大学の学科とプログラミングの習得はまったく関係がない理由

プログラミングと大学

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
ぼく

プログラミングって専門の大学出ていないと勉強できなさそう

プログラミングと大学の関係を教えて欲しい

この疑問に答えていきます。

プログラミングをしっかりと勉強するためには『理工学部』『情報工学部』などを専攻する必要があると考えていませんか?

結論から言ってしまうと、プログラミングで稼ぎたい人にとって、プログラミングと大学はあまり関係がありません。

事実、私自身も法学部ですがコードをかけるようになっていますし、エンジニアとしても活動できています。

ということで今回は、『プログラミングで稼ぐことと、大学があまり関係がない理由』を解説していきたいと思います

情報工学部の悩み

プログラミングの勉強はIT系の大学に行かないといけないのか?

先日、以下のようなご相談をいただきました。

現在ProgateでHTML, CSS, Java Script, jQuery, PHPを、ドットインストールでboomstrapを学習し終わったのですが、まだとてもクラウドソーシングで受注できるレベルに到達できていないので悩んでいます。どうしたらいいでしょうか?

質問をくれた方は情報学科で毎日プログラミングやITの勉強をしているのにもかかわらず、『プログラミングでお金を稼ぐほどのスキルを持ち合わせていませんでした。

しかも、同じような悩みを抱えている同級生は多いらしく、IT系の学校でプログラミングに触れ合っているからといってプログラミングスキルが向上する訳ではないようです。

それでは、なぜ大学に入学してもプログラミングを実務で通用するようなプログラミングスキルを習得できないのでしょうか?

大学はプログラミング学習の補助輪

プログラミングの勉強はIT系の大学に行かないといけないのか?

よくある間違いなのが、プログラミングに触れていれば自然とスキルが身につくという勘違いです。

具体例を紹介してみます。

私たちは英語を勉強しても話せない

私たちは義務教育によって、小学校と中学校で英語を勉強します。

この勉強する期間は人によって多少異なりますが、どんなかたでも最低限3年間程度は勉強していると思います。

3年も英語を勉強すれば英語を自由自在に使いこなせそうですが、現実では多くの人が英語を使いこなせていませんよね。

もちろん、一部の人は英語を自在に扱えるようになっていますが、ごく少数に限定されています。

このように、プログラミングやIT関係のスキルを大学で学んだからと言って、必ずしもプログラミングスキルが身につくとは言い切れないのです。

大学はエンジニア養成機関ではない

また、大学でプログラミングを勉強しても稼ぐことができない理由のひとつが、大学は稼げるエンジニアを育成する場所ではないためです。

大学とは学問を自主的に学ぶ場所であり、進学しても自主的に成長しようとしなければ成長することができない環境です。

プログラミングと触れ合いやすい環境に身を置くことで、モチベーションを維持したり、他の学部以上にプログラミングを勉強しやすいのは事実です。

しかし、情報学部や理工学部などのテック系大学に進学していることと、プログラミングでお金を稼げるくらいスキルを習得できることは全く関係がありません。

文系でもエンジニアになっている

プログラミングの勉強はIT系の大学に行かないといけないのか?

そして、プログラミングの習得と大学の学部が関係ない理由に文系大学出身のエンジニアが大量に存在していることにも注目です。

冒頭でもお話ししましたが、私は文系の学部を選択しました。
それでもプログラミングを学習し、現在はエンジニアインターンができるレベルにまで成長することができています。

また、新卒でエンジニア採用される時は、およそ1/3が文系の大学生だというデータも存在しています。

文系でもエンジニアになることができる証拠を『文系でもプログラミングを独学で学ぶことはできるのか【実体験、勉強法』という記事にてまとめています。
読んでみてください。

どのようにプログラミングを学習するのか

プログラミングの勉強はIT系の大学に行かないといけないのか?

ここまで読んでくださった方であれば、プログラミングで稼ぐことと大学の学部があまり関係ないことを理解していただけたともいます。

ですが、プログラミングと関係する環境が無いとどうやって学習すれば良いかわかりませんよね。

結論から言ってしまうと、私のオススメはプログラミンスクールに2ヶ月だけ通うことです。

私自身もプログラミングスクールに2ヶ月通って、3ヶ月目にはエンジニアインターンとして採用され、プログラミングスキルを駆使して稼げるようになりました。

僕がプログラミングを勉強し始めてからの3ヶ月については『大学生がプログラミングを3ヶ月勉強したので全記録をまとめてみた』という記事を読んでください。

これを読んでいただければ、プログラミングスクールに通うことがとても効果的であることがわかっていただけると思います。

オススメのプログラミングスクールについては『最新版】大学生向けのプログラミングスクール【大学生エンジニア解説』で厳選したスクールを選んでいます。

こちらも合わせて参考にしてください。

まとめ:IT系大学でなくても大丈夫

結論は、プログラミングをつかって稼げるようになることと、進学している大学の学部は全く関係がありません。

プログラミングで稼ぎたいと思っている人は、どんどんプログラミングに挑戦することをお勧めしています。

文系でも、プログラミングに触れたことがなくても2ヶ月間しっかりと勉強すればプログラミングをつかった仕事を見つけることができます。

ぜひ、プログラミングに挑戦してみましょう。