WordPressでサイト製作ができるようになるための独学の手順

Wordpressの独学

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
ぼく

WordPressをつかって製作がしてみたい!

WordPressでサイトの製作ができるようになりたい理由は様々だと思います。

自分でサイトを作りたい、フリーで案件を受注したい、などなど、理由は様々ですよね

ということで今回は、WordPressでサイト製作ができるようになるための独学勉強方法を解説していきます。

WordPressは難しいですが、コツコツ勉強すれば絶対にできるようになる分野です。
一緒に頑張っていきましょう。

WordPressで製作をする理由はなに?

wordpressの独学

先ほど、『Wordpressを勉強する理由は人それぞれ』と書きました。あなたordpressを勉強する理由はなんでしょうか?

WordPressを勉強することは結構大変な作業ですし、独学となると挫折してしまう可能性もあります。

そういった可能性を少しでも低くするために、自分の中で『WordPressを勉強する理由』や『WordPressを使ってやりたいこと』などを明確にしておきましょう。

私の思いつく、Wordpress製作をやりたい理由を書いてみたので、参考にしてみてください。

などなど、たくさんあると思います。

wordpressで稼げる理由やフリーランスに向いている理由について解説した記事をおいておきます。

もし、私と同じようにwordpressの製作でフリーランスになりたいのであれば、一読してみてください。

wordpressがフリーランスと相性がいいことをわかっていただけると思います。

WordPress案件を獲得するために必要なスキルセット

wordpressの独学

まずはWordpressの製作案件を取得するために必要なプログラミングスキルを確認しましょう。

大別すると以下の3つです。

よくWordpressを勉強法を解説しているサイトで、PHPを学ぶ必要があるといわれていますが、学ぶ必要がありません。

理由として、WordpressはPHPをベースにした独自の関数を使用しているのでPHPを学ぶ必要がないのです。

かなりしっかりとしたwebサイトや特殊な機能を実装したい場合はPHPを学ぶ必要がりますが、よほどのことが勉強する必要はありません。

それでは、具体的にWordpressを独学で勉強する方法をご紹介していきます。

WordPress製作ができるようになるための勉強法

wordpressの独学

WordPressを勉強するためのステップを簡単に確認しましょう

WordPress勉強の手順

以上の4ステップになります。詳しくみていきましょう。

Progateで地盤固め

プログラミングを独学ではじめる全てのひとが一度は通るであろうProgate

Progateとは、初学者向けのプログラミング学習サービスで、月額980円でプログラミングの基礎を学べます。

プログラミングの学習を進めると、レベルが上がっていき、ゲーム感覚で楽しめます。
私もレベル 180以上になるまでやり込んでしまいました。

しかし、結論から言ってしまうと、Progateをやりこむ必要はなく、以下のコースをさわればOKです。

この二つのコースを1周ずつやればOKです。

Proagteについて既に知っているという方はいいですが、Progateを知らなかった方や効率的に学びたい方は『有料版Progateをレベル180までやり続けて得れたものとは?』を読んでから作業に入ってみてください。

自分で静的サイトを作ってみる

次のステップはProgateで勉強したスキルを使って簡単なwebサイトを作ってみましょう。

Progateでは実際にwebサイトを作りながら勉強します。
そのため、Progateをクリアできれば、webページを作れるスキルは身についているはずです。

ただ、必要なのはプログラミングのコードを書くためのコードを用意する必要があるということです。

ただ、用意するのはエディターというコードを書くアプリを用意する必要があることです。

オススメのエディターはVScodeで、ダウンロードしてみてください。

作ってみるサイトはProgateで作ったサイトを参考にして作ってみるといいでしょう。

このように、既存のサイトを参考にしてサイトを作る勉強方法を写経と言います。


写経に関するメリットや、勉強法については『プログラミングにおいて写経するのは最高な勉強法である理由』を参考にしてみてください。

WordPressを勉強する方法

それでは、ここからが重要です。WordPressについて勉強をしていきましょう。

WordPressを独学で勉強するときは、絶対にUdemyという動画教材販売サイトで動画教材を購入しましょう。

WordPressの勉強法はWeb常に転がっていますし、情報もたくさんあります。
しかし、以下の理由から絶対にオススメできません。

といった理由で、効率的に勉強するという点に関しては非常に質が悪いです。

ということで、Udemyで教材を購入して勉強しましょう。

私自身もUdemyでプログラミングに関する教材を購入しているので、安心安全です。

といっても、ご紹介するWordpressの教材は1つで、『WordPress Theme Development with Bootstrap』というコースです。

全て英語で、すこし情報が古いという2点の弱点を除けば最高の独学教材です。

基本的にこのコースを終わらせることができれば、Wordpressのサイトは自分作れるようになるでしょう。

WordPressのサイトをじぶんでつくってみる

最後のステップは、Wordpressでサイトを自分で作ってみるという作業です。

私の場合は、先ほどの動画教材を終わらせたあとに『れむうぇぶ』というポートフォリオサイトを製作しました。

さすがにここまでくれば自分でサイトを作ることもできるようになっていると思うので、自分でサイトを作ってみてください。

また、この自作のサイトを作るときに一つだけ注意をするひつようがあります。

それは、『Wordpress関数が現在も使われているかチェックする』ということをする必要があります。

先ほど紹介した動画は少し古い動画なので、現在ではつかわれない関数が使われています。

そのため、現在つかわれている関数を確認するため、自作サイトをつくりながらこの関数を学んでいきましょう。

WordPress製作ができるようになるまでの勉強時間

wordpressの独学

最後にWordpressの製作にかかる時間を解説させていただきます。

結論から言うとトータルで140時間くらいです。

内訳は以下の通りです。

合計、およそ140時間本気で勉強すればWordpresを使ったサイトは作れるようになります。

こちらの時間は2つの要素をベースに算出しています。
1つは各教材の公式発表を参考にしています。

各教材は、教材を終わらせるために必要な時間を発表しているので、その情報を元にしてます。

もう一つは、私自身の体験談です。

こちらの勉強方法は、自分がwordpress製作で月に5万円以上を稼げるようになった時の体験談をベースにしています。

そのため、自分が実際にかかった時間を元にして、この時間を算出できるわけですね。

より詳しい算出内容や、私のプログラミングスキルがどのくらいあったのかについても解説しています。
興味がある方は、以下の記事を読んでください!

ここまでくれば、自分の好きなサイトを製作するもよし、仕事を受注するもよしなので、目標達成です。

まとめ:Wordpessは140時間ガチ勉強すればだいたい目標達成できる

いかがでしたか?

今回ご紹介した勉強方法を正確に再現していけばおよそ140時間でWebサイトを作れるようになります。

140時間という時間は長いので挫折しやすいですが、コツコツ努力を重ねることが目標達成のための重要なことです。

文系の私にもできたことです。
一緒にがんばりましょう!