【無料有り】プログラミング学習サイト7選【レベル別に厳選】

プログラミング学習サイト

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
  • プログラミングの学習サイトが知りたい
  • プログラミングを独学したい
  • おすすめのプログラミング学習サイトを教えて

こんな疑問にこたえます。

プログラミングの独学をする場合、ネット上の教材を利用することが中心になります。

実は、低額・無料で学べるプログラミングの学習サイトは非常に沢山用意されています。

私自身も、たくさんのプログラミング学習教材にお世話になりました。

https://twitter.com/epyvend1/status/1115806320462983169

本記事では、上記のツイートを更に拡大して、おすすめのプログラミング学習教材をご紹介します。

記事を読み終える頃には、あなたにぴったりなプログラミング学習教材を見つけられますよ。

プログラミング学習サイトで勉強する理由

現在、プログラミングブームと相まって、プログラミングの学習法はたくさん存在します。

プログラミングスクールを筆頭に、書籍や大学など、千差万別です。

そこで、まずはプログラミング学習サイトを使って勉強するメリット・デメリットを確認しましょう。

プログラミング学習サイトのメリット

私が考えるサイトを使って勉強するメリットは以下の通りです。

  • スクールなどよりも値段が安い
  • PC一台で勉強できる

主にこの二つになります。

特に低価格でプログラミングを勉強できることは、プログラミングに興味のある方にとっては有益です。

また、PCだけで勉強できることも学習ハードルを下げてくれます。

書籍を持ち運ぶ必要もないですし、スクールの場所と営業時間に合わせて勉強する必要もありません。

値段を抑えつつ自由に勉強できることが、プログラミング学習サイトのメリットです。

プログラミング学習サイトのデメリット

プログラミング学習サイトのデメリットは以下の通りです。

  • ハイレベルな学習をすることが難しい
  • エラーなどが出現したときに、対応できない
  • モチベーションを保ちづらい

プログラミングの学習サイトは日々進化しており、質も大幅に向上しています。

しかし、プログラミングスクールなどと比較すると、目劣りする点があることも事実です。

ハイレベルな学習をしたり、人に質問することができないことは、プログラミング学習サイトのデメリットです。

また、基本的に孤独に学習を進める必要があるため、どうしてもモチベーションが保ちづらいです。

プログラミング学習に求めるレベルや、目的を考えて、自分にあった学習方法を選びましょう。

プログラミングスクールを検討している方は、『【目的別】大学生向けプログラミングスクールまとめ6選』をあわせてご確認ください。

プログラミング学習サイトの一覧表

今回ご紹介するプログラミング学習サイトの一覧表を確認してください。

プログラミング学習サイトを、レベル感ごとにまとめています。

レベル サイト名 オススメする人
初心者 Progate コードに触ってみたい人
中級者 ドットインストール 実践的に知識をつけたい人向け
中級者 paiza動画ラーニング 実践的に知識をつけたい人向け
上級者 Udemy 学習目的がしっかりしている人
超上級者 PyQ Pythonを勉強したい人向け
超上級者 Railsチュートリアル RubyとRailsを勉強したい人向け
超上級者 公式ドキュメント 各言語をしっかり勉強した人

