大学生がプログラミングを3ヶ月勉強した結果【本気で勉強】

大学生がプログラミングを3ヶ月継続したら

ぼく
ぼく
  • プログラミングって3ヶ月勉強したらどのくらい成長できるの?
  • プログラミング学習の進捗が知りたい
  • プログラミングの実体験を知りたい

こんな疑問に答えます。

プログラミングの勉強では、どのくらい勉強すればどのくらい成長できるのかが分からなければ少し不安になりますよね

身にならない努力ほど悲しい気持ちになることはありません。

今回は、『プログラミングを3ヶ月間勉強したらどのくらいまで成長できるのか』をすべて実体験を基にして説明しようと思います。

記事を読み終えるころには、プログラミングの学習速度がわかるようになっていますよ。

プログラミング学習3ヶ月の成果

プログラミング学習3ヶ月の成果

そのため、まず3ヶ月間プログラミング勉強して達成できたこと、達成できなかったことをまとめようと思います。

  • コードを読めるようになった
  • 自作のWebサイトが作れるようになった
  • インターンに合格できた

3ヶ月勉強したら、なんとなくコードがわかるようになって、仕事に結びつけられるようになる感じですね。

プログラミングを3ヶ月勉強すると、このようなレベル感になれることは分かっていただけたと思います。

それでは実際に、日数ごとのプログラミング進捗をご紹介していきます。

プログラミングを3ヶ月勉強する前のスペック

まずはプログラミングを始める前の簡単なスペックです。

  • 文系大学生
  • プログラミング経験0
  • PCのタイピングとかも遅い

最初はただのプログラミングに興味がある完全初心者でした。

ですが、冒頭でも述べた通り、真面目に勉強すればそこそこできるようになります。

何をやったかなど、興味のある方は読み進めてみてください!

大学生がプログラミング勉強:1ヶ月目

プログラミング学習1ヶ月目

それでは早速、プログラミングを1ヶ月間勉強した話を解説していこうと思います。

プログラミングスクールに通う

プログラミング学習を始めたのは2月からです。

私は、まずはじめにプログラミングスクールのテックキャンプに通いました。

高い投資だなと思いましたが、プログラミングの独学は挫折率が高かったり、モチベーションの維持や一気に成長することが難しいと言われているためこの選択をしました。

テックキャンプのカリキュラムであるWEBアプリ制作コースを専攻しました。

テックキャンプのカリキュラムは公開できませんが、スキルとして以下の言語を勉強しました。

  • HTML&CSS
  • Ruby
  • JavaScript

がっつりWEBプログラミングの言語を勉強したということになりますね。

テックキャンプのカリキュラムを終わらせる頃には、ある程度のWEBサイトやWEBアプリの作り方がわかるようになっており、自作アプリを作るフェーズへと移行していきます。

