Webプログラミングとは?初心者にオススメな理由も解説

webプログラミングとは

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
ぼく
  • Webプログラミングってそもそも何?
  • 初心者にオススメされる理由ってなんだろう?
  • Webプログラミングの勉強法も知りたい

こんな疑問に答えます。

プログラミングを勉強しようとすると、言語の豊富さに圧倒されると思います。

ですが、迷う必要ありません。なぜなら、プログラミング初心者の方はWebプログラミングの勉強一択だからです。

ですが、WEBプログラミングの全体像を理解できていなかったり、なぜ初心者にオススメなのか知らない方も多いはずです。

そこで今回は、WEBプログラミングの話から、WEBプログラミング言語が初心者におすすめなのか解説していきます。

WEBプログラミングの基礎知識

WEBプログラミングがおすすめな理由

まずはWEBプログラミングがなんなのかをさらっと確認しましょう。

そもそもWEBというのは、WWW(World Wide Web:ワールド ワイド ウェブ)のことを指します。

言い換えると、Webというのはにインターネットを利用したシステムのことです。

このWEBシステムを利用して提供しているサイトやサービスをWEBサイトやWEBアプリなどと呼ばれます。

そのため、ブラウザ(Chromeやsafari)から利用ができるサービスやWEBページはすべてWEBサイトとWEBアプリに分類できてしまいます。

例えばGmailなどはブラウザからログインできるWebアプリですし、ネット上で見かける情報をまとめたサイトはWEBサイトとして呼ばれます。

そして、このようなWEBサービスやWEBサイトを開発したり管理したりすることをWEBプログラミングと呼びます。

WEBプログラミングの言語一覧

WEBプログラミングの言語でオススメなやつ

WEBプログラミングがどういったものか理解できたところで、具体的にどう言ったプログラミング言語によって支えられているのか確認してみましょう。

HTML&CSS

HTMLとCSSとは、サイトやサービスの見た目の部分をデザインしたり、調整したりするために使われる言語です。

そして、一番簡単な言語とも言われています。(十分難しいのですが)

基本的に私たちが利用する全てのサービスに使われる言語です。

ほとんど全てのエンジニアの方々が一番初めに勉強する言語でもあります。

HTMLとCSSについてもっと詳しく知りたい方は『【初心者も100%理解】HTMLとは?HTMLファイル作成法も解説』という記事でHTMLについて詳しく解説を加えています。

ぜひチェックしてみてください。

Javascript

JavaScriptもサービスの見た目の部分を変更するための言語です。

特徴的な点は、ページに動的な動きをつけることができるということです。

動画のように、スクロールでふわっと画像などが出現すると思います。

このように、見た目の部分に動的な動きを付け加えらるのがjavaScriptです。

かなり汎用性が高い言語なので、全てのエンジニアが一度は経験があるでしょう。

Ruby

日本のWEBプログラマーで知らない人はいないプログラミング言語のRuby。

HTML&CSSが見た目の部分を調整する言語であったのに対して、Rubyはプログラミングの裏側を構築するために使われます。

具体例を用いて説明すると、クックパッドという料理投稿サイトが良い例です。

クックパッドではレシピを見るだけではなく、自作の料理の作り方を投稿したり、気に入った料理のつくりかたを保存したりすることができます。

このように見た目の部分ではなく、投稿や保存といったシステムを作る言語がRubyです。

同様に、こういったシステムを構築するための言語にPHPがあります。

PHP

PHPはRubyと同じようにWEBプログラミングでもっとも主流な言語の一つです。

できることは基本的にRubyと同じですが、いくつか違いも存在しています。

  • Rubyよりも簡単な言語
  • Rubyはスタートアップ向け
  • PHPのほうが案件が安いが豊富

より細かな比較については、以下の記事を参考にしてみてください。

rubyとPHP RubyとPHPを徹底比較!どちらの言語が優れている?

WEBプログラミングを勉強するメリット

WEBプログラミング

それでは、WEBプログラミングを勉強するメリットや、なぜ私がプログラミング言語としてWEBの言語を勉強しようと思ったかをご紹介していきます。

WEBプログラミングはサービスをリリースさせやすい

まず一つ目にあげられるのはWEBプログラミングはサービスをリリースさせやすいという事です。

事実、全ての会社やサービスにもかならずWEBサービスが存在しますよね?

例えば、ほぼ全ての人スマートフォンに入っているTwitterInstagramFacebookYoutubeなどの大人気アプリ。

これらは全てブラウザからも使えますよね。

加えて、企業はどうでしょうか?