それぞれ詳しく解説をしていきます。

Progate:初心者向けプログラミング学習サイト

初心者向けプログラミング学習サイトのProgate

プログラミング初心者におすすめなのは、プログラミング独学者が一度は経験したことがあるProgateです。

『初心者から、創れる人を生み出す』事をコンセプトにした初心者向けプログラミング学習サービスです。

1分で終わる会員登録を済ませれば、スグにプログラミングに触れることができます。

こんな人にオススメ

Progateがおすすめなのは、次のような方です。

  • 完全な初心者
  • 楽しく勉強したい人
  • PCがない人

Progateは、初心者が挫折せずにプログラミングを学習することを目的としています。

初心者向けに工夫されている点を随所で感じることができます。

また、スマホ版も用意されているため、PCを持っていない人でもプログラミング学習をすることができます。

学べる言語

HTML・CSS・JavaScript・jQuery・Ruby・Ruby on Rails・PHP・Java・Python・Swift、G言語などです。

プログラミングのソースコード管理システムである、Gitについても学習できます。

幅広い言語を学習できるため、Webサイト制作やアプリ制作、人工知能の勉強など何でも勉強できます。

値段

会員登録や、カリキュラムの一部は無料です。

ですが、より幅広い範囲を勉強したい場合は月額980円の課金が必要です。

プログラミングの書籍は一冊2000円くらいするので、めちゃくちゃ安いですね。

具体的な内容

ゲーム感覚で進められるようになっているプログラミング学習サイトです。

スライド式でプログラミングの教材を3ページ進めます。そして、すぐに手を動かしてコードを打ち込みます。

勉強→アウトプットを繰り返して勉強を進めていきます。

目安時間

カリキュラムによりますが、PHPコースを選んだ場合は14時間30分でカリキュラムを一周できます(課金ありのカリキュラムです)

あくまで一つのコースを終わらせるための目安時間としてお考えください。

到達できるレベル

プログラミングの概要を理解することができるようになり、簡単なコードを書けるようになります。

ただし、複雑なアプリやサービスを作成したり、難解なコードを読むことはできません。

プログラミングを勉強したいと考えている人は、ぜひProgateを始めてみましょう。

ドットインストール:中級者向けプログラミング学習サイト

ドットインストール:中級者向けプログラミング学習サイト

プログラミング中級者には、動画学習サイトのドットインストールがおすすめです。

3分動画でマスターできる事をコンセプトにした、プログラミング学習サービスです。

こんな人にオススメ

ドットインストールがおすすめなのは、以下のような人です。

  • プログラミングを経験したことがある
  • Progateよりも深く勉強したい

初心者から中級者向けに、プログラミング学習動画を公開しています。

少しレベルの高い学習をしたい方にピッタリの学習サイトとなっています。

学べる言語

HTML・CSS・JavaScript・jQuery・Ruby・Ruby on Rails・PHP・Java・Python・Swift、など

Progate同様に、幅広い言語を勉強できるため、WebサイトやWebアプリなどを何でも学習できます。

値段

基本的なプログラミング学習は無料で受講することができます。

一部のカリキュラムは有料会員限定となっていたり、文字起こしや質問機能も限定されています。

全てのカリキュラムやサービスを解禁したい人は、1080円から有料会員になれますよ。

具体的な内容

3分という短い時間の動画をみながらプログラミングを勉強できるサイトです。

ただし、提供されるのは学習動画のみになります。

Progateと異なり、コードを打つための環境などは、ユーザー側で用意する必要があります。

コード打ち込める環境を用意することを環境構築といいますが、環境構築の解説動画も用意されています。

また、環境構築は実務やサービスを作るときには必須なので、やり方を勉強することは経験値になるでしょう。

勉強の流れとしては、まず最初に動画を見ながら環境を構築します。

環境構築が終了次第、動画を見ながら言語の基礎的な文法を勉強します。

最終的に、アプリ制作のなどの本格的なカリキュラムを学習します。

具体例をあげます。

  • 環境構築:18動画
  • PHPの基礎文法:30動画
  • PHPの派生文法:38動画
  • PHPの関連ソフト:18動画
  • 実際にアプリ作成カリキュラム:およそ8個。動画数はそれぞれのカリキュラム次第。

