wordpressのデータベース置換には『Search Replace DB』が便利

Search Replace DB

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
ぼく

wordpressの本番環境へ移行する時のデータベース置換のやり方を教えて!

wordpressをローカルで製作して、サーバーにアップロードする際、データベースに保存している情報を書き換える必要があります。

これは、wordpressの設定がローカルをベースに作られてしまっているため、これをサーバーの情報にすべて書き換える必要があるんですね。

置き換える方法は、エディタの一斉置換やsqlの操作などでもできるのですが、不適切なやりかたです。

wordpressはデータを暗号化している部分もあり、単純な置換作業では完全に書き換えることはできないのです。

そこで今回は、wordpressのデータベースの情報を一斉置換することに便利なSearch Replace DBをご紹介します。

Search Replace DBのダウンロード方法

まずは公式サイトのDatabase Search and Replace Script in PHPにいってダウンロードしましょう。

ページに遷移して、少しスクロールしてみると以下のような画面になります。

それでは順番に解説をしていきます。

まずは冒頭3つのチェックボックスです。

全てにチェックを入れてください。

その下の、個人ん情報を入力する部分には、各々の情報を入力してください。

最後に、広告メールを受け取るか受け取らないか(チェックを入れたら受け取る)を選択し、submitを押します。

すると、記入していたメアドにメールが届くので、ダウンロードしてzipファイルを解凍します。

次から使い方の説明に入っていきます。

Search Replace DBの使い方

Search Replace DBを使いかたはとっても簡単です。

しかし、一斉置換をするという非常に大規模な作業をおこなわなければいけないため、慎重に作業は進めましょう。

やり方自体は簡単なので、慎重に作業をするということだけ気をつけてください。

wordpressの直下に設置する

まずはwordpressのwp-contentやwp-adminと同じ階層のフォルダに解凍したSearch Replace DBを設置します。

その後、以下のurlにログインして、Search-Replace-DB-master/をブラウザで開きます。

https://あなたのドメイン/Search-Replace-DB-master/

私の場合、loacalhost/Search-Replace-DB-master/というかんじになります。

それでは次のステップにいきましょう。

Search-Replace-DB-masterで置換する

ログインすると画像のような画面になります。

今から簡単にそえぞれの入力箇所についてせつめいします。

具体的な置換方法は後ほど解説するので、まずはSearch-Replace-DB-masterのやり方を確認しましょう。

1.Search for…

旧ドメインを入力する。

2.replace with..

新ドメインを入力する。

3.database情報

自動で入力されています。特に変更する必要はありません。

4.dry run

仮に置換をおこなったら、結果はこうなりますよ、というも結果を見せてくれます。

赤で囲った箇所が、もしlive on(本実行)をおこなったら変更がおこなわれる部分ということになります。

view changesをクリックすると、より詳しい変更内容がわかります。
今回は、①の部分にlocalhostを、②の部分にwp-portfolioを入力しています。

5.live on

クリックすると、実際に置換が行われます。

5秒くらいで置換が完了します。

6.delete me

置換が完了した後に、このSearch Replace DBフォルダそのものを削除する必要があります。

なぜなら、このフォルダを使えば一斉に情報が書き換えられてしまうので、悪用されたら危ないからです。

たとえば、他の人がたまたまこのフォルダにログインしてしまって内容を書き換えたら、そのサイトは崩壊してしまうからです。

それでは、具体的なやり方を解説していきます。

といっても、以下2つの画像の通りに設定して、それぞれdry runで確認した後にlive onで置換をおこないましょう。

初期設定によってはlocalhost/データベース名ではないと置換できない人もいらっしゃるようなので、柔軟に対応してください。

deleteする

それぞれ置換が終了したら、deleteをクリックして終了です。

まとめ

このように、wordpressをローカルから本番に上げる際のデータベース置換はとても簡単です。

しかし、置換を失敗するとサイトが使えなくなったりするため、バックアップを取ってから置換作業をおこなっても良いかもしれません。

それでは良い置換ライフを