カリキュラムを終わらせるために、およそ14日間で70時間を費やしました。

自作のアプリを作り始める

そして、プログラミングの自作アプリの制作へ移っていきます。

プログラミングを勉強し始めておよそ14日後ですね。

このフェーズになってから、テックキャンプのカリキュラムよりも外部のサイトをつかって勉強していました。

自分で勉強しながら、わからない点があったらググるみたいなやり方です。

どうしてもわからない時だけ、テックキャンプのメンターさんに質問していました。

とはいえ、一からプログラミングサービスを作るということはとても難しいです。

カリキュラムで勉強することとは別次元の難しさです。

結局、プログラミング学習2ヶ月目に突入し、 Webアプリを完成させることができました。

大学生がプログラミング勉強:2ヶ月目

プログラミング勉強:2ヶ月目

プログラミングを始めて2ヶ月目はプログラミングの独学と仕事先を探すことをずっと続けていました。

初めて自作アプリが完成

2/1から勉強を始めて1ヶ月と数日で、人生初のポートフォリをサイトを制作することができました。

2月の中旬にテックキャンプのカリキュラムを終わらせてから、自作のアプリを完成させるまでにおよそ78時間かかりました。

そんな僕が作ったサイトがは『〔声を超えて〕ー疲れた時に元気がでるアニメの名言サイトー』といったものです。

Twitterでも悪くない評価をいただけました。

私の場合、このポートフォリオを作るまでにかかった時間はおよそ148時間でした。

ですが、初めてポートフォリオを作るまでにかかる時間は人によって大きく変わってしまうのかなと思います。

というのも、作りたいポートフォリオなどのレベルや勉強の習熟度によって、学習時間は大きく左右されてしまうからです。

参考までにですが、以下の記事で一般的に必要な習得時間をまとめています。

プログラミングの習得時間 プログラミングの習得時間はどのくらい?【記録有り】

加えて、自分自身がテックキャンプに通って勉強した時間についての詳細や、スクールでカリキュラムを終わらせるまでの一般的な必要時間、独学の必要時間をそれぞれまとめています。

参考にしてみてくださいね。

と同時に、この時期からテックキャンプを利用する頻度が減っていきます。
スクールのメンターさんに頼らずとも自走できるレベルにまで成長することができたからです。

ということでテックキャンプの出番はがくっと減るのですが、最初の40日をテックキャンプで過ごすことができたことで、自走するまで成長できたのは事実です。

テックキャンプについて知りたい方は以下の記事を参照してください。

テックキャンプの評判は?2ヶ月受講してみた【2020年最新版】

テックキャンプに興味を持ってみたらぜひ読んでみてください。

では、3月の中旬からは何をしていたのでしょうか?

