YouTubeの#ハッシュタグを使いこなす方法【実例あり】

YouTubeのハッシュタグ

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
  • YouTubeのハッシュタグはなんのためにあるの?
  • YouTubeハッシュタグの効果的な使い方について知りたい

こんな疑問に答えます。

YouTubeでハッシュタグってどのように使えば、どんな意味があるか知っていますか?

実は、YouTubeハッシュタグは再生回数を増やす一つの手法です。

本記事では、YouTubeハッシュタグの基本的な使い方と効果について、実例を踏まえて解説します。

記事を読み終える頃には、YouTubeハッシュタグを使いこなせるようなっていますよ。

ハッシュタグとは何なのか?

まずは、ハッシュタグの定義と、具体的な効果について確認します。

ハッシュタグとは、SNS上で使われる#(ハッシュマーク)+キーワードによって作られるタグです。

YouTubeとハッシュタグ

タグ化されることによって、ユーザーは次のようなメリットを受けられます。

  • キーワードに関連する投稿を検索しやすくなる
  • 関心の似たユーザー同士で繋がりやすくなる

このようなメリットは、ハッシュタグ検索が主流のインスタグラムやTwtterなどで大きな力を発揮します。

もちろん、動画SNSのYouTubeでも同じような使い方ができます。

YouTubeでハッシュタグをつけて再生回数増加を狙える

YouTubeでも、上手にハッシュタグを設定することで、動画がユーザーに視聴されやすくなります。

再生回数の増加が見込まれる主な流入経由は次の3つです。

  • チャンネル動画を見てもらいやすくなる
  • 流行やコンテンツ力に便乗できる
  • 視聴者のリピートを見込める

上記3つを踏み込んで解説します。

チャンネル動画を見てもらいやすくなる

YouTubeにハッシュタグを設定することで、チャンネル内の動画が視聴されさすくなります。

理由として、ハッシュタグで検索されると、チャンネルに関する動画を表示してくれるからです。

具体例として、ラファエルチャンネル(登録者数150万人超え)を例に出します。

前提ですが、ラファエルチャンネルは、動画に#ラファエルというハッシュタグを必ず設定します。

その上で、#ラファエルと検索してみましょう。

YouTubeでハッシュタグ検索した場合

ラファエルに関連するチャンネル、最新動画、関連動画が一覧で表示されました。

したがって、視聴者も興味のある動画を見つけやすくなり、再生回数向上が見込まれます。

流行やコンテンツ力に便乗できる

動画に設定するハッシュタグ次第では、流行やコンテンツ力に便乗できます。

2020年4月現在、ハッシュタグで検索をかけると、予測変換は次のように表示されます。

YouTubeでハッシュタグ検索した検索候補

今回は、#家で過ごそう #asmrについてご紹介します。

#うちで過ごそう

#うちで過ごそうは、2020年3月から日本で大流行している、新型コロナウイルスの影響で生まれたハッシュタグです。

新型コロナウイルスについては、数ヶ月に渡って連日報道され、日本政府が外出自粛要請を出しました。

それに伴って、家にのころうという意味の #うちで過ごそう が生まれました。

このような、トレンドなハッシュタグは多くの人に検索され、アクセス数が急増します。

そのため、検索されやすいハッシュタグの力を借りることで、動画視聴されさすくなります。

#asmr

asmrとは、耳に心地のよい音声が流れる動画コンテンツのことを指します。

具体的には、サクサクの衣の天ぷらを食べる音や、包丁で野菜を切る音などです。

asmrはコンテンツとして大きな力を持っており、多くの人が一日に検索します。

そのため、検索されるハッシュタグを利用して、動画のアクセスアップが狙えます。

視聴者が動画を覚えやすくなる【リピータ化】

ハッシュタグは、とても印象に残りやすいメッセージです。理由は2つあります。

  • 検索ワードと結びついている
  • 色が青色

たとえば、Hikakinさんの動画投稿を確認してみましょう。

YouTube動画ハッシュタグの表示場所

このハッシュタグは、動画に関連している検索キーワードです。

加えて、ハッシュタグだけが唯一青色なので、目立つことがわかります。

したがって、キーワードは動画と結び付けられて覚えられ、ふとした時に再度視聴されたり、紹介されやすくなります。

YouTubeハッシュタグの数は3以上15以下

YouTubeに設定できるハッシュタグの数は15以下と定めれています。

そして、タイトル画面の上に表示されるハッシュタグは3個までです。

仮に15個設定した場合は、最初に設定した3個がタイトル上に表示されます。

残りの12個は、概要欄下部に表示されます。

具体例として、 オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。 というチャンネル(登録者数25万人超え)を見てみます。

