YouTubeはキーワード選びが大切【検索で上位表示を狙う】

youtubeのキーワード選定

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
  • YouTubeで再生回数を増やしたい
  • 検索画面で表示されるようになりたい
  • YouTubeのキーワード選定のやり方を知りたい

こんな疑問に答えます。

YouTubeの再生回数や検索表示に大きく関わっているのが、キーワードという概念です。

YouTubeで検索されているキーワードを選定して利用することで、動画の再生回数を向上させることができます。

一例ですが、Googleの検索では、1ページ目に表示れた検索内容がクリックされる確率は、全体の52%になるそうです。

同様に、YouTubeの検索画面で上位表示することができれば、再生回数が期待できます。

本記事では、YouTube上位表示に必要な不可欠の知識であるキーワードと選定方法を解説します。

記事を読み終える頃には、YouTubeキーワードを使用して、検索上位を実現できるようになっています。

YouTubeのキーワードとはなんなのか?

結論を先に述べると、YouTubeのキーワードとは、YouTube上で検索するときのキーワードのことです。

欲しい情報を検索するときに、キーワードをYouTubeやGoogleの検索タブに入力すると思います。

例えば、最新のイヤホンについて知りたいときは、「イヤホン 最新」と検索するはずです。

YouTubeでキーワードにイヤホン、最新と指定して検索した検索画面
YouTubeの「イヤホン 最新」

この場合、YouTubeのキーワードは「イヤホン 最新」となります。

2つ検索キーワードが使われていますが、2つで1つの検索キーワードと考えてください。

例えば、「イヤホン」だけで検索した場合は、1語で1キーワード。

「イヤホン 最新 2月」と検索した場合は3語ですが、1キーワードとなります。

YouTubeキーワードの数え方

このように、キーワードと検索語数は関係ないことに注意しておきましょう。

YouTubeでキーワードが大切な理由

YouTubeで検索キーワードが重要な理由は、YouTubeアルゴリズムが検索順位を決定するときに利用するからです。

まず、YouTubeアルゴリズムとは、動画の情報を自動で解析して、検索順位を決定するプログラムです。

YouTubeアルゴリズムが動画解析をする際、動画情報中のキーワード含有量をチェックしていると言われています。

例えば、「イヤホン 最新」と検索した際に、トップ表示されている動画のタイトルをみてください。

YouTubeでキーワードにイヤホン、最新と指定して検索した検索画面
YouTubeの「イヤホン 最新」

トップ表示されているタイトルは、『【このイヤホン、過去最高。】AVIOTの最新完全ワイヤレスイヤホン「TE-BD21f」がガチで最高すぎる【レビュー】』と書いてあります。