PHPの勉強をする場合は上記の手順になります。

ドットインストールの学習ペースを推し量る時の基準にしてください。

目安時間

わかりやすく説明するために、PHPを勉強した場合を例として説明します。

PHPでは、環境構築は18動画、PHPの基礎文法は30動画、派生文法は38動画、関連ソフトは18動画です。

したがって、PHP学習の合計時間は312分(約5時間)となります。

加えて、PHPを使ったWebアプリを作成する場合は、8動画の追加学習が必要になります。

そして、算出した時間は視聴時間のみなので、タイピング時間を加味する必要があります。

タイピングが遅い人や早い人で差は生まれますが、およそ2倍程度の学習時間を考えると良いでしょう。

到達できるレベル

ドットインストールで紹介されたアプリであれば、類似作品を作成できるようになります。

加えて、多少レベルの高いソースコードも読めるようになっています。

ただし、大規模なアプリや、お金を稼げるほどのプログラミングスキルは身につかないでしょう。

ドットインストールの学習は、下記から行うことができます。

paiza動画ラーニング:中級者向けプログラミング学習サイト

paiza動画ラーニング:中級者向けプログラミング学習サイト

ドットインストールと双対をなしている動画サイト、Paiza動画ラーニングです。

こんな人にオススメ

Paiza動画ラーニングをおすすめしたいのは、次のような人です。

  • Progateなどで何かしらプログラミングに触れたことがある人
  • 今スグにでもプログラミング学習を始めたい
  • プログラミングでの就職、転職を考えている人

ドットインストール同様の学習スタイルで、中級者向けの内容です。

差別点としては、Paizaの方が就職や転職を意識したサービス構成になっている点です。

学べる言語

Java、Git、Ruby、HTML/CSS、PHP、C、C#、JavaScript、Pythonなど

有名なプログラミング言語全体を網羅しています。

値段

料金は、長く勉強すればするほど、一月あたりの料金が安くなります。

  • 1ヶ月プラン 1078円
  • 6ヶ月プラン 4,480円 (748円/月)
  • 12ヶ月プラン 7,200円 (600円/月)