当チャンネルではハッシュタグが5個設定されており、3つはタイトル上に表示されています。

YouTubeでハッシュタグがタイトルの上に表示される

残りのハッシュタグは、概要欄の下部に表示されます。

YouTubeでハッシュタグが概要欄に表示される

したがって、重要なハッシュタグを冒頭3つに設定することが良いでしょう。

備考ですが、タイトル欄にハッシュタグを入れた場合は、タイトルの上にハッシュタグが表示されなくなります。

YouTubeの動画にハッシュタグを設定する方法

YouTubeの投稿した動画にハッシュタグを付ける方法はとてもシンプルです。

動画をアップロードする際に、タイトルまたは説明の欄にハッシュタグを設定すれば完了します。

タイトルと説明欄にあるハッシュタグがハイパーリンク(クリックで検索できる機能)化され、青色へ変わります。

私のオススメは、動画の概要欄にのみハッシュタグを入れる方法です。

理由は次のとおりです。

  • YouTubaはハッシュタグ検索が主流ではない
  • タイトルに1つのタグ≪タイトル上に3つのタグ

YouTubeはハッシュタグ検索が主流ではないため、ハッシュタグ検索を促進されるタイトル命名は不適切です。

タイトル部分にはハッシュタグを入れるよりも、より効果的な使い方があります。

【YouTube】視聴者を惹きつけるタイトルのルール【参考あり】

また、タイトルに表示するよりも、タイトル上に3つのキーワードが表示されたほうが、視聴者の情報量が多くなり、覚えてもらいやすくなります。

思い出すきっかけのトリガーを多く与えられるため、概要欄にのみハッシュタグを入れましょう。

YouTubeハッシュタグの書き方

YouTubeにハッシュタグをつけるときは、以下の点に注意しましょう。

  • スペースを入れない
  • ガイドラインに違反しない
  • 嘘のハッシュタグをつけない

それぞれ解説をします。

スペースを入れない

ハッシュタグにはスペースを入れることはやめましょう。

ハッシュタグの間にスペースを入れると、別のタグとして認識されてしまうからです。

具体例として、 #ハッシュタグ は問題ないですが、#ハッシュ タグ では、別のハッシュタグとして認識されます。

ガイドラインに違反しない

ハッシュタグはYouTubeガイドラインに違反しないようにします。

ガイドラインは次のとおりです。

  • 性的なコンテンツ
  • ヘイトスピーチ
  • 下品な内容

上記の3つに当てはまらないように、ハッシュタグを設定しましょう。

嘘のハッシュタグをつけない

動画の内容と関係ないハッシュタグを設定することも禁止されています。

もし動画と関係のないハッシュタグを設定すると、動画が削除される可能性があるからです。

効果的なYouTubeハッシュタグの設定方法

効果的なYouTubeハッシュタグは、オリジナルのハッシュタグを設定するか、ビッグキーワードを設定しましょう。

すでに紹介しましたが、オリジナルハッシュタグは#ラファエル、ビッグキーワードは#asmrのような感じです。

それでは、ご紹介をしていきます。

チャンネルと関連するキーワードを設定する

チャンネルと関連のあるオリジナルハッシュタグを設定しましょう。

オリジナルのハッシュタグを設定することで、関連動画をたくさん視聴してもらえるからです。

YouTubeのチャンネルが成長しているほど効果的だといえます。

オリジナルハッシュタグを使う候補名は限られています。

  • チャンネル名
  • 登場人物名
  • シリーズ名

これらの要素をハッシュタグに利用しましょう。

ビッグキーワードを設定する

ビッグキーワードを利用することで、チャンネル登録者数が少なくても再生回数を伸ばせます。

ビックキーワードとは、たくさん検索されているキーワードのことです。

人気コンテンツの力を借りて、再生回数を伸ばすことができます。

キーワードをピックアップする方法についても解説しているので、ぜひハッシュタグ設定にご活用ください。

youtubeのキーワード選定 YouTubeはキーワード選びが大切【検索で上位表示を狙う】

まとめ:YouTubeハッシュタグで再生回数を伸ばそう

YouTubeでハッシュタグを設定することで再生回数を伸ばせます。

ハッシュタグは、オリジナルやビッグキーワード、トレンドなキーワードを設定しましょう。

また、ハッシュタグ以外で再生回数を伸ばす方法に、YouTubeSEOがあります。

YouTubeSEOとは再生回数を伸ばすためにできる施策のことです。

YouTubeSEOについての全てをまとめた記事もあるので、ぜひ読んでみてください。

YouTubeSEO対策まとめ 【最新版】YouTubeのSEO対策の総まとめ【16種類】