Rubyの将来性と需要の変化をガチ考察【データあり】

Rubyの需要が残る

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
ぼく
  • Rubyについて知りたい
  • Rubyの人気度と需要が下がっているって本当?
  • Rubyの将来性を知りたい

こんな疑問に答えます。

Webアプリケーションの制作に役立つ言語であるRubyですが、人気度と案件数は年を重ねる毎に減少しています。

実は、Rubyの需要は残り続け、これからも使われると考えられます。

本記事では、Rubyの需要と将来性について解説していきます。

記事を読み終える頃には、Rubyの基本的なことから、将来や需要についてもマスターできます。

Rubyの基本的な知識

Rubyの特徴

Webアプリケーションの制作に使われる言語であるRubyの特徴を簡単にまとめます。

Rubyの特徴を簡単に押さえておくことで、強みを理解でき、Rubyが残り続ける理由がわかります。

Rubyは日本人むけのプログラミング言語

Rubyが日本人向けである理由は、日本人のまつもとゆきひろ氏によって開発されたからです。

加えて、1995年に使われ始めた言語でもあり、プログラミング言語の中では歴史のある言語です。

そのため、Ruby勉強用の書籍が大量に販売されていたり、Rubyを勉強できるスクールがたくさんあります。

この結果、初心者にとっては学びやすく、エンジニアにとっても馴染み深い言語となりました。

Webアプリケーションを高速かつ手軽に制作できる

Rubyという言語にはRuby on railsというフレームワークがあるため、手軽にWebアプリが制作できます。

フレームワークとは、アプリケーションに必要な機能を簡単に作ってくれる機能のことです。

つまり、RubyとRuby on railsというフレームワークをつかえば、簡単にWebアプリケーションが作れることになります。

そしてRuby on railsというフレームワークは、他の言語のフレームワークよりも以下の点が優れています。

  • 少ないコードの記述で機能を実現できる
  • フレームワークのルールがシンプル

つまり、決められた命名規則を守れば、お手軽に機能実装できることになります。

したがって、他のどの言語よりも、高速かつ手軽にWebアプリケーションを制作できます。

Rubyの将来性が不安がられている理由

Rubyは人気の言語ではありますが、徐々に人気度が下がってきていることも事実です。

Rubyの人気度や需要が減少している理由は、2つの要因が考えられます。

Rubyよりカスタマイズ性の高いPHPが人気

2020年2月現在、人気言語ランキングでRubyは14位、PHPは5位です

PHPとは、Ruby同様Webアプリケーションを制作できるプログラミング言語です。

PHPがRubyより人気の理由の一つが、PHPのカスタマイズ性が高いということです。

Rubyは高速で機能を実装してくれる一方で、決まり切った機能しか実装できません。

一方でPHPはRubyほど高速開発できないものの、好きなようにコードを書き、細やかな機能を実装できる特徴があります。

このような機能の違いから、PHPがRubyよりも人気だといえます。

PHPとRubyの違いについてまとめた記事もありますので、より細かい比較を知りたい方は、ぜひ読んでみてください。

rubyとPHP RubyとPHPを徹底比較!どちらの言語が優れている?

Rubyはデータサイエンスと関連性が薄い

現在、プログラミング言語で最も勢いがある言語はPythonです。

Pythonは、AIやデータ分析のために使われている言語です。

AIやデータ活用が求められる現代社会で、Pythonの需要は拡大し続けると言われています。

そのため、Pythonと親和性の高い言語や、Pythonのフレームワークが人気になっています。

しかしながら、RubyはPythonのように、AIやセータ分析に活用することができません。

つまり、Rubyは現代のトレンドから少し離れてしまっている言語だと言えます。

そのため、Rubyの需要は、Pythonの人気拡大に押されて、減少傾向にあると言えます。

Rubyに将来性がある理由【3つ】

Rubyの将来性があり続ける理由

Rubyの需要が脅かされている一方で、Rubyは使われ続ける言語です

Rubyの需要が残り続けるのは3つの理由があります。

それぞれ、解説をしていきます。

Rubyのアプリは将来もRubyが使われる

Rubyを用いて制作されたWebアプリは、過去を振り返るとたくさん存在します。

以下の表をはTIOBEが示す言語ランキングの推移です。

Rubyの需要の推移を示したグラフ

このランキングには人気上位10の言語が掲載されており、濃い緑色がRubyです。

このことからもRubyが非常にポピュラーな言語として扱われていた時代(2008年、2016)があることがわかります。

したがって、2008年と2016年に大量のWebアプリケーションがRubyによって制作されたと言えます。

Webアプリケーションは一度制作したら終了するものではありません。

バグの修正や、機能の追加、アップデートの対応など、定期的なメンテナンスが求められます。

つまり、Rubyで制作されたWebアプリケーションをメンテナンスする上で、Rubyを使えるエンジニアの需要は残り続けます。

一度制作したWebアプリケーションを、別の言語で作り変えることは非常にコストがかかります。

そのため、Rubyで作られたサービスはRubyエンジニアによって回収され続けることが一般的でしょう。

ちなみに、2020年2月のRuby人気ランキングがでは14位に位置しています。

起業する人が増えるほど、Rubyの将来性は高まる

Rubyという言語はIT分野で起業する人と相性が良い為、Rubyの需要は増加すると考えれます。

Rubyは手軽にWebアプリケーションを作れる言語である為、スピード感を大切にしたい起業家にとっては使い勝手の良い言語です。

そのため、IT分野で起業する人が増えれば増えるほど、 Rubyが使われるきっかけは増え続けると言えます。

そして現在、新しく会社を立ち上げる人は年々増加しています。

起業をする人たちの人口推移

起業家数が増える中、ITを用いた起業家の数も自然と増加しています。

その結果、Ruby on railsというフレームワークを使って、高速でプロダクトを制作できるRubyは使われやすい言語だと言えます。

IT分野の企業が増えるにつれ、Rubyの需要も増加するので、Rubyの需要はなくならないでしょう。

Rubyの言語自体のバージョンアップがされている

Rubyの需要がなくならない理由の一つに、Rubyが今でも進化をし続けているということです。

IT業界の流れは非常に早く、求められる機能や流行はすぐに移り変わります。

つまり、言語の開発者は、エンジニアの求める機能を追加し続ける必要があります。

もし言語のバージョンアップがされないと、エンジニアたちが求める機能が実装されないことになります。

そのため、エンジニアたちは言語を使うことをやめてしまいます。

Rubyは今でも開発が継続されており、どんどん使いやすくなっています。

そのため、Rubyを使うエンジニアは残り続けますし、Rubyの使われ続けるでしょう。

まとめ:Rubyは将来も使われる言語である

Rubyという言語は、日本人にわかりやすく、高速で開発することができることが特徴です。

その特徴を生かして、IT分野での起業家たちからは愛されている言語であると言えます。

また、Rubyが流行していた時期もあり、Rubyを現在進行形で使用している会社は数多くあります。

さらに、起業家の増加はRubyの需要を高める要因となりえます

しかし、RubyはPHPという強力なライバルやAIなどとの親和性も悪く、今後のアップデートに期待しましょう。

RubyとPHPの比較記事でも書きましたがRubyのプログラマーの平均年収はPHPなどよりも高めです。今後も廃れずに残り続けるといいですね!