プログラミングを始めるための準備【これを揃えればOK】

プログラミング準備

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
  • プログラミング始めるには何が必要なの?
  • 初心者すぎて何から手をつけたらいいかわからない

こんな疑問に答えます。

プログラミングをいざ始めようと考えても、何から始めたらいいかわからないですよね。

プログラミング学習で最高のスタートを切るためには、最低限の知識が必要です。

本記事は、プログラミング学習をこれから始める人向けに、学習前の準備についてまとめています。

プログラミング学習で最高のスタートダッシュを切るために、ぜひ読んでみてください。

どの言語を勉強するのかを決める

まず、どのプログラミング言語を勉強するかを決定します。

実は、プログラミング言語は複数あり、目的にあったプログラミング言語を選ぶ必要があります。

今回は目的別に3つに分類してみました。

  • Webサイトを作る【初心者・副業者にオススメ】
  • スマホアプリを作る【起業したい人向け】
  • Webのデザインに興味がある人

それでは、順番に解説していきます。

Webサイトを作る【初心者・副業者にオススメ】

まずは、初心者かつ副業で稼ぎたい人向けに、Webサイト制作についてです。

学習する言語は次の通りです。

  • HTML&CSS
  • JavaScript
  • PHP

3つほどご紹介していますが、HTML&CSSとjavaScriptだけでもお金を稼げるようになりますよ。

難易度も低めなので、初めてプログラミングに挑戦する方に最適な言語です。

私の実体験を元にした、Webサイト制作の勉強ロードマップや、稼ぎ方を公開中です。

Webサイト制作に必要なスキルと習得する手順

お役に立てると思うので、よろしければ読んでみてください。

スマホアプリを作る【起業したい人向け】

続いては起業したい人向けにオススメなスマホアプリです。

学習する言語は以下の中から選択してください。

  • Java
  • Swift

スマホアプリ制作の案件は高単価な一方で件数が少なかったりします。

また、難易度も高いため、学習コストが高いと思っています。

そのため、スマホアプリの勉強は、自分でサービスを作りたい、起業したいという人にはオススメです。

しかし、お金を稼ぎたい、フリーで独立したいという人は、Webサイト制作などがオススメです。

Webのデザインに興味がある人

最後に、Webデザインです。

必要なスキルは次の通りです。

  • Illustrator
  • photoshop
  • adobe XD

すべて、Adobe社が提供しているデザインツールを使うことで用意できます。

Webデザインは言語などを使わないので、比較的とっつきやすいことが特徴です。

しかし、極めれば極めるほど、オリジナリティやセンスが問われる世界になります。

プログラミング用のパソコンを用意する

勉強する言語を決定したら、プログラミングやWebデザインを勉強するためのパソコンを用意しましょう。

とはいえ、プログラミングやWebデザインを勉強する場合、パソコンはなんでも大丈夫です。

5万円以上するパソコンを選べば、間違いなく動きはするでしょう。

しかし、処理に時間がかかったり、発熱でパソコンがすぐに劣化することも考えられます。

そこで、オススメなのはApple社が販売するMacを購入することです。

理由は次の通りです。

  • スペックに対してコスパが高い
  • 普段使いとしても使いやすい
  • 下取り価格も高いため、お金を回収しやすい

上記あげた理由をより詳しく言及しつつ、オススメのMacも紹介しています。

Macとプログラミング 普段使いしつつプログラミングをするならMacが良い理由

パソコン選びの一助になる記事ですので、ぜひ読んでみてください。

エディタをインストールする

パソコンが用意できたら、プログラミングのコードを書くための環境を用意しましょう。

プログラミングは、エディタと呼ばれるメモ帳にプログラミングコードを書きます。

そして、そのコードを実行すると、Webサイトに変化したり、アプリケーションに変わります。

プログラミングのエディタでもっともオススメなのがVS codeというエディタです。

具体的なインストール方法と初期設定は、下記の記事を行えば完璧です。

Visual Studio Codeのロゴ Visual Studio Codeのインストールと最初にするべき4つの設定

プログラミング学習方法を選ぶ

それでは、プログラミングの勉強方法を選んでいきます。

  • 独学で勉強する
  • 独学してからプログラミングスクールへ行く
  • 最初からプログラミングスクールへ行く【一番良い】

上記3つの中から選びましょう。

独学で勉強する

まずは独学でプログラミングを勉強する方法です。

プログラミングは挫折率が高いと言われており、独学で極めようとすると90%で挫折します。

ですが、ステップを踏んで正しい手順で勉強すれば、挫折率を下げることも可能です。

例えば、私がWebサイト制作を勉強する時に使っていた教材は以下の二つだけです。

  • Progate
  • Udemy

Progateとは、プロラミング初心者向けの学習サイトで、HTMLやCSS、JSの基礎を学べます。

Udemyとは、プログラミングの動画教材で、中級者向けの学習ができます。

上記二つのサイトを筆頭に、自分に最適な学習教材を選んでみてください。

プログラミング学習サイト 【無料有り】プログラミング学習サイト7選【レベル別に厳選】

独学してからプログラミングスクールへ行く

次にオススメなのは、独学してからプログラミングスクールへ通う方法です。

独学である程度知識をつけてから入塾することで、スクールのカリキュラムをどんどん進めることができます。

スクールは月額制のため、長く通えば通うほどお金がかかります。

プログラミングの予習することで、スクールのカリキュラムで悩むことが減り、費用をできるだけ抑えることができます。

私はこのパターンです。厳密には独学して挫折して、スクールに通ったのですが笑

スクールに通うことでよりレベルの高い内容に触れられたので、個人的には良かったです。

プログラミングスクールと独学 独学してからプログラミングスクールに行く事がベストな理由

最初からプログラミングスクールへ行く【一番良い】

最後にご紹介する方法は、初めからプログラミングスクールへ通う方法です。

一番効率が良く、最速でプログラミングスキルを身につけることができるからです。

もし今からスクールに通うとしたら、Tech Boost一択でしょう。

このスクールのすごい点は、3ヶ月でエンジニアになれて、就職やインターンのサポートがついてる所です。

3ヶ月メンターさんと一緒に勉強したら、すぐにスキルを使える環境が用意されてる。

私はこれに勝るプログラミングスクールのサービス知らないです笑

まとめ:プログラミングを始める準備は一瞬

プログラミングを始めるためには、4つのことが必要です。

  • 言語を選ぶ
  • パソコンを用意する
  • エディタをインストールする
  • 勉強方法を選ぶ

プログラミングはすぐに始めることができます。まずは挑戦してみましょう!