プログラミングの写経で鬼成長する方法【100%成長】

プログラミングの写経とは

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
ぼく
  • プログラミングの効果的な勉強法が知りたい
  • プログラミング写経のやり方を教えて欲しい
  • プログラミング写経のサンプルが欲しい

こんな疑問にお答えします。

プログラミング学習で効果的かつ王道な勉強法が写経です。

理由は、知識の幅が増えたり、プログラミングスキルが鍛えられるからです。

事実、私はプログラミング写経をすることを通して、スキルを高めて案件を獲得できました。

本記事では、プログラミング写経の基本知識や実践方法の解説、写経のサンプルをご紹介します。

この記事を読み終えるころには、プログラミング写経のイロハを理解して、プログラミングスキルを伸ばせるようになっています。

プログラミングにおける写経とはなんなのか

そもそも、プログラミングにおける写経とはどういう意味なのでしょうか?

写経という言葉はIT業界から生まれたものではありません。

したがって、本来ならプログラミングと写経は全く関係のない作業です。

写経のもともとの意味とは

まずは、Wikipedeiaの定義を確認してみましょう。

写経(しゃきょう)とは、仏教において経典を書写すること、またはその書写された経典のことを指す

wikipedia

写経が生まれた当時、印刷技術は発達していませんでした。

そのため、僧侶たちは写経をおこなって経典を増やし、布教活動を行なっていたそうです。

加えて、僧侶同士で経典を研究するためにも、写経した経典は活用されていました。

本来、写経とプログラミングは全く関係がないことがわかると思います。

プログラミングにおける写経の意味とは

プログラミングの写経とは、既存のプログラミングのコードを完全に書き写すことです。

プログラミングのコードを書き写し、見た目や動作が既存のコードと一致すれば成功です。

この時、少しでもコードを写し間違えると、正しい挙動や見た目にはなりません。

そのため、「完全に書き写す」という点で、プログラミングに写経という言葉が使われるようなったのでしょう。

プログラミングで写経をするメリット

プログラミング写経を実践するメリットは大きく分けると4つあります。

  • だれでも始められる勉強法である。
  • プログラミングの知識がつく
  • 実践的な勉強法である
  • ポートフォリオに転用しやすい

順番に解説をしていきます。

だれでも始められる勉強法である

プログラミング写経は、安価にできるシンプルな勉強方法です。

なぜなら、プログラミング写経は教材さえ用意すれば、書き写すだけで勉強することができるからです。

プログラミングのコードは、ネット上に公開されているWebサイトや動画教材、プログラミングの教科書で利用できます。

Webサイトを利用する場合は無料ですし、動画教材や教科書も2000円程度で購入できます。

また、プログラミング写経は書き写すだけのシンプルなやり方なので、誰でも実践できます。

エディタだけは用意する必要があるので、無料で使えるVScodeをお勧めします。

Visual Studio Codeのロゴ Visual Studio Codeのインストールと最初にするべき4つの設定

プログラミングの知識がつく

コードを実際に記述することで、コードの内容を理解し覚えることができます。

特に初心者だと、コードのサンプルだけを見ても、挙動をイメージしずらいと思います。

実際にコードを手打ちして実行することで、プログラムの挙動を確認することができます。

さらに、以下のようなメリットがあります。

  • きれいなコードの記述方法が分かる
  • クラスの命名規則が分かる
  • タイピング速度がめちゃくちゃ向上する

このように、プログラミングの写経をすることで、ソースコードに対して深い理解することができます。

実用的な勉強法である

プログラミング写経は、プログラミングの実戦に必要なデバックというスキルを身につけられます。

デバックとはエラーを修正する作業のことで、写経ではこのスキルを習得できます。

プログラミング写経はコピペではないので、タイプミスが自然と生まれエラーが発生します。

すると、エラーを修正したり、サンプルコードと自分が打ち込んだコードを比較して違いを洗い出す作業をしています。

実際の業務でも、最初から完璧なコードを書き上げることはできません。

なんどもエラーを見つけて書き直す必要があります。

プログラマーにとって、主な業務の一つがこのデバックなので、写経を通して身につけたいスキルと言えます。

写経したものをポートフォリオに転用できる

最後のメリットは、書き写した物をポートフォリオに転用できると言うことです。

ポートフォリオとは、自分の作品や携わった仕事のことです。

主に、就職や転職、案件を取る時などに、自身のスキルを証明するために使います。

例えば、Webサイトの写経をしたとします。

すると、自力でWebサイトをコピーしたことになるので、ポートフォリオの一つとして使用することができます。

また、写経を進めてスキルを蓄えてから、自作のポートフォリオを制作しても良いでしょう。

