UdemyでおすすめのWordPress講座【計3600円】

udemyおすすめwordpress

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
  • WordPressを安価に勉強したい
  • UdemyのおすすめWordpress講座を知りたい
  • WordPressは結局何を勉強したらいいの?

こんな疑問に答えます。

WordPressはWeb制作の必須スキルですが、いまいち勉強法が確立されていません。

ですが、Udemyという動画学習サイトを使えば、4000円でWordpressの全てを学習できます。

事実、時給が3000円くらいの副業Webエンジニアの私も、UdemyでWordpressを学習しました。

本記事では、UdemyでWordpressを勉強する方向けに、おすすめのWordpress講座をご紹介いたします。

記事を読み終える頃には、Wordpressを勉強できる手順をマスターできています。

WordPressを勉強する上で必要なスキル

まずはじめに、Web制作の案件で使うWordpressのスキルを整理しましょう。

WordPressの案件は、以下の4つに分類できます。

  • Webサイト・ブログサイト
  • ECサイト
  • 会員サイト
  • 掲示板サイト

それぞれの特徴や必要性ついて、踏み込んで説明していきます。

スキル1:Webサイト・ブログサイト

WordPressの導入事例において、もっともポピュラーなスキルがWebサイト制作です。

WordPressを使うことで、会社サイトや販売促進のWebサイト(ランディングページ)を手軽に制作できるからです。

Webサイト制作の案件の中で最も基本的なものであると同時に、最も案件数が多いです。

従って、Wordpressでお金を稼ぎたい場合は、必ずWebサイト制作ができるようになる必要がありますね。

同時に、Wordpressでもっとも難易度が低い分野なので、Wordpress初心者にもおすすめです。

スキル2:ECサイト

WordPressを使ったECサイトの需要も依然として存在しています。

ECサイトとは、商品をネット上で販売するサイトのことで、Amazonを思い浮かべていただければOKです。

WordPressを利用したECサイトは以下の理由から、人気があります。

  • マージン料金が取られない
  • 自社サイトと結びつけやすい

特に、マージン料問題が大きく、AmzaonやBaseなどで物販をして仲介料が取られることを嫌がる方は多いです。

従って、Wordpressを使ったECサイトは一定の需要があります。

その一方で、Wordpressを使ったECサイトにはセキュリティなどのデメリットも存在しています。

具体的なWordpressのECサイトの評価については、次の記事を御覧ください。(準備中)

スキル3:会員サイト

WordPressを使うことで、会員サイトを制作することも可能です。

  • ファンコミュニティ
  • 会員限定サービス提供
  • 会員限定の情報提供

などなど、多様な場面で会員サイトは利用できます。

会員サイトの需要は大きく、多くのサービス運営者が導入を検討しています。

一方で、会員サイトを実装できるWebエンジニアは数少ないため、会員サイトを作れるようになれば、大きなアドバンテージになります。

スキル4:掲示板サイト

WordPressを使うことで、掲示板サイトを作ることもできます。

掲示板サイトとは、社内で知識や情報を共有するためのサイトです。

決して2チャンネルなどでは無いので勘違いしないようにしましょう。ブログサイトに近いのが2チャンネルです。

掲示板サイトは、会社を経営している方や個人事業主に特に需要があります。

そのため、掲示板サイトの依頼は美味しい案件が多く、お金になりやすいことも特徴です。

UdemyでWordpress講座を購入する際の注意点

UdemyでWordpress講座を購入する場合は、以下の2点に気をつけましょう。

  • セール時に購入しないと値段が高い
  • WordPress講座は基本的に英語で行われる

それぞれ解説していきます。

Udemyではセール時に講座を購入する

まず、Udemyはセール時に講座を購入しないととっても高いです。

基本的な講座の値段は24000円程度に設定されています。

しかし、セール時では95%近く値引きされるため、1200円〜1500円で購入することができます。

セールになっているUdemyのWordpress講座
セールのUdemy講座

値引きのパーセンテージはセールによって異なり、大型セールであれば1200円、普通のセールなら1500円で購入になります。

セールの頻度は、月に3・4回おこなわれ、1回あたりのセールで3日程度開催されます。

実質、月に10日間くらいはセールが行われているイメージです。

そのため、セールの期間にまとめて講座を購入する方法が最も良いでしょう。

UdemyのWordpress講座は英語

UdemyでWordpressの講座を購入する場合は、基本的に英語となります。

というより、日本語で開講されているWordpress講座の種類と質がなさすぎて、おすすめできないからです。

英語ができないという方でも、UdemyでWordpressを勉強する上では問題ありません。

なぜなら、講座では、先生のコードを見ながら勉強するため、コードの各順番さえ理解できれば問題ないからです。

英語はあくまで補助的な部分であるため、英語ができない・苦手な人でも、スムーズに受講できますよ。


それでは、おすすめのWordpress講座をご紹介していきますね。

Wordprssに必要なスキル毎に、おすすめ講座をご紹介させていただこうと思います。

紹介する順番は次のとおりです。

  • ブログ・Webサイト
  • ECサイト
  • 会員サイト
  • 掲示板サイト

それぞれご紹介していきます。

ブログサイトを作れるWordPressの講座

ブログサイトを作るWordpress講座でおすすめなのは、『wordpress theme development with bootstrap』という講座です。