月600円から利用できる手軽さは非常に嬉しいポイントになります。

具体的な内容

こちらも3分間の動画を視聴しながら学習を進めていきます。

Paiza動画ラーニングの特徴は2点ほどあります。

  • 環境構築をする必要がない
  • 転職につながっている。

本サービスでは、サイト内にコードを書くための環境を用意してくれています。

そのため、プログラミングを勉強したいと思い立った瞬間から、勉強を始めることができます。

カリキュラムも基礎的な文法の学習やアプリを作成コースまでリリースされています。

また、paiza動画ラーニングは転職や就職のサポートが存在しています。

Paizaではプログラミングのテストに挑戦することができて、スコア次第で新卒採用や転職に進むことができる面白いサービスがあります。

そのため、Paiza動画ラーニングで勉強をしたあとに、Paizaのテストを受ければ、仕事に結びつけることができます。

最後に、Paizaではエンジニアに動画内でわからなかったところを質問することができます。

この価格で質問対応してくださるというのは非常に魅力的なポイントです。

目安時間

例えば、PHPの基礎学習を終わらせるのに73動画あるので、219分(約3時間半)かかります。

さらにアプリの開発やフレームワークなどの勉強をする場合はさらに時間がかかってしまいます。

到達できるレベル

簡単な自作アプリなどは制作できるようになっているでしょう。

しかし、環境構築などのサポートが薄いため、プログラミングスキルはあるけど実戦経験不足といったレベルになりそうです。

Paiza動画ラーニングに少しでも興味があれば、以下から確認できます。

Udemy:上級者向けプログラミング学習サイト

Udemy:上級者向けプログラミング学習サイト

Udemyはプログラミングに限らず、様々なことを動画形式で学習できるサービスです。

プログラミングの中、上級者がより高いレベルに到達できる教材がたくさんあります。

こんな人にオススメ

Udemyがおすすめの人は以下のとおりです。

  • 作りたいサービスが明確に存在する
  • 初級レベルのプログラミングは理解できる
  • 学習にしっかりと時間を使える

Udemyでは、特定のサービスを作る方法について動画を沢山用意しています。

例えば、マッチングサービスやWebサイトの作り方など、明確なプロダクトを作るための動画があります。

明確なプロダクトを作れる分、基礎的な学習は自分自身で進める必要があるため、事前に学習しておいたほうが良いでしょう。

最後に、動画のボリュームが多いので、余裕を持って勉強できる準備をしておきましょう。

学べる言語

JavaScript、HTML、jQuery、SQL、Python、ruby、PHP、Wordpress、Swift

ブログの書き方やSEO対策など、プログラミング学習に限らず何でもあります。

値段

教材の値段は1200円から30,000円です。

Udemyの動画学習の値段は基本的に高値で、1万円以上します。

しかし、Udemyは頻繁にセールを実施しており、1200円〜1700円位にまで値下げをします。

月に一回程度はセールが行われるので、セールに合わせて購入すると良いでしょう。

具体的な内容

Udemyでは世界中の人が講師になって動画を投稿できます。

そのため、学習カリキュラムも幅広く、自分にあった先生で勉強することができます。

例えば、PHPの学習カリキュラムを例に出して説明します。

  • PHPの基礎知識とMySQL(MariaDB)の基礎が修得できる
  • SQLの基礎が修得でき、データベースを利用したプログラムを作成できる
  • PHPを利用したプログラムを作成でき、サーバーサイドのWebサービスを開発できる
  • データベースと連携した、Webサービスを開発・カスタマイズできるようになる

この場合のお値段は24000円です。

ですが、Udemyのセールに合わせて購入することができれば1200円前後で購入できます。

Udemyでは、特定の分野を深く学習する上で最適なカリキュラムです。

学習したい範囲が明確な人にはおすすめです。

目安時間

先程の例だと、動画だけの合計時間でおよそ11.5時間です。

これはあくまで動画だけの時間になるので、タイピングの時間などが加わります。

そのため、3倍程度の時間がかかることを想定したほうが良いでしょう。

到達できるレベル

オリジナルのアプリを作成したり、特定の言語についてかなり詳しくなることができます。

独学での勉強では十分すぎるレベルに到達できるので、会社やインターンへの応募を考えても良いでしょう。

独学で高いレベルの学習をしたいひとは、ぜひUdemyで学習してみてください。

railsチュートリアル:Railsを学びたい上級者向けサイト

railsチュートリアル:Railsを学びたい上級者向けサイト

RubyとそのフレームワークであるRuby on railsを勉強した方向けに書かれたサイトです。

上級者でも学習できるように設計されているため、ある程度は学習した人向けのサイトです。

こんな人にオススメ

Railsチュートリアルを学習したい人がおすすめなのは次のとおりです。

  • 独学で十分に勉強をおこなった
  • Rubyという言語をもっと深掘りしたい
  • 実戦経験もあり、さらにRubyのスキルを深めたい

Rubyについて学習できるドキュメントです。

上級者の方でも学習できるくらい、高い難易度まで学習することができます。

初心者向けにわかりやすく学習できるようなドキュメントではないので、レベル感と合わせて学習してみてください。

学べる言語

RubyとRubyのフレームワークである、Ruby on railsを学習できます。

値段

ドキュメントは無料です。ただし、様々なサービスが有るようです。

動画カリキュラム:29,800円(税別)
動画と質問学習:54,630円(税別)
スクール:100,000円(税別)

