独学してからプログラミングスクールに行く事がベストな理由

プログラミングスクールと独学

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
  • プログラミングって独学でも学べないの?
  • プログラミングスクールって効果あるの?
  • 独学とスクールってどっちが効果的なのかな?

こんな疑問に答えます。

プログラミングを勉強するときに、独学かプログラミングスクールに通うか迷いますよね。

私は、独学してからプログラミングスクールに通うことを強くおすすめします。

なぜなら、私自身がプログラミングを独学してからスクールに通ったおかげで、プログラミングができるようになったからです。

本記事では、独学してからプログラミングスクールに通うべき理由や、それぞれのメリットを解説します。

記事を読み終える頃には、独学してからプログラミングスクールに通おうと思えるようになるはずです。

独学してからプログラミングスクールに通った結果【実体験】

まずはじめに、私のプログラミング学習歴を簡単にご紹介したいと思います。

大まかな流れは、

1ヶ月プログラミング独学→挫折して6ヶ月放置→プログラミングスクールに通う→エンジニアへ成長

という感じです。

プログラミング独学するも1ヶ月で挫折

私がプログラミングの独学を始めたのは大学1年生のときです。

文系の大学生なので、数学はもちろんパソコンもあまり触ったことがありませんでした。

プログラミングの独学を始めたときの心境は以下のような気持ちでした。

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg

プログラミングスクールって高いから、通えないなぁ….

でも、プログラミングの教材っていっぱいあるし、独学でもできるでしょ!

主にネックだったのはプログラミングスクールの価格です。

大学生の私には高額だったこともあり、独学を決めました。

ProgateというWeb教材とプログラミングの書籍を毎日1時間勉強していました。

しかし、エラーが出まくって挫折します。

その結果、プログラミングが嫌になってしまい、プログラミングから離れてしまいます。

半年間のブランクの後、プログラミングスクールへ

プログラミングをやめて半年が経過した頃、マッチングサービスを作ってみたい願望が生まれます。

そこで、友人と一緒にプログラミングスクールに通うことになりました。

テックキャンプというプログラミングスクールでWebアプリケーション制作のコースを受講します。

2ヶ月通い、簡単なWebアプリやWebサイトを作れるようになり、卒業しました。

エンジニアとして成長する

プログラミングスクール卒業後は、エンジニアとしての道に進むことを決めました。

卒業後スグにエンジニアインターンに申し込み、Web制作会社でインターンを開始します。

エンジニアインターンに入ってから2ヶ月後には、個人でお仕事を受注できるまでに成長しました。

つまり、プログラミングスクールに通い始めてから4ヶ月後には、お仕事レベルのスキルが身についたと言えるでしょう。


私が4ヶ月という短期間でエンジニアに成れたのは、独学してからプログラミングスクールに通ったからです。

私の経験や考えを踏まえて、独学してからプログラミングスクールに通ったほうが良い理由を解説していきます。

まず独学してからプログラミングスクールに通ったほうが良い理由

プログラミングスクールから独学するべき

プログラミングスクールに通う前に独学をしたほうが良い理由は3つあります。

  • プログラミングスクールに通う理由が明確になる
  • プログラミングの初級カリキュラムは独学でもできる
  • 受講スタイルは独学に近い

それぞれ解説していきます。

プログラミングスクールに通う目的が明確になる

独学をすることで、プログラミングスクールに通う目的が明確になります。

プログラミングを始めようとしている人の多くが、目標を上手に設定できていないことが多いです。

理由として、プログラミングの経験がないため、想像でしか目標設定ができないからです。

その結果、見当違いな目標設定をしてしまい、以下のようなことが起こってしまいます。

  • 勉強したい事と違うスクールを受講してしまった
  • 目標が高すぎて、スクールで勉強しきれなかった

プログラミングスクールに通う前に独学をすることで、目標設定が明確になります。

その結果、上記の事態を避けることができます。

プログラミングスクールの初級カリキュラムは独学できる

プログラミングスクールのカリキュラムの一部は、独学でも学習できる内容になっています。

理由として、プログラミングスクールのカリキュラムは超初心者から、レベルアップするように作られています。

そのため、カリキュラムの冒頭は非常に簡単で、独学で勉強できることが多いです。

私自身、独学してからスクールに通ったおかげで、次のようなメリットを感じました。

  • 覚えることが少なくなるため、学習の負担が減る
  • スクールの受講期間を減らせるので、お金の節約になる
  • 学習カリキュラムをサクサク進められるので、勉強が楽しくなる

つまり、独学をすることで、プログラミング学習効率を上げながら、スクール学習期間と学習費用を減らせるといえます。

独学でプログラミングスクールの学習スタイルに慣れる

実は、プログラミングスクールに通っても、独学をしていても、学習スタイルは変わりません。

言い換えると、スクールに通っても結局勉強するのはあなた自身であるということです。

独学でもスクールでも、カリキュラムを自学自習で進めて勉強していく必要があります。

あくまで、プログラミングスクールは学習の補助で、以下のものを提供してくれます。

  • 体系的にまとめられた、わかりやすいカリキュラム
  • エラーが出たり、わからなくなったら質問できる先生
  • 一人ひとりのプログラミングの学習計画
  • 一緒に勉強ができる仲間

