナルアプリを作れるようになるとします。

このような根拠にした理由は以下の通りです。

  • 筆者の実体験がベースになっている
  • 多くの人がWeb言語から勉強開始する
  • ゴール設定が行いやすかった

といった理由が挙げられます。

また、Webアプリ以外の言語(SwiftやPython)にも適応できるかなと考えております。

また、ゴール設定が自作アプリにしている理由は以下の通りです。

  • 初心者の目標にしやすい
  • ポートフォリオとして扱える
  • 仕事に結び付けられる

といった理由です。

つまり、自作アプリを作ることは、脱初心者の基準となると考えたため、このような基準となりました。

実際にプログラミング習得までにかかった時間

結論から言うと、オリジナルのアプリを作れるようになるまでにかかった時間はおよそ148時間です。

下の画像が勉強の記録です(色に関しては気にしないでください)

プログラミング習得までの学習時間の記録

この勉強時間の記録の合算が、148時間になりました。

自作のサイトとしては、声を越えてというWebアプリを作成しました。(サイトに飛ぶのに7秒ほどかかります。)

148時間勉強した人が、どの程度のアプリを制作できるようになるのか確認してみてください。

Twitterでは、130いいねをいただけました。

したがって、初心者には上出来なアプリが作れたといってもいいのではないでしょうか。

そして、私はプログラミングを独学で挫折している経験から、プログラミングスクールで学習していました。

プログラミングスクールで効率よく学習できたからこそ、148時間という結果に結びついたと言えるでしょう。

プログラミングスクールに通わずに学習した場合の時間も解説しているので、読み進めてください。

一般的なプログラミングの習得時間

今のはあくまで僕のケースの話だったので、一般的なプログラミング習得時間をご紹介します。

今回は、有名プログラミングスクールが公表している情報を元にして解説します。

TECHACADEMYによると160時間

TECHACDEMYというプログラミングスクールでは、160時間でスキルが習得できると考えているようです。

理由として、この会社の出しているプログラミングのカリキュラムから推察できます。

プログラミングスクールのカリキュラム完了時間

およそ40時間×4週間=160時間でプログラミングのカリキュラムを終わらせることができるそうです。

TECH::CAMPによると60時間

次は僕も通っていたことがあるTECH::CAMPで、60時間で自走できる力を身につけられると公言しています。

TECH::CAMPの質問コーナーに未経験でどのくらいのレベルに達するのかという箇所があったので、引用します。

未経験でどのくらいのレベルに達しますか?
学習するカリキュラムにもよりますが、「Webサービス開発」を例に上げると60時間後のイメージは、初心者の壁を突破して自ら学びながら進んでいける状態です。サービスのプロトタイプ(試作品)であれば、一人でつくることができます。TECH::CAMPの学習は独学なら360時間以上、通常のプログラミングスクールなら180時間以上かかる内容です。

TECH::CAMP

これは実体験からも言えることですが、当てはまっていると言えます。

事実、僕が70時間かけてカリキュラムを完了させ、80時間でオリジナルアプリを自作できたらからです。

TECH BOOSTによると300時間

最後に紹介するのはTECH BOOSTで、こちらのスクールでは、月100時間を3ヶ月必要としています。

どのくらいの学習確保時間が必要ですか?
無料カウンセリングにて、期間含めてカスタマイズ可能ですのでお忙しい社会人の方でも安心してご受講いただけます。3ヶ月で受講を行うには、月100時間〜の学習時間を想定しております。

TECH::CAMP

大きく時間がかかってしまう理由として、AIやブロックチェーンなどの最先端技術を勉強するからでしょう。

上記の言語はWebアプリの言語より学習範囲が広く、難易度も高いことが特徴です。

したがって、習得にかかる時間も長くなってしまうのでしょう。

また、カリキュラムやスクールの方針も反映されています。

月に100時間を勉強する必要があると書いているように、かなり深く学習することがわかります。

AIやブロックチェーンを勉強したプログラマーの将来性については下記の記事に書いています。

プログラマーの仕事がなくなる プログラマーの仕事がなくなるというデマを完璧に否定してみた

独学のプログラミング習得時間

これまでご紹介したプログラミング学習時間は、全てプログラミングスクールを利用した学習時間です。

そこで、独学で学習を行った場合の時間を回答します。

プログラミングスクールの侍エンジニア塾のメディアで回答しています。

一般的に問題なく業務をこなすレベルになるは、「1000時間」程かかる言われています。ですが、正しい手順と学習方法でプログラミング学習を進めることで「200時間」程度で「Webサービス」や「アプリ開発」を行えるようになります。

侍エンジニア塾

このように、独学だと通常1000時間かかかってしまい、最速でも200時間かかります。

ですが、200時間はまず習得は難しいでしょうし、現実的ではありません。

理由は以下の通りです。

  • 独学なので正しい勉強手順がわからない
  • プログラミング独学の挫折率は90%である

事実、私自身もプログラミングの難しさから独学で挫折をしてしまいました。

その後、プログラミングスクールに通ったことで、スキルを身につけて自走できるようになりました。

したがって、オススメはプログラミングスクールですが、どうしても独学したい方は、プログラミングの写経という方法をご紹介しています。

プログラミングの写経とは プログラミングの写経で鬼成長する方法【100%成長】

まとめ:プログラミング習得にかかる時間は150時間

プログラミングを習得するまでの時間はスクールに通った場合およそ150時間と言えます。

私自身、自作アプリを制作してから、インターンや個人案件を受注することができました。

一方で、独学でプログラミングを習得した場合、1000時間から200時間かかります。

プログラミングの習得にかかる時間とスクールの代金を天秤にかける必要がありますが、私のオススメはスクールに通うことです。

理由として、プログラミングスクールに通ったお金は、仕事を受注することで回収できるからです。

オススメのプログラミングスクールはテックキャンプで、私自身通った経験があります。

スクールに通った後に、インターンや副業で月10万円を達成できました。

テックキャンプを徹底レビューしたので、ぜひ参考にしてください。