海外留学を終えて価値観はどのように変わっていったのか

留学と価値観

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
ぼく

留学で価値観がガラッと変わった!
絶対に行ったほうがいいよ!

このような留学経験者のコメントってよく聞きませんか?

ですが留学にいったことがない人からすると、『本当に留学で価値観が変わるのかな?』『どのように考え方が変わったのか知りたい!』という思いませんか?

ということで今回は、フィリピンのセブ島に1ヶ月間英語留学をして、実際にどのように価値観が変わったのか、ご紹介していきたいと思います。

『日本が最高』という価値観が変わる

留学と価値観

まず、セブ島留学をおえて、自分の中でいちばん変わった価値観は『日本が最高』という考え方です。

私は海外旅行は何度か経験がありましたが、1ヶ月も滞在するのは初めてでした。

そのため、日本式の生活スタイルから飛び出して、フィリピン式の生活スタイルで生活を送っていました。

フィリピンの生活は日本から比べるとっても低い水準で、フィリピン人は1日200円程度しか食事に使いません。

日本の10分の1くらいですね。

また、セブ島の言語学校で働くフィリピン人の先生の時給は100円/時間です。つまり、彼らの日給は8時間働いて800円くらいです。

日本人の価値観からすると、かなり貧相な国、遅れた国のように思えてきますよね

しかし、私はフィリピンという国がとても住みやすい国であると思いました。なぜなら、日本のように、凝り固まったルールが存在しないからです。

日本には色々な暗黙のルールが存在します。
身近な例をあげてみましょう

などなどです。

このような暗黙のルールにしたがう価値観が日本社会には深く、広く根付いています。

しかし、フィリピンにはこのような堅苦しいルールは存在しません。

フィリピン空港働く税関で人は、仕事中でもカップラーメンを食べます。
学歴によって上下関係が決まる世界ではなく、支え合っていきています。


言い換えると、フィリピンという国は日本と比べると、穏やかで他人の目を気にせずに、マイペースで生活ができる社会であるといえます。

もちろん、日本式とフィリピン式にはそれぞれ良し悪し、合う合わないが存在すると思います。

しかし、このような違った価値観に基づく社会を留学によって知れたおかげで、必ずしも日本という国が最高に住みやすい国であるという価値観から脱却することができました。

自分の考えが絶対に正しいという価値観が変わる

留学と価値観

セブ島で1ヶ月過ごすと、色々な国籍の人と仲良くなれます。そうした生活の中で、当たり前と思っていたことがどんどん変わっていきます。

例えば、政治的な問題を取り上げると、台湾を国として認めるか、中国として認めるかということで、国によって捉え方が全く異なることに気がつきました。

また、世界に存在する大陸の数が、ユーラシア大陸・アフリカ大陸・北アメリカ大陸・南アメリカ大陸・オーストラリア大陸・南極大陸の6つなのか、北極を入れて7つなのか、国によって教育の差が生まれることに気がつきました。

さらに、ロシア人は声を大にして笑わないと思っていたのですが、(住んでいる地域によると思われますが)普通に大爆笑します。

アラブの人に、『宗教で豚を食べないならなんの肉を食べるの?』と質問したら、『ラクダの肉は美味しいぞ』と言われて、食用のラクダがいることに驚きを感じました。

このように、私がいままで当たり前だと思っていたことは、まったく当たり前ではなく、国や教育によって違うことに気がつきました。

このように、生活の中で、自身の価値観がどんどん拡張されていった体験をしました。

人生の過ごし方に対する価値観が変わる

留学と価値観

最後に、言語学校での短期留学ならではの経験についてシェアしていきたいと思います。

言語学校には様々な年齢、出身し、バックグラウンドを持つ人たちが集まります。そのため、英語を勉強したいという思い以外は、全員がバラバラです。

そんな言語学校だからこそ、高い視点を知れたり、日本人の中でも全く異なる考え方を持つ人と共存することができて、自分の中で凝り固まっていた考えがスルスルとほどかされていきました。

大学生である私は、大学在学中に社会で通用するような能力を身につけなければいけないと思い、先の見えない将来に対して恐怖心を感じ、ひたすらに焦燥感を感じていました。

ですが、大学に進学せずともフリーランスとして第一線で活躍されている方や、大学院をやめて公認会計士になって自由な生活を送っている方との出会い。

さらには、25才から専門学校に通って、映像クリエイターとしてやりたい仕事をしている方など、たくさんの人生の先輩方と交流し、アドバイスをいただくことができました。

留学という共通の目的がなければ、絶対にお会いできなかった方々とお話できました。

そのおかげで、価値観がガラガラと崩れ去り、新しい考え方が芽生えるようになりました。

まとめ:留学で価値観は変わる

留学と価値観

これから初めて留学をする人は、広い価値観を知って、今までの価値観が多少なりとも変わると断言できます。

私も留学をする前までは、『日本最高!!』『自分が普通で当たり前!』という考えを持っていました。

しかし、留学をきっかけに、自分の価値観と住んでいる世界がとても狭かったことに気がつきました。

私の場合は、価値観が再構築されて、いい意味で力を抜くことができて、好きなことを頑張ろうと思えるきっかけとなりました。

もし今の人生に窮屈さ、外の世界を知りたい!というような、漠然とした思いがあるのであれば、絶対に留学をするべきであると思います。

ぜひ、検討してみてください。