プログラミングは簡単ではない理由【でも挑戦すべき】

プログラミングがかんたんではなく難しい

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
ぼく

プログラミングって簡単って聞くよね

ぱぱっと勉強してプログラミングでお金稼ぎたいな

  • プログラミングの難易度ってどのくらい高いの?
  • プログラミングって簡単なのかな?
  • プログラミングって難しいんじゃないの?

こんな疑問に答えます。

プログラミングって難しいのか簡単なんかを知りたいですよね?

今回は、プログラミングが決して簡単に習得できないことをお伝えしたいです。

実は、プログラミングを勉強する難易度は下がっているのですが、かなりしんどい道のりです。

なので今回は、プログラミングが簡単では無い理由をご紹介しつつ、プログラミングがはじめやすくなっている経緯をシェアしていこうと思います。

プログラミングは簡単ではない理由

プログラミングは簡単ではない

まず、プログラミングは簡単ではありません。

もしプログラミングが簡単だよ!と感じている場合は、よほどの天才か、まだ難しいフェーズにたどり着いていないかの2択でしょう。

では、プログラミングが簡単であると言えない理由はなんでしょうか?

プログラミングの勉強に終わりが無い

プログラミングが簡単ではない理由の一番大きな要因が、勉強に終わりがないということです。

例えば、車を乗るためには免許が必要ですよね?

そして免許は一度取得してしまえば、ほぼ永遠に車に乗り続けられるようになります。

その一方で、プログラミングには、資格を取れば終わりというような、明確なゴールがありません。

もちろんプログラミングの資格は存在していますが、実際の現場では資格以上に実務の経験が求められます。

つまり、プログラミング上で評価されるためには、スキルを実践の場で使い続ける必要があります。

同時に、スキル自体のレベルをどんどん上げていく必要があります。

このように、プログラミングを継続して勉強しなければいけないことが何よりも難しい点でしょう。

プログラミングは学ぶことが多すぎる

プログラミングが簡単ではない二つ目の理由が、学ぶ範囲が広い上に更新しなければいけないことです。

プログラミングは言語という特性上、プログラミングの種類は数百を超えます。

一つの言語を極めることも大切なのですが、現在のプロダクトやシステムは複数の言語によって成り立っていることがほとんどです。

そのため、エンジニアやプログラマを目指す場合は、複数の言語をマスターすることが要求されています。

実際にツイッターの反応からも、この考えは共通認識のようです。

従って、エンジニアとして活躍するためには、プログラミングの学習量が膨大になります。

加えて、プログラミング言語はどんどんアップデートされていきます。

その度に、プログラミング言語を一度覚えたとしても、大幅なアップデートが実施された場合は覚え直す必要が生まれます。

ただでさえ複数の言語を勉強しなければいけない上に、アップデートに合わせてプログラミングの言語を学び直す必要があるわけです。

こういった点もプログラミングが一筋縄ではいかない理由がわかると思います。

ミスするポイントが無数にある

最後に、ミスするポイントが無数にあることも、プログラミングを難しくしています。

プログラミングは少しのタイプミスや設計ミスで、全く動かなくなってしまいます。

例えば、プログラミングのコードは半角ではなく全角で書くだけでコードが動かなくなります。

このように、プログラミングではバグやミスが大量に生まれてしまいます。

このような問題を解決するためには、問題解決の記事を探す力と、自己解決能力が必要です。

このようなスキルは一朝一夕で身につくものではないので、プログラミングを難しくしています。

プログラミングが簡単というデマが広まった理由

プログラミングが簡単と思われている理由

では、なぜプログラミングは簡単という風潮が出来上がったのでしょうか?