つまり、スクールに通っていても、プログラミング学習自体は独学することになります。

スクールに通う前に独学しておけば学習習慣を作れるため、スムーズな学習が期待できます。

独学で終わらずにプログラミングスクールに通うべき理由

独学後にプログラミングスクールに通うべき理由

続いては、独学した後にプログラミングスクールに通ったほうが良い理由を解説します。

理由は大きく分けると3つあります。

  • ハイレベルな学習を受けることができる
  • 挫折率90%の壁を超えることができる
  • プログラミングを効率的に学習できる

それぞれ解説をしていきます。

ハイレベルな学習を受けることができる

プログラミングスクールに通う一番の理由は、ハイレベルな学習を受けることができることです。

現在、ネット上には低価格でプログラミングを学習できる教材が数多く用意されています。

ですが、独学用のプログラミング教材の多くが入門者向けの教材です。

サービスを作ったり、エンジニアになるための良い教材が不足していると言えます。(あることにはあるのですが、10万円くらいします)

そのため、独学だとプログラミングのレベルが停滞しがちで、スキルを上げることができません。

一方で、プログラミングスクールで提供される学習カリキュラムは、初心者から上級者まで対応しています。

なおかつ、初心者からでも上級者になれるよう、カリキュラムが体系的にまとめられています。

そのため、スクールに通うことで、自然とハイレベルなプログラミングスキルを身につけることができます。

プログラミングを効率的に学習できる

プログラミングスクールに通うことで、効率的に学習をすすめることができます。

そもそも、プログラミング学習の効率を下げる要因は次のとおりです。

  • エラーが出たときに、すぐに解決できない
  • プログラミング学習の順番がわからない
  • モチベーションが保てない

プログラミングスクールでは、上記の問題を解決できます。

まず、エラーが出てもメンターさんと呼ばれる先生が、アドバイスをくれたり、エラーを解決してくれます。

次に、学習カリキュラムが体系的にまとめられているため、詰まることなく勉強を進める事ができます。

また、メンターさんが学習計画を一緒に考えてくれるため、ライフスタイルに合った学習ペースを保つことできます。

最後に、メンターさんやプログラミング仲間と一緒に勉強できるため、モチベーションを保って勉強できます。

効率的に学習をすることで時間の節約に繋がり、目標へ最短で近づくことができます。

プログラミングの独学は挫折率90%を超えている

プログラミングの独学する人の90%が、プログラミングの独学に挫折しているそうです。

理由は、独学でハイレベルな学習をしようとすると、問題に当たった時に解決できないからです。

私の場合、独学を始めた頃は、Progateという入門者向けのプログラミング教材で勉強していました。

Progateを一通り終わらせた後、中級者向けのプログラミング教科書を購入して勉強しました。

ですが、中級者レベルの内容でもかなり難しく、エラーが頻出してしまいました。

そのエラーを解決できないこともあり、結果として挫折してしまいました。

プログラミングスクールに通えば、超初級者レベルの内容でも、メンターさんによるサポートを受けることができます。

そのため、ハイレベルなプログラミングを独学して消耗するよりも、スクールで挫折せずに勉強することをおすすめします。

独学からプログラミングスクールに通う手順

独学とプログラミングスクールの両方の経験がある私が考える、独学してからプログラミングスクールに通う手順をご紹介します。

プログラミングの独学はProgate

まず、プログラミングを独学する上でおすすめの教材はProgateです。

Progateとは、プログラミングの世界へ踏み出すあなたをサポートするための、初心者向けプログラミング学習サービスです。

全世界100以上の国に提供されており、100万人を超える学習ユーザーに利用されています。

イラスト中心のカリキュラムで学習することができ、非常にわかりやすくなっています。

無料会員と有料会員の2つがありますが、無料会員でも十分学習できます。

PC版とスマホ版の両方が用意されています。まだ勉強したことがない方は、ぜひ挑戦してみてください。

独学後のプログラミングスクールはテックキャンプ

Progateで勉強した後は、プログラミングスクールでスキルを伸ばしましょう。

私のおすすめはテックキャンプというスクールです。

おすすめの要因は、私が実際に通って結果を出せたスクールだからです。

基本的な特徴は次の通りです。

  • Webアプリ・デザイン・AIの全てを学べるカリキュラム
  • オンラインでもオフラインでも勉強できる環境
  • 月額19,800円で学べる。業界の中で最安値の価格設定

サービスを作りたい人や、プログラミングでお金を稼ぎたい人におすすめのスクールです。

実際に私が通ったときのレビュー記事もあります。

テックキャンプの評判は?2ヶ月受講してみた【2020年最新版】

テックキャンプに興味ある方は、ぜひ読んでみてください。

まとめ:独学してからプログラミングスクールへ通おう

プログラミング学習するなら、独学をしてからプログラミングスクールに通うことを強くおすすめします。

独学をしてからスクールに通うことで、効率的に短期間で学習を進められるからです。

独学してからも、スクールに通うことで、効率的にハイレベルな学習ができます。

プログラミングで人生を変えたい方は、ぜひ独学してからプログラミングスクールへ通ってみてください。