実践で通用するプログラミングスキルを身につけるための方法

プログラミング 実践

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
ぼく

プログラミングを勉強しているけど、実践で使えるのか心配。

実践的なスキルを身に付けるにはどうすればいいの?

この疑問にお答えします。

プログラミングを勉強していると自分のスキルが実践的な業務で通用するのか不安になりませんか?

とくに独学だと比較する相手がいませんし、参考にするべきロールモデルや勉強のフローチャートを示されていないので、『何をしたらいいのかわからない』といった状況になることです。

ですが、私は2ヶ月間プログラミングを勉強し、3ヶ月目にはエンジニアインターン生としてWEB制作会社に採用されました。

そこで今回は、実践でも通用するプログラミングスキルを最速で身に付ける方法を解説していきます。

実践的なプログラミングスキルとは

実践のプログラミングスキル

そもそも実践的なプログラミングスキルとはどのようなスキルなのでしょうか?

本記事では実践的なプログラミングスキルを『仕事をもらえるレベルのプログラミングスキル』というように定義をします。

このような人々はプログラミングスキルを使って、仕事に結びつけているので『実践的なプログラミングを持っている』と言えるでしょう。

実践的なプログラミングスキルを身に付けるためのポイント

実務でプログラミング

それでは、実践的なプログラミングスキルを身に付ける時に、考えなければならないポイントを解説します。

実務を意識し続ける

一番重要なポイントは、『実務をするぞ』という意識をつねに持ちながら行動し続けることです。

例えば、あなたがフリーランスのエンジニアになるために、プログラミングを勉強しているとしましょう。

フリーランスとして活動するためには、以下のステップを踏む必要があります。

プログラミングの勉強をする
クラウドソーシングで案件を受注する

この場合、第2フェーズである、クラウドソーシングサービスに登録して案件を探すフェーズ、までなら誰にでもできます。

しかし、仕事で使えるほどのプログラミングスキルがなかったため、案件が受注できなかったとしましょう。

このばあい、仕事をすることができなかったのでことは残念ですが、実務レベルのプログラミングスキルと現状のスキルを比較することができました。

そうすると、仕事をするためには『何のスキル』が『どのくらいたりていないのか』がわかるようになります。

このように、実務レベルのプログラミングスキルを身に付けたいのであれば、実務をこなすという目標に挑戦し続けましょう。

意外と実務がこなせるくらいプログラミングスキルが付いているかもしれませんよ?

環境を変えること

先ほど『実務レベルのスキルを身に付けるよう努力し続けよう』と書きましたが、その姿勢を維持することはとても難しいです。

目標に向かって動きつづける一番手軽な方法は、環境をまるごと変えてしまうことです。

環境を変えてしまえば無意識でも目標に向かって走り続けられるようになります。

ありきたりな例ですが、スポーツに例えてみたいとおもます。

サッカー選手を夢見る中学生のあなたはサッカーチームに所属することを考えます。
サッカー選手としてのキャリアを考えるなら、強豪チームと弱小チームに進むことのどちらが良いでしょうか。

答えは明白で、サッカー選手としてのキャリアを考えるなら強豪チームに進むべきですよね。

もちろん弱小チームで楽しくサッカーをすることもすばらしい経験ですし、楽しくサッカーができるのでとても心地が良いチームになると思います。

しかし、あなたサッカー選手を目指しています。そのためには、よりレベルの高い環境で練習をし続けることで、気がつく頃にはググッとスキルを伸ばすことができています。

このことはプログラミングにおいても同じことが言えます。

もしあなたが本気でプログラミングを勉強して成長したいと考えているのであれば、居心地のよい環境を捨てて、よりレベルアップができる環境に身を投じる必要があります。

先ほどフリーランスを目指しているけど、スキルが足りなかったケースを例としましたよね。

この場合、スキルを伸ばすという目的のために、環境を変えてレベルアップするすれば良いわけです。

環境を変えることで、スキルを上げ続けられるので、気がつく頃には実務レベルまでスキルが伸ばせるわけですね。

実践的なプログラミングを学んだ方法

それでは、プログラミングを2ヶ月ほど勉強して3ヶ月目にはエンジニアインターン生としてWEB制作会社に採用された

最速でプログラミングスキルを伸ばすのポイントは以下の2つです。

  • 実務を意識する
  • 環境を変えていった

この2点だけを意識して記事をみていきましょう。

実務を意識し続けた

そもそも、私の場合は綺語をしたいとおもいプログラミングをはじめました。

実は、プログラミングを始める前はあまりエンジニアになろうとは思っていませんでした。

しかし、勉強を進めるうちに、私が作りたいものは到底一人で作れるものではないことに気がつきます。

そこで、まずはプログラミングスキルを高めようと考えるようになりました。

このように、最初の頃はオリジナルアプリを作ることを意識して勉強していましたが、途中からはインターン生として採用されるための勉強をはじめます。

WEB制作会社にエンジニアとして入社するためにはポートフォリオが必要となるので、全ての教材を止めてポートフォリオ作りはじめました。

ポートフォリオを完成させたのち、インターンの面接を受けて合格。

このように、実務をするという目標を達成するために

レベルの高い環境に身を置いた

私はプログラミングを勉強する上で、レベルの高い環境に身を置いていました。

具体的にいうと、最初の2ヶ月間をプログラミングスクールに通って過ごしていたのです。

私が通っていたのはテックキャンプというスクールですが、プログラミングを勉強して転職、就職を考えている場合はWebCampを選びましょう。

就職、転職のアシストをしてくれる上に、転職、就職が成功したら受講料が無料になるサービスまでついています。

就職を迷っている人はぜひ検討してください。

まとめ:実務レベルを身に付けるためのポイントは2つ

繰り返しですが、実務レベルのプログラミングスキルを身に付けるには『実践的な業務を意識し続ける』と『環境を変えていく』ということです。

私は実践的な業務を意識し続けて行動し続けましたし、そのために最高の環境を選び続けたため、2ヶ月という勉強期間だけで実務の世界に飛び込むことができました。

もしプログラミングスキルを実践で使えるレベルまで向上させたいのであれば、以上の2点だけ意識してみてください。

また、『大学生がプログラミングを3ヶ月勉強したので全記録をまとめてみた』という記事で、私がプログラミングを勉強しはじめてからエンジニアインターンに合格するまでの全情報を記録しています。

参考になる点もあると思うので、実践的な能力を身に付けたい人は、ぜひ読んでみてください。