写経はポートフォリオを制作する土台となるでしょう。

プログラミングにおいて写経をする方法

プログラミングの写経とはなんなのか

それでは、具体的なプログラミング写経のやり方について解説をします。

プログラミング写経のやり方は、既存のコードを打ち直すだけです。

ですが、写経する教材ごとに異なるやり方になるので、順をおって解説をします。

プログラミングの教科書や動画教材を写経する

教科書や動画教材を写経する場合は、序盤はjsFiddle、後半はVScodeを使用して写経をしましょう。

jsFiddleとは、ブラウザ上でプログラミングの動作確認ができるツールです。

ソースコードを保存する予定がなく、10行前後以下のコードを記述する際に便利です。

プログラミングの教科書や動画教材の序盤では、動作確認のチャプターが多く、コード量が少ないことが多いです。

その場合は、オンラインで完結できて、動作確認もワンクリックで行えるjsFiddleがおすすめです。

私が書いた記事ではありませんが、『登録なし!「jsFiddle」でコードの動作確認とサイト埋め込みをサクッとやろう』で使い方を確認してください。

そして、教材の後半になるとコードの記述量が増え始めます。

日をまたぐこともありますし、コードをほぞできた方が便利なので、専用エディタを利用しましょう。

おすすめのエディタはVsCodeなので、以下の記事を読みながらインストールしてください。

Visual Studio Codeのロゴ Visual Studio Codeのインストールと最初にするべき4つの設定

実際のWebサイトを写経する(サンプルあり)

実際に存在するwebサイトなどを確認して写経を行う場合は、VScodeと検証ツールを使って記述していきましょう。

検証ツールとは、Chromeやfirefoxには標準でついている機能で、PCで使うことができます。

これらの機能は誰でも無料かつ、簡単に使うことができます。

まずは模写をしてみたいサイトを用意しましょう。

もし、まだ模写をするためのWebサイトが決まっていない場合は、以下の記事を参考にしてください。

サイト模写におすすめなサイト サイト模写をするのにオススメなサイトをレベルごとに分けてみました

今回はPyQというサイトを例にしています。

プログラミング写経のサンプルWebサイト

webサイトのなにもないところを右クリック(タップ)

検証ツールの使い方1

検証orページのソースを表示をクリックします。

検証ツールと写経
画像の例は検証をクリックしています。

画像の通りにウェブサイトを構成するHTMLとCSSを確認することができました。

ここに出てきたHTMLとCSSのコードをVScodeのエディタに手打ちで写していきます。

Webサイトには、エンジニアさんが記述したコードが詰め込まれており、実践的なコードがつめこまれています。

事実、プログラミングでお金を稼いでいる僕自身も、定期的に写経を行って、新しいコードの記述方法を勉強しています。

写経をおこなって、スキルをどんどん伸ばしていきましょう。

プログラミングで写経をするときの注意点

それでは写経を最大限効率的に実施するために気をつける必要があるポイントをいくつか解説していきます。

プログラミングの写経も手打ちでおこなう

プログラミングでおこなう写経はPC上で完結する場合も多く、コピーアンドペーストが簡単にできてしまいます。

ですが、スキルを伸ばす上でコピペは全く効果がありません。

なぜなら、深く考えずにコードを書き写すだけなので、挙動は正しいけど、なぜそのように再現できたか理解できないからです。

また、実際に仕事を受注するといちからコードを書き起こす必要があります。

つまり、コピーアンドペーストが使えず、挙動や見た目から逆算してコーディングをする必要があります。

そのため普段からコピペばかりしていると、実務でまったく役に立たないこともありえます。

したがって、実務を意識するためにも、コードはすべて手打ち写しましょう。

サンプルコードを完全にコピーする

写経は常に、目標物と同じように作成することを意識します。

サンプルコードであれば、サンプルコード通りに写します。

Webサイトを写経するならWebサイトと全く同じ通りに写経してみましょう。

なぜなら、実際の業務ではデザインデータ→コーディングという業務が多く、デザインと完璧に同じにする必要があるからです。

そのため、アレンジを加える場合は、一度写経を完了させてから行いましょう。

ですが、質の悪いプログラミング教材を写経すると、参考にならなかったりする場合がとても多いです。

具体例をあげると、クラスの命名規則がおかしたかったりです。

その場合は、可能な範囲で手直しを加えてみましょう。

まとめ:プログラミングの写経は最強の勉強法

プログラミングの写経が最強の勉強方法である理由

プログラミングの写経は、効果的なプログラミング学習法ということがわかりました。

やり方もシンプルで、jsFiddleかVScode、検証ツールを利用して、コードを書き写すだけでOKです。

写経の注意点である、全て手打ちをすることと、完全に書き写すことだけは遵守しましょう。

圧倒的にスキルを伸ばしていきましょうね。