Webサイト制作に必要なスキルと習得する手順

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
  • Webサイト制作に必要なスキルを知りたい
  • 動やったらスキルは身につくの?

こんな疑問に答えます。

Webサイト制作を始めようと思っても、必要なスキルの全体像がわからないと勉強できないですよね?

私自身もWebサイト制作を始めた時はスキル全体の事が全くわかりませんでした。

そこで本記事にて、Webサイト制作に必要なスキルと学習手順をご紹介したいと思います。

記事を読み終える頃には、Webサイト制作の初心者でも勉強を始められるようになります。

Webサイト制作に必要なスキル

Webサイト制作において必要なスキルは6つあります。

  1. HTML&CSS
  2. JavaScript
  3. PHPの基礎
  4. WordPress
  5. デザインスキル
  6. SEOの知識

この順番通りに勉強を進めることで、Web制作スキルを身につけられるようになります。

手順1、HTML&CSS

まずはじめに勉強する言語はHTML&CSSです。

HTML&CSSとは、WEBページの見た目の部分をつくる言語です。

例えば

文字の色や太さを変えるということや

背景の色を変更してみたり

といった挙動は、すべてHTMLとCSSで実現できます。

そして、HTMLとCSSをしっかり勉強すると、シンプルなWebサイトが作れるようになります。

Web制作の基礎中の基礎になるので、絶対に避けては通れない道です。

手順2、JavaScript

次に勉強する言語は、JavaScript、略してJSです。

JSはWebサイトに動的な部分を実装することができます。

例えば、ボタンをクリックすると画像を切り替えることができます。

この他にも、スクロールに合わせて下からふわっと浮き出るような動作も実装できます。

JavaScriptを使う事で、Webサイトにスマートな動作を実装できることがJSです。

よりレベルの高いWebサイトを作るためには必要なスキルなので、ほぼ必須のスキルと言えるでしょう。

手順3、PHPの基礎

次に勉強する言語はPHPです。

PHPとは、動的なWEBページを実行するために必要な言語です。

JSとの違いは次の通りです。

  • JSは、見た目の部分に変化を起こす
  • PHPは、見えない部分で変化を起こす

それでは、PHPはどのような挙動を実行できるのでしょうか?

代表的な動作は、お問い合わせページなどで見ることができるコンタクトフォームです。

名前や住所などを入力して送信すると、見た目は変わりませんが、個人情報が送信されます。

その他にも、アカウント登録検索機能もPHPで実装することができます。

お問い合わせ機能などはWebサイト制作で必須なので、PHPの基礎をぜひ覚えましょう。

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg

え、PHPの基礎だけでいいの?

はい、Webサイト制作を進める上で、PHPをがっつり勉強する必要はありません。

なぜなら、続いて紹介するWordpessを勉強するからです。

手順4WordPress

WordPressはPHPをベースにして作られたCMSです。

CMSとはコンテンツ管理システムのことで、Webサイトに必要な機能をパッケージングにしてくれているツールです。

WordPressを使うことで、手軽にコンタクトフォームなどを実装することができます。

その他にも、ECサイト(例Amazon)やブログサイトなども簡単に作ることができます。

そして、このWordpressはPHPをベースにして作られるため、カスタマイズのためにPHPの勉強が必要だったのです。

ちなみに、Wordpressは世界のWebサイトの30%に利用されています。

Webサイト制作では必須のスキルになるので、本気でWebサイト制作を勉強したい人は勉強必須です。

手順5、デザインスキル

Webサイト制作で必須ではありませんが、Webデザインも制作できるようになると良いでしょう。

理由として、お仕事の幅が広がり、案件の受注などでも有利になるからです。

Webデザインを勉強するためには以下のスキルが必要になります。

  • illustrator
  • Photoshop
  • XD

特に、最後のXDは簡単にWebサイトのデザインを作れるツールなので、一度触ってみてもいいでしょう。

Adobeという会社が提供しているツールで、7日間の無料トライアル期間が設けられています。

手順6、SEOの知識

最後に、Webサイト制作ではSEOの知識も兼ね揃えていると良いでしょう。

SEOとは、Googleの検索アルゴリズムのことで、検索順位に関わる分野です。

正しくSEO対策を行う事で、Webサイトの表示順位をあげることができます。

SEOスキルは仕事を受けるときにとても役立ちます。

  • Webサイトをつくって採用に力を入れたい
  • Webサイトをつくって商品を売りたい
  • Webサイトをつくって知名度をあげたい

SEOの知識があれば、上記のような要望にもお答えるすることができます。

なぜなら、SEOの力を借りて上位表示させることができるからです。

したがって、Webサイト制作ができるだけでなく、付加価値をつけたい人はSEOをしっかり勉強しましょう。



独学でWeb制作スキルを身につける方法

独学でWebサイト制作スキルを身に付けるのは、2通りの方法があります。

  • Progateで基礎を身につける
  • Udmeyでがっつり勉強する

それぞれ解説していきます。

Progateで基礎を身に着ける

Progateとはプログラミング初学者向けの学習サイトです。

月額980円で学び放題のProgateを利用して、以下の3つの言語を勉強します。

  • HTML&CSS
  • JavaScript
  • PHP

ここまで勉強したらプログラミングの基礎はマスターできたはずです。

次はUdemyでがっつり勉強しましょう。

Udemyでがっつり勉強

Udemyとは、動画でプロウグラミングを学習できるサイトです。

1動画24000円しますが、セール時に買えば1300円で購入できます。

セールは定期的に行われているので、セールの時を狙ってまとめて購入しておきましょう。

具体的に買うべき動画教材については、下記の記事でまとめてあります。

udemyおすすめwordpress UdemyでおすすめのWordPress講座【計3600円】

参考にしつつ購入してみてください。

初心者からWeb制作スキルを身につけるまでに必要な時間

結論からお伝えすると140時間程度でWordpressの基礎学習を終わらせることができます。

そのため、WebデザインやSEOの勉強は、さらに時間がかかるとみて良いでしょう。

WordPressまでの学習に140時間かかる理由は、以下の記事で詳細をご説明させていただいてます。

Wordpressの独学 WordPressでサイト製作ができるようになるための独学の手順

これから勉強を始める方は、ぜひ読んでみてください。

短期間でWebサイト制作ができるようになる方法

短期間でWebサイト制作ができるようになるためには、プログラミングスクールへ通うことが1番の近道です。

WordPressやWebサイトについて勉強できるスクールもあり、挫折する事なく勉強できるでしょう。

オススメはTechAcademyのWordPressコースです。

身につくスキルは次の通りです。

  • WordPressの理解
  • サイト制作における企画・設計・制作・運用の理解
  • HTML/CSS既存WordPressテーマのカスタマイズ
  • プラグインを利用した機能追加
  • PHPの理解とオリジナルWordPressテーマの作成

動画でWordpressについてがっつり勉強できるため、Webサイトを作れるようになりますよ。

興味が出てきたら、一度確認してみてもいいかもしれませんね。

まとめ:Webサイト制作は大変だけど楽しい

Webサイト制作は140時間近く勉強しないと、なかなか作れるようになりません。

ですが、一度作り方を覚えてしまえば簡単ですし、とても楽しい作業です。

お仕事にも有用なスキルなので、ぜひWebサイト制作に挑戦してみてください。