SONY、任天堂、トヨタ、ソフトバンク、など、名だたる企業や中小企業もほとんど全ての会社が自社のWEBサイトを所有しています。

このように、WEBプログラミングができるとインターネットに接続さえできればどんな人からも絵利用してもらえることになります。

そのため、Webプログラミングは全ての企業とサービスに利用されるため、案件数が多くなります。

逆にAndroidやiPhoneのアプリなどではWEBプログラミングほど万能ではありません。

例えばAndroidでiPhoneのアプリが使えないということもしばしば起こりませんか?

これはプログラミングの言語がAndroidとiPhoneで異なるからです。

一つのサービスを提供するのにも2つAndoroidとiPhoneでそれぞれ言語を分けて用意する必要があるためです。

このように、アプリを開発する言語ではWEBサイトやWEBサービスのように誰にでも使ってもらえる訳ではありません。

僕自身もスマートフォンアプリがとても馴染み深かったので、プログラミングを始めるときはアプリ開発を考えていました。

しかし、アプリをAndroidとiPhoneの両方で準備する必要がある点や、WEBサイト・WEBサービスの方がだれでも手軽に利用できるという強みに気がつけたため、WEBプログラミングをはじめました。

WEBプログラミングの言語は勉強をしやすい

二つ目のWEBプログラミングを勉強するメリットはとても勉強しやすいという点です。

もともとプログラミングはWEBサイトなどの出現によって爆発的に普及しました。1990年代後半のことです。

その後、スマートフォンの出現やAI、ブロックチェーンなどの技術が2010年代から普及しはじめました。

つまり、WEBプログラミングはプログラミング言語の中で歴史が長く勉強方法や参考書などが他の言語と比べてまとめられているということです。

勉強しやすいということは、挫折しにくくなるうえに、調べる時の時間的コストや参考書を購入するなどの金銭的なコストをググッと下げることができます。

挫折をせずに勉強することの大切さを以下のツイートをみていただければ一目瞭然です。

このような理由から、WEBプログラミングを選んで勉強することは非常に意味があることなんですね

WEBプログラミングはお金になりやすい

最後の理由は、WEBプログラミングのスキルはお金に結びつけやすいということです。

先程、WEBプログラミングのメリットの一つに『どのようなアプリや会社にもWEBアプリやWEBサイトが存在している』と書きました。

その結果、WEBプログラミングができる人向けの仕事がたくさんあるということです。

わかりやすい例として、プログラミングの仕事をインターネット上でやりとりするクラウドソーシングと呼ばれるサービスをみてみましょう。

出典)クラウドテック

一位はJavaという言語ですが、PHP、Javascript、RubyなどのWEBプログラミング言語が40%ちかい割合を占めていることがわかります。

また、私自身もインターン生として雇用してもらえた先はWEBプログラミングを扱っている会社です。

このように、WEBプログラミング言語を勉強することでお仕事に結びつけやすく、お金を生み出すことができるようになります。

お仕事をもらえるというのは、プログラミングを学習するモチベーションにも繋がるので、仕事をもらいやすいWEBプログラミングは絶対にオススメします。

Webプログラミングを勉強する方法

Webプログラミングを勉強する場合、2種類に分別して考えましょう。

  • Webサイトを勉強する場合
  • Webアプリを勉強する場合

それぞれ解説します。

Webサイトを勉強する場合

Webサイトを制作する場合は、基本的に独学かスクールに通うかの2択です。

私のオススメは、独学してからプログラミングスクールに通うことをです。

具体的な理由は「独学してからプログラミングスクールに行く事がベストな理由」にかいてありますので、参照してみてください。

また、具体的なWeb制作の学習の手順については、以下の記事にてご紹介しています。

Webサイト制作に必要なスキルと習得する手順

是非読んでみてください。

Webアプリを制作する場合

Webアプリを勉強する場合は、絶対に独学をオススメしません。

なぜなら、プログラミング独学の挫折率は90%と言われており、私自身も挫折したからです。

最悪だったのは、無駄な書籍代や長い間悩む時間がかかってしまっていたからです。

今考えると超無駄でした。

そこでオススメなのは、Tech Boostというプログラミングスクールに通うことです。

3ヶ月でWebエンジニアになることを掲げ、転職や就職のバックアップも用意されています。

プログラミングで稼げるようになればスクール代もすぐ回収できるので、実質無料ですね。

さらに、無料カウンセリングも用意されているので、疑問点や悩みや不安を相談できます。

リスクゼロなので、余力があれば話を聞いてみてください。

まとめ:初心者はWEBプログラミングを勉強すべし

WEBプログラミング

結論として、WEBプログラミングから勉強を始めることは、プログラミング学習をする上で最適な方法であると言えます。

WEBプログラミングで作られたサービスは誰でも利用することができますし、勉強のしやすさ、仕事への結びつけやすさもピカイチです。

プログラミングを始めようと思っている方、プログラミングを初めてまもない方はWEBプログラミングを勉強するメリットを理解することができたのではないでしょうか?

これからも勉強をどんどん続けていきましょう!