WordPressのスターターテーマ『アンダースコア』の使い方【一番オススメ】

アンダースコアとスターターテーマ

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
ぼく

色々あるけど_S(アンダースコア)が一番使いやすいよ

wordpressでイチからテーマを製作するときに、手軽に作ることを手伝ってくれるスターターテーマ。

世の中にはたくさんのスターターテーマがありますし、そもそもスターターテーマを使う意味がわからない人もいると思います。

今回は、なぜスターターテーマを使うのかオススメのスターターテーマのアンダースコアについて解説をしていきます。

スターターテーマのを使う意味には何がある?

アンダースコアとスターターテーマ

WordPressは、いくつものファイルから構成されている、サイトを簡単につくれるサービスです。

WordPressをつかってサイトを作る時は、10前後ファイルから成る『テーマフォルダ』を用意する必要があります。

テーマフォルダで使われるファイルはそれぞれ意味があり、適切なファイルを用意しなければサイトを作ることはできません。

ターターテーマは、サイトを作るために必要な『テーマフォルダ』を簡単に用意してくれるキットです。

大量のテーマフォルダをイチから用意してくれるので、WordPressの導入・設定を省略できるメリットがあります。

Worpdressをダウンロードした時点でも『テーマフォルダ』はいくつか用意されていますが、デフォルトで用意されているためカスタマイズ性が悪いです。

そのため、テンプレートテーマをダウンロードすることは、オリジナルサイトを作る上でとても重要なのです。

アンダースコア(_S)とはなんなのか

アンダースコアとスターターテーマ

アンダースコアとはAutomatic社が提供するテーマで、必要最低限の情報でつくられたテーマフォルダをダウンロードできます。

カスタマイズされることを前提に作られているテーマなので、テーマを自作するのにはぴったりです。

アンダースコアを利用することで骨格を作ってあとはファイルの中身を書き換えるだけで済むので、作業が効率化しますし、ファイルの作り忘れでWordpressが動かないという問題も防げます。

それでは早速サンダースコアをダウンロードしましょう。

アンダースコア(_S)のダウンロード方法

アンダースコアはUnderscores | A Starter Theme for WordPressという公式サイトからダウンロードできます。

上記のリンクに飛ぶと、以下の画像のような画面になるので、『Theme Name』に好きな名前をいれてGENERATEボタンをクリックしましょう。

すると、zip形式のテーマフォルダのダウンロードが始まります。

基本的にはこれでOKなのですが、アンダースコアには詳細な設定をすることができます。

私は詳細設定をしませんが、『そんなこともできるんだ』てきなノリで読んでみてください。

まず、公式ページのTheme Nameの下にあるAdvanced Optionをクリックしましょう。

すると、以下のように詳細設定を決められるページに遷移します。

WordPressのテーマは、誰が作ったのか、テーマの名前などを設定することができるのですが、Advanced Optionではそういったテーマの情報を変更できます。

ちなみに、このデータはStyle.cssというファイルに記載されており、後からでも変更できます。

その上で、設定項目を一つずつ解説していきます。

私を例にとって、この点を穴埋めしていきます。参考にしてみてください。

正直、ここら辺は入力しなくてOKです。
実際、Wordpressの編集が必要になってから加筆すれば大丈夫です。

また、下二つのチェックボックスについて解説をします。

ネットショップを作ったり、saasをつかってコードを記述する以外に人はチェックをしないようにしてください。

これで、ダウンロードに関しては解説終了です。

続いては、アンダースコアのテーマをwordpressに反映させる方法です。

アンダースコアの使い方

ダウンロードしたアンダースコアのテーマを活用する方法はとっても簡単です。

やり方はwordpressのthemesフォルダに設置すれば大丈夫です。

wordpressのフォルダから>wp-content>themesフォルダに入れてみましょう。

インポート後、wordpressにログインし、メニューの外観>テーマをクリック

すると、themesフォルダに格納されているテーマを選択できるようになっています。

その状態から、アンダースコアで製作したテーマを選択して、有効化します。

有効化した後、トップページ飛んでみるとかなりシンプルなページが表示されます。

私の場合は、すでに製作したページにアンダースコアのテーマを適応させているため表示され流内容が多いです。

とはいえ、みなさんだいたい同じような画面になります。

あとは、このファイルの内容を変更していけば、自身のオリジナルテーマやサイトを作っていくことができます。

まとめ:アンダースコアは使いやすい上に超便利

テンプレートテーマはたくさん存在しますが、アンダースコアは『カスタマイズ性』と『ダウンロードの手軽さ』という点で群を抜いています。

アンダースコアとスターターテーマ

wordpressのテンプレートテーマを使う時はアンダースコアを選ぶといいでしょう。

アンダースコアを利用することで、手軽に、効率的にwordpressのサイト製作に役立たせることができます。

ぜひとも活用してください!