となっています。

カリキュラムをサイト形式で学ぶのか、動画なのか、スクールなのかという違いなので、無料でも十分でしょう。

具体的な内容

Webアプリケーションの開発から公開までを、実際に手を動かしながら学んでいく大型チュートリアルです。

Rubyの相当難しい内容まで網羅しているので、かなり骨が折れるカリキュラムとなっています。

ですが、Railsチュートリアルを終わらせることができれば、仕事などでもわからないことはなくなるのではないでしょうか。

ブログの記事のように、サイトに解説文とコードが掲載されており、チャプターで分かれています。

目安時間

既存の知識量によって大きく変わるカリキュラム内容です。

到達できるレベル

Rubyで十分にコードを書けて、コードの内容を理解することができます。

実務経験者と謙遜無い程度のプログラミングのレベルを身につけることができます。

pyQ:Pythonを学びたい上級者向けサイト

pyQ:Pythonを学びたい上級者向けサイト

Pythonをしっかりと勉強したい方向けにオススメの、動画形式勉強サイトのPyQです。

こんな人にオススメ

PyQがおすすめのなのは次のような人です。

  • 脱初心者をしている人
  • AIなどに興味がある人
  • 統計処理を勉強したい人

Pythonを中心に、統計処理や人工知能などをについて学習することができます。

初心者からレベルアップできるような学習カリキュラムにはなっていますが、Progateなどで予習してから望んだほうが良いでしょう。

学べる言語

Python

値段

ライトプラン:2,980円/月
スタンダードプラン:7,980円/月

スタンダードプランにすることで専門家に好きなだけ質問をすることができます。

具体的な内容

Pythonの基礎的な文法からフレームワークを、プロダクトを作りながら勉強できます。

文法の確認コースや初級・中級・上級まで分類されています。

また、実務向けのコースも用意されており、基本文法を終わらせてからも学習することができます。

勉強形式は、文法を一つ勉強したら、その文法を使ってすぐにアウトプットします。

コードを書くための環境も備え付けられているため、教材を読んでインプットして、高速でアウトプットすることができます。

目安時間

実施するコースによりますが

未経験からのPython文法:88時間〜
プログラマー向けPython文法速習:67時間〜

といった勉強時間となっています。

上記以外にも、実務コースなどは異なる勉強時間が設定されているため、確認してみると良いでしょう。

到達できるレベル

Pythonに関しては基本的な文法はもちろんのこと、フレームワーク、独学ではありますが、実務でどのような勉強を行うのかを知ることができます。

十分にPythonのエンジニアとして評価してもらえるレベルに到達できるでしょう。

公式ドキュメント:超上級者向けサイト

公式ドキュメント:超上級者向けサイト

また、各言語には使い方を書いているドキュメントがあります。

それを公式ドキュメントと呼び、そのドキュメントを読むことで各言語を学ぶことができます。

こんな人にオススメ

公式ドキュメントは以下のような人におすすめです。

  • 特定の言語をしっかりと勉強し、実務に準ずるまで成長させられた人
  • 特定の言語やフレームワークを学びたい人

公式ドキュメントは公式が出している学習カリキュラムです。

そのため、公式次第でカリキュラムの難易度が変わります。

しかし、おおよその公式ドキュメントのレベルはかなり高いので、先にProgateなどで勉強しておくと良いでしょう。

学べる言語

公式ドキュメントが用意されていればOK

値段

無料

具体的な内容

公式が公表しているドキュメントによります。

公式ドキュメントの中で非常に評価が高いVue.JSを例にあげて説明させていただきます。

Vue.JSの場合、公式ガイドに基本的な文法が用意されており、そのガイドを理解することができれば、文法をマスターすることができます。

その一方で、何かプロダクトを作ったり、実務で使った場合を想定してカリキュラムが組まれていないので、あくまで文法を覚えることに特化しています。

もちろん、公式ドキュメントに書かれている内容は、言語によって大きく変わります。

しかし、一般的には非常にレベルが高いものとなっており、プログラミングスクールや実務を経験してからではないと、理解することすら難しいでしょう。

目安時間

人によって大きくかわります。

ドキュメントを全てやろうとするとかなり大変ですが、文法の確認などで使う場合はさほど時間は要さないと思われます。

到達できるレベル

公式ドキュメントを読んで理解できる時点でかなりの上級者であると言えます。

ですが、公式ドキュメントを理解することができれば、実務なども安心して行うことができるでしょう。

まとめ

プログラミング学習はネットのサイトを使うことで無料や低価格で勉強することは可能です。

その一方で、質問を聞けなかったり挫折しやすいなどのデメリットもあります。

自分の場合は、Progateと本を使って学習して、結果的にプログラミングスクールへ通いました。

結果的に、エンジニアインターンに合格し、仕事を個人受注できるようにもなりました。

人によってプログラミングの学習方法は違うので、自分にあった勉強スタイルで進めるのがいいと思います。