順番に解説していきます。

楽しく学べるプログラミング教材の出現

現在、プログラミングを無料や安価な値段で楽しく勉強できるツールが大量に出現しています。

プログラミングを楽しむのであれば非常に良い教材なので、プログラミングに興味がある人たちにとってはぴったりのツールです。

しかしながら、その楽しさゆえに、プログラミングの初学者がプログラミングが簡単であると勘違いしてしまうことがよく起こります。

こうしたプログラミングの難しい部分に触れずにサクサクとコードを書き続けた結果、プログラミングが簡単という主張がどんどん広がっていきました。

その結果、プログラミングが簡単であるという風潮が出来上がってしまったのです。

もちろん、プログラミングを楽しく学べるツールの存在がプログラミングの認知度をググッと向上させたため、サイトを使って勉強することはとても良いことです。

ただし、難しい部分に触れずにコードを書いてエンジニアにになれると勘違いしてはいけません。

レベル感次第ですが、上級者向けのサイトをみて挑戦してから、プログラミングが簡単かどうかを判断しましょう。

プログラミング学習サイト 【無料有り】プログラミング学習サイト7選【レベル別に厳選】

上記の記事ではレベルごとにオススメの教材をまとめているので、とりあえず勉強をしてみたい方や、難しいプログラムに挑戦したい人はぜひ読んでみてください。

プログラミングスクールへの期待値が高い

現在、プログラミングスクールが『〇〇日でエンジニアに』という広告を打ちまくっています。

多くの人が、スクールに通えばにエンジニアとして仕事を受注できたり、就職ができるようになると考えているはずです。

その結果、乱立しているプログラミングスクールに通ってエンジニアを目指すのではないでしょうか?

プログラミングスクールに通うことで、就職や勉強という点で有利になります。

しかし、必ずも就職ができるわけでもないですし、フリーランスとして仕事が受注できるようになるとは限りません。

なぜなら、プログラミングの勉強と実務は全く別物であるからです。

実際にお金を稼いだり、自分でサービスを作って売り出そうとした時、要求されるスキルや経験は実務でどの程度経験を積んでいるのかがとても重要な要素になります。

そのため、スクールに通うことはスキルを高めることには使えますが、必ずしもプログラミングの仕事に繋がるというわけではありません。

もし仕事に繋げたいのであれば、就職まで保証してくれるスクールをオススメします。

就職までサポートしてくれるスクールで、特におすすめなのはTechBoostです。

3ヶ月みっちり勉強することでスキルを養える上に、プログラマーとしての就活サポートも用意されています。

プログラミングは難しいが、学び始めることは簡単

プログラミングが簡単ではない

以上の話からも分かる通り、プログラミングを勉強し続けることは簡単なことではありません。

その一方で、プログラミングの知識が今後より一層要求される事は明らかです。

いまや、AIやITという言葉は毎日のように耳にしますし、プログラミングの需要が高まっていることは明白です。

プログラミングがなぜここまで必要とされるのかを解説したので気になる方は『これからの時代を生きる大学生にプログラミングが必須である理由』を読んでみてください。

プログラミングが簡単に習得できない一方で、プログラミングを始める難易度はどんどん下がり続けています。

プログラミングに触れられる無料のサイトや、プログラミングを学習するための環境が急速に整いつつあるからです。

プログラミングを手軽に始められるサイトと、具体的なやり方をまとめて置いて

プログラミングを続けることが難しいですが、続ければ必ず結果が付いてきます。

根気と根性さえあればプログラミングを習得できるため、本気の方は挑戦してみてください。

まとめ:プログラミングは難しいけど簡単に始められる

プログラミングを簡単に習得する方法はありません。

プログラミングは学び続ける必要がありますし、勉強の範囲もとても広いです。

ただ、プログラミングをはじめやすくなっていますし、今後は挫折をせずに勉強し続けられるようになっていくでしょう。

あとはプログラミングをどの時期から開始して、実務をある程度積むことができれば稼げるようになっていきます。

プログラミングを簡単ではないことを認識した上で、覚悟をもってプログラミングに挑むことができれば必ず結果はついてきます。

ぜひ挑戦してみましょう。