TrueView広告はなぜ人気なのか?特徴と強みを解説

TrueView広告

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
  • YouTube広告とTrueViewの関係性を知りたい
  • TrueView広告について知りたい

こんな疑問に答えます。

TrueView広告は突然広告業界に出現したため、情報が少ないのが現状です。

ですが、本記事で紹介するTrueView広告情報を読んでいただくことで、TrueView広告の知見をグッと広げることができます。

なぜなら、TrueView広告は世界中で採用されており、海外に目を向けると多くの情報が手に入るからです。

この記事では、TrueView広告の基礎に加えて、特徴と強み・差別点を解説をしています。

読み終える頃には、TrueView広告がいかに有用な広告かが分かり、広告を出稿できるようになっています。

TrueView広告とは

TrueView広告とは、YouTubeが提供する広告配信の仕組みを表します。

TrueView広告には動画広告と画像広告の2形態が存在しています。

YouTubeの動画の最初に流れたり、途中で流れる広告が動画広告にあたります。

一方で、YouTubeの動画視聴時に右上に表示されるような画像(バナー)が画像による広告です。

また、後述しますが、YouTubeの採用する料金形態形態がTrueViewの由来と言われています。

TrueView広告の特徴

TureView広告の特徴

大まかにTrueVire広告を把握できたところで、より踏み込んで特徴を解説していきます。

TrueView広告は手軽に始められる

まず、TrueView広告の大きな特徴が、個人レベルで手軽に始めることができるという点です。

なぜなら、動画広告やバナーさえ用意すれば、Webサイトからの申し込みだけで広告を出稿できるからです。

実際に、私が動画広告の出稿手続きをした時も、およそ10分で投稿準備が整いました。

具体的な出稿手順については、以下の記事にて解説をしています。

YouTubeの広告効果 YouTube広告の効果・種類・出稿方法を解説【データあり】

また、だれでもできるというテーマはYouTubeの企業理念に表れています。

YouTube の使命は、表現する場所をあらゆる人に提供し、その声を世界中に届けることです。

YouTubeの企業理念

このことからも、YouTubeは全ての手続きを簡易化していることがわかります。

TrueView広告の種類

TrueView広告には、大きく分けると2つの種類があります。

インストリーム広告

インストリーム広告とは、動画の前後や途中に表示される動画広告の総称です。

動画広告の総時間は15秒以上ですが、動画再生から5 秒が経過した時点で広告をスキップできるようになります。

ユーザーの興味や関心に合わせて、異なる動画広告が放映されるように設定されています。

したがって、ユーザーの興味関心を惹ける動画広告を流すことができ、サービスや商品の告知に役立ちます。

ディスカバリー広告

ディスカバリー広告とは、関連動画や検索結果に紛れ込んでいる広告です。

ユーザーが新しいコンテンツを探している場面で表示されます。

サムネイル画像やタイトルを見てから、主体的にクリックしてもらうため、関心の高いユーザーに動画を視聴してもらいやすくなります。

その結果、広告視聴後のネクストアクションが起こりやすいことが、強みだと言えるでしょう。


TrueView広告については以上の2種類だけになりますが、YouTubeに掲載できる広告の種類はさらに多いです。

YouTube広告を全て網羅した『YouTube広告の効果・種類・出稿方法を解説【データあり】』をあわせて読んでみてください。

TrueView広告の料金形態

TrueView広告の料金形態は、総じて低価格から設定できることが特徴です。

インストリーム広告では、1日の予算を1000円から設定できるようになっています。

目安として、1回のインストリーム広告あたりに5〜10円ほどかかるため、他の広告形態に比べると圧倒的に低価格です。

また、ディスカバリー広告では一回あたり2~6円程度で広告を打つことができます。

加えて、広告視聴単価の最大価格を各自で設定できるため、予算の使いすぎを防げます。

その結果、各々の予算にあった広告単価や広告量を設定できます。

TrueView広告の強み・差別点

TrueView広告の強み