僕は『プログラミングを独学』の他に『仕事を見つける』ということをやり始めました。

中旬は主に仕事を見つける作業を優先していたので、まずはお仕事の話をしようと思います。

プログラミングの仕事をする場合『就職』『バイト、インターン』『フリーランス』という3択になります。

私の場合は大学生ということもあり、『インターン』か『フリーランス』として仕事を受けることをしました。

フリーランスとして仕事を探す

まずは『フリーランス』としての道を探すことにしました。

クラウドソーシングサービス(ネットで仕事をもらえるサービス)のレバテックに登録をして仕事を受注しようと奮闘。

一般的に言われていることですが、仕事を受けるときは『案件を見たときに案件の完成形の8割思い浮かべば受注する』という目安があります。

私はプログラミングスクールに通ってオリジナルアプリも作っていたので、かなり自信を持って案件を探しました。

しかし、どの案件を見ても完成形の8割を想像することができません。

要するに、オリジナルアプリを一つ作れただけではまったく実践的なスキルとして通用しなかったのです。

加えて、私がなんとかわかりそうな案件には、何十人ものエンジニアが仕事を受注しようと申請をしています。

おそらく、私のように簡単な案件をこなして仕事を受注したいと考えた人たちなのでしょう。

この高い倍率に応募しても、仕事を受けられるかわからない上に、値段も相当下げる必要があると感じた私は、クラウドソーシングでの仕事の受注を諦めました。

その代わりに、大学生しか参加することができない長期のインターンに応募することを決めました。

長期インターンの仕事を探す

クラウドソーシングでの仕事を諦めた私は、プログラミングを使ったエンジニアインターンに応募しまくります。

結論から言ってしまうと、ITの会社2社にメッセージを送り、うち一社からPythonエンジニアとして採用されます。

WEBのプログラミング言語しか勉強してこなかったのにも関わらずです。

採用された時のスキル感や、採用されてからの研修内容などは『Pythonは未経験でもPythonエンジニアになれるのか?勉強法も』という記事でまとめています。


しかし、せっかくPythonエンジニアとして採用されましたが、私はインターンをすぐにやめています。

というのも、私はエンジニアとして仕事を欲しかったのですが、任されたのはプログラミングとは全く無縁の営業や集客の仕事でした。

このように、自分のスキルが足りないことや仕事の選び方が未熟だったため、適切な仕事に巡り会うことができませんでした。

このようなインターンを辞退した経緯があり、もう一度プログラミングを勉強しようと決心します。

プログラミングの独学

3月の中旬は仕事探しに奮闘していましたが、3月の下旬からは独学することに力を入れています。

この時の独学の内容は、新しいポートフォリオを作っていました。そのとき作った作品は『ポートフォリオーれむの自己紹介ー』です。

主にフロント(HTML&CSS、JavaScript)の言語を使用して作りました。

このポートフォリオを作ろうと思ったのは以下の狙いがあります。

  • Web制作スキルをアピールするため
  • Webサイト制作のインターンに興味があった

すべては次の仕事にありつくためです。ひたすらに自分の能力を高めていました。

大学生がプログラミング勉強:3ヶ月目

プログラミング勉強:3ヶ月目

4月1日。プログラミング生活3ヶ月目がはじまりました。

この1ヶ月間やっていたことをまとめると『インターン先を探し続けて何とか採用された』という感じです。
それでは詳細を見ていきましょう。

ひたすらインターンを探す

4月に入ってからプログラミングに割く時間はがくんと少なくなりました。

理由として、4月になり環境がガラっと変わってしまったこともそうですが、なによりもインターン先を探すために時間をつかっていたからです。

僕はだいたい19社にインターンの面接をお願いするメッセージを送り、7社から面接をしてくださるとの一報をいただけました。

色々な会社の面接を経験して感じたことは、エンジニアとしてしっかり採用されることは相当難しいということを感じました。

というのは、エンジニアとして採用するからにはある程度のプログラミングをスキルを要求してきます。

プログラミングスキルが足りないとエンジニアとして扱われないので、面接しても返信が来なかったり、ポートフォリオを見せても無反応だったりと、かなりつらい経験をしました。

しかし、なんどもなんども面接をしているうちに、面接のコツがつかめてきます。

そのコツに気づいてからはかなりの高評価をいただけるようになり、最終的には年商20億の会社でエンジニアインターンを勝ち取りました。

このインターン先を見つけ終わる頃には4月の中旬が終わろうとしていました。

そのため、大体3週間くらいはインターンを探すのに時間を使ったので、もったいなかったですね。

もちろんこの期間中もプログラミングの勉強は片手間にしていました。
主にドットインストールというサイトを使って、インターン先で求められる言語を勉強していました。

ですが本当に少ししか勉強しておらず、上達というよりは現状維持という意味合いが強かったです。

大学生がエンジニアインターンに合格

最終的にインターンに合格した私はWEBエンジニアとして活動をしています。

入社してすぐは研修期間という意味もこめて簡単なフロント周りの言語を使って仕事をいただいたり、PhotoshopやIllustratorなどの便利ツールの使いかたも教えてもらっています。

職場もとても雰囲気がよく、毎日インターンをしながら勉強できることが本当に幸せです。

インターン先のが知りたいと思っているかたや、エンジニアインターンのお給料とかの実態を知りたい人は売り上げ20億のIT企業でエンジニアインターンを経験して感じたことという記事を読んでいただければわかりますよ

まとめ:大学生がプログラミングを3ヶ月やると変わる

ということで、プログラミングを勉強し始めて3ヶ月後には、エンジニアとして仕事にありつくことができるというのが僕の結論です。

私の場合は、フリーランスとして活動するために3ヶ月間を費やしたわけではないので、フリーランス的な生活スタイルや、第一線で活躍できるエンジニアになれたわけでもありません。

しかし、プログラミングスキルがインターンに合格するまで成長できた点や、プログラミング関係のブログやTwitterのおかげで友達の数もググッと増えました。

プログラミングを続けたことで、私の周りの環境がたくさん変わったことは間違いない事実です。

もし、プログラミングの勉強をするかしないか迷っているのであれば、絶対に変われるので勉強することをオススメします。

私の3ヶ月も一つの例として検討してみてくださいね!