講座の内容は、BootstrapとWordpressを使って、効率的にブログサイトを制作する方法となっています。

私が、この講座をおすすめする理由は以下の2つです。

  • BootstrapとWordpressを基礎から学習できる
  • プロが現場で使用する効率的な開発術を体得できる

Bootstrapとは、HTML&CSSのフレームワークのことで、効率的にコードを記述することができます。

そのため、講座を修了させることで、超効率的な制作スキルを身につけることができます。

加えて、プロのWebエンジニアが実際に利用している時間短縮術を学ぶことができます。

効率的なコードだけではなく、記述のテクニックやおすすめのエディターなど、幅広く学習できます。

従って、Webサイト制作の基礎を学べるだけではなく、超効率的に作業を進める方法も学べる講座だと言えます。

講座の一部は無料で視聴することができますので、ぜひ参照してみてください。

ECサイトを作れるWordpressの講座

ECサイトを作れるWordpressの講座でおすすめなのは、『WordPress E-commerce: Build Two Stores and a Membership Site』です。

講座の内容は、WoocommerceというWordpressの拡張機能(プラグイン)を利用して、ECサイトを販売する方法を解説しています。

私が、この講座をおすすめする理由は以下の2つです。

  • 決済機能を実装できるようになる
  • ECサイトの全てを包括的に学べる(後述)

決済機能を一から実装しようとするととても難易度が高いです。

なぜなら、クレジットカードなどのセキュリティ面が厳しく要求されるからです。

また、決算機能では、クレジット機能やpaypalなどの幅広く対応する必要があります。

そのため、非常に難しい事を学習しないといけないのですが、当講座では超わかりやすく解説していただけています。

また、無料で公開されている別講座を参照することで、より深く学習することができます。

具体的には、無料講座として『StripeとWooCommerceでクレジットカード決済を導入する方法』が公開されているので、あわせて利用しましょう。

このような2つの講座を利用することで、Woocommerceを全てを学び、ECサイトを構築できるようになります。

無料で講座の一部を確認できるため、一緒に確認してみてください。

会員サイトを作れるWordpressの講座

会員サイトを制作できる講座でおすすめなのが、『The Ultimate WordPress Boot Camp Course – Build 10 Websites』という講座です。

当講座は20時間を超える大容量な講義となっていますが、多くのレクチャーが収録されています。

そのうちの一つに、会員サイトの作り方が提供されています。

私がこの講座をおすすめする理由は次の2つです。

  • シンプルな会員サイトを実装することができる
  • 会員サイトに必要なプラグインを学べる

講義の一番の強みは、シンプルな会員サイトを実装できる点にあります。

実は、ECサイトなどでも会員機能って求められます。

AmazonであればAmazonアカウントが該当しますね。

一方で、このようなECサイトの会員機能は、あくまで『物販機能に付随した会員機能』となります。

したがって、ファンサイトなど、会員機能を主軸に据えたWebサイトを作りたい場合に対応できません。

物販という余計な機能までくっつけてしまうことになるからです。

したがって、シンプルな会員サイトだけを作る方法をあえて学習することが、案件受注の幅を広げることに繋がります。

無料で会員サイトのプレビューも見れる、ぜひとも参照してみてください。

掲示板サイトを作れるWordpressの講座

掲示板サイトを作る場合、おすすめの講義は『The Ultimate WordPress Boot Camp Course – Build 10 Websites』です。

実は、先程ご紹介した講座と同じものです。

繰り返しになりますが、当講座は20時間の大容量で、たくさんのレクチャーが収録されています。

そのうちの一つの講座がWordpressで掲示板を作るというレクチャーです。

私がこの講座をおすすめする理由は次のとおりです。

  • bbpressという掲示板プラグインを学習できる
  • 社内向けのデザインを学べる

WordPressの掲示板の中で、最も有名で人気のプラグインであるbbpressを使えます。

bbpressは日本語の資料も数多いため、カスタマイズ性が高いです。

したがって、講座で学んだあとに日本語ドキュメントを参照することで、よりレベルの高い学習をすることができます。

加えて、法人向けのデザインも学ぶことができます。

掲示板サイトの案件で最も多いのは、会社や個人事業主たちです。

そのため、社内向けのデザインと機能が必須であるため、当講座はぴったりだと言えます。

Udemyでは、無料でプレビューも見れる、ぜひとも参照してみてください。

まとめ:WordpressはUdemyで学習しよう

Udemyには、Wordpressの全てを学べる授業が用意されています。

  • ブログサイト、Webサイト
  • ECサイト
  • 会員サイト
  • 掲示板サイト

上記4項目を、たった3つの講座で学習することができます。

セール時に口座を購入すれば、一つ1200円で購入できるため、3つ買っても3600円です。

非常に安い値段でWordpressを学習できます。

一方で、お金に多少余裕がある人は、プログラミングスクールに通って、スキルを身につけることもおすすめします。

WordPress以上に高単価の案件を受注できるため、余裕のある生活を実現できます。

おすすめのスクールはTechBoostで、Wordpressの元となっているPHPという言語を学べます。

エンジニアとして高収入を実現する第一歩として、無料体験会に参加してみてください。