TrueView広告が、他の広告形態よりも優れている点は5つあります。

広告には得意不得意があるので、自身のサービスや商品内容にあった広告を選ぶ必要があります。

TrueView広告の強みを理解した上で、利用を検討してみましょう。

TrueView広告は短期間で結果を出しやすい

TrueView広告は、短期間で結果を出すことに重きを置いています。

なぜなら、ターゲットユーザーに対して、配信期間と予算を自由に設定した上で動画広告を流せるからです。

TrueView広告を出稿する際には、下記の点を設定できます。

  • 配信期間
  • 予算
  • 年齢、性別、家族構成
  • ユーザーの趣味・興味
  • 掲載する動画の分野

このため、細かいターゲティングを行なった後に、短い配信期間に大量の予算を投入することができます。

その結果、短期間にも関わらず大きな広告効果を実感することができます。

動画による広告なので訴求しやすい

TrueView広告では、動画を利用した広報をすることができ、他の動画形態と大きな差別点にあたります。

理由として、テキストや画像を中心としたweb広告よりも、伝えられる情報量が非常に大きいからです。

その結果、商品やサービス、ブランドの魅力を最大限伝えられる他、商品の売り込み以外の方法で広報ができるようになりました。

例えば、ストーリー性のある広告は動画広告ならではの手法で、おもわず視聴をしてしまいます。

したがって、動画広告を利用できるTrueView広告の強さを際立てていると言えます。

機会費用が非常に高い

TrueView広告は、低価格にも関わらず効果を出しやすい広告です。

理由は2つあり、広告単価の安さと、独特な料金発生タイミングに起因します。

広告単価が安い

TrueView広告の特徴でも触れましたが、インストリーム広告は1回あたり5-10円・ディスカバリー広告は1回あたり2-6円です。

これは、他の広告と比較しても圧倒的に安いです。

  • Web広告:1施策あたり20-50万円
  • 山手線の中吊り広告:最低210万円(2日)
  • CM(スポット15秒1回あたり):40-60万円

料金発生のタイミング

TrueView広告、特にインストリーム動画広告の料金発生のタイミングはとても独特です。

なぜなら、広告料は15秒以上の動画広告が全て再生されてから発生するからです。

例えば、動画広告が途中でスキップされた場合は広告料が発生しません。

つまり、TrueView(=正しく・全て視聴される)で、初めて広告料が発生することになります。

そのため、商品やサービスに興味を持った相手にのみ訴求できるため、費用対効果が非常に高くなります。

ネクストアクションに繋げやすい

他の広告と比べると、商品の購買や申し込みなどのネクストアクションに繋げやすいです。

理由として、動画広告後からお問い合わせページやダウンロードページへの誘導しやすいからです。

テレビCMや新聞、中吊り広告などにはネットが接続されていないため、その場でネクストアクションに繋げることが難しいです。

しかし、YouTubeであればつねにネットに接続されており、Webサイトへの誘導がしやすいため、ネクストアクションに繋げやすいと言えるでしょう。

アフターフォローをしやすい

TrueView広告では、動画広告に関するデータを収集し、分析した上で改善につなげることができます。

収集できるデータはかなり多様ですが、重要なのは次の通りです。

  • 視聴率
  • クリック率
  • 平均広告視聴単価
  • 動画が視聴された長さ

これらの情報から、どのような動画広告を使用するか、予算や期間をすぐに変更することができます。

YouTubeの動画広告のデータはGoogleが自動でレポートを制作してくれるため、 Google 広告からダウンロードするようにしましょう。

まとめ:TrueView広告で効果的にアプローチ

TrueView広告とは、YouTubeに掲載されている広告のことで、インストリーム広告とディスカバリー広告の2種類があります。

加えて、誰でも始められるうえ、費用対効果が非常に高いことが特徴です。

TrueView広告を始める方の多くは企業の方だと思うので、企業がYouTubeを活用するメリットについてまとめた記事をご用意しました。

企業のYouTube活用方法 【完全攻略】企業がYouTubeを活用するメリット・使い方を解説

動画広告の出稿やYouTubeの利用を考えた方は、ぜひ読んでください