逆に、2番目以下に表示される動画のタイトルには、「イヤホン」というワードは使われているものの、「最新」というワードは使われていません。

つまり、検索キーワードがタイトルに含まれている動画が、検索画面で上位表示されています。

同様に、概要欄やチャンネル名にも検索ワードが使われていると、上位表示を狙いやすくなります。

検索キーワードを含めるべき項目については、以下の記事でチェックすることができます。

YouTubeSEO対策まとめ 【最新版】YouTubeのSEO対策の総まとめ【16種類】

キーワード選定は動画作成の前に済ましておく理由

動画のキーワードを選出することは、動画制作の前段階で行っておきましょう。

なぜなら、選定したキーワードを元にして動画を制作する必要があるからです。

いくつかの失敗例を考えてみましょう。

失敗例① 動画とキーワードに整合性がない

もし、キーワード選定を行わずに動画を制作し、動画完成後にYouTubeSEO対策を行おうとしたとします。

ですが、動画を元にしてキーワードを探すため、動画にふさわしいキーワードが見つからない可能性があります。

その結果、整合性を取るために撮り直しになる可能性があります。

また、動画とキーワードの整合性が取れないままYouTubeSEO対策を実施したとします。

その結果、YouTube側からスパム行為とみなされて、アカウント停止や動画の削除される可能性があります。

したがって、動画撮影の前に、キーワードを選定する必要があります。

失敗例② 検索されない動画になる可能性を排除できる

また、キーワードを意識した動画制作を行わないと、全く再生されない動画が出来上がります。

特に動画を始めたての頃は登録者数も少ないため、再生回数が見込まれません。

そのため、YouTubeSEO対策による上位表示で再生回数を稼ぐことが考えられます。

つまり、事前にキーワードを調べておくことで、SEO対策をしやすい動画を制作できます。

さらに、キーワードを元に動画を制作してSEO対策を行うことで、上位表示と高い再生回数を期待できます。

したがって、動画制作を始める前に、YouTubeSEO対策を行いましょう。

正しい動画制作の手順

つまり、動画制作の流れのなかで、キーワード選定が一番はじめに来ると言えます。

検索されているキーワードを選出する
キーワードを元に動画制作をする
キーワードを使いSEO対策を実施
動画の完成

動画制作の基礎となるキーワードの選定方法について確認していきましょう。

YouTubeのキーワード選定ツール3選【使い方あり】

それでは、具体的な検索キーワードを選定する方法についてご紹介します。

検索キーワードの選定ツールを全て使う必要がなく、自分にあった検索ツールを使用すればいいともいます。

手軽さや情報量などで、特徴別にそれぞれご紹介します。

YouTubeオートコンプリート機能

主だった特徴は以下の通り

  • 無料で使うことができる
  • YouTube標準機能なので手軽に使える
  • 情報量としては物足りない

まずは、無料で手軽に利用できる、YouTubeオートコンプリート機能について解説します。

オートコンプリート機能とは、検索時に他のキーワードを提案してくれる機能です。

たとえば、YouTube上で「サッカー」と検索したとします。

すると、YouTube側が予測をして、候補となるキーワードを提案してくれます。

YouTubeのオートコンプリート機能
  • サッカー スーパープレイ
  • サッカーキング
  • サッカースパイク
  • (以下略)

これらが、オートコンプリート機能で提案されたキーワードになります。

提案されるキーワードは、YouTube上で比較的多く検索されているフレーズになります。

したがって、これらのキーワードに関連する動画を投稿し、タイトルや概要にキーワードを含めれば、多くの再生回数を見込めます。

思いつくタイトル候補としては、以下のような例が思いつくと思います。

  • サッカーの歴史に残る。何度も見たいスーパープレイ
  • サッカーキング:チャンネル名なので無考慮
  • ドリブルが上手くなる!?Nikeのサッカースパイクを履いてみた

などでしょうか?

YouTubeオートコンプリート機能で提案されたキーワードを使った、動画タイトルをつけてみました。

手軽にキーワードを見つけられて便利な一方で、他のツールと比較すると情報量が少ないです。

したがって、YouTubeを始めたばかりで余裕がない人以外は、次に紹介するツールを使用しましょう。

Keywords Generator 【一番おすすめ】

次は、一番おすすめのYouTubeキーワード検索ツールKeywords Generatorです。

主な機能は以下の通りです。

  • 無料(一部有料)
  • ログインいらずで、シンプルかつ使いやすい
  • YouTube上でのキーワード・検索量を教えてくれる

Keywords Generatorとは、Ahrefsというツールの機能の一つで、YouTubeキーワードのデータを入手することができます。

使い方は簡単です。

Keywords Generatorにアクセスする

KeywordsGeneratorのリンクからページへジャンプしてください。

キーワードと地域を設定して検索する。

具体例として、「サッカー」というキーワードで、地域は日本を選択しました。

Keywords Generatorの検索画面
キーワードと検索量が一覧表示される

サッカーに関係するキーワードと、どのくらい検索されているのかを確認することができます。

Keywords Generatorの検索結果

あとは、動画制作をしましょう。

Keywords Generatorの良いところは、キーワードだけではなく、検索ボリュームを確認できることです。

検索ボリュームが大きいキーワードを含んだ動画を上位表示することができれば、大きない再生回数を期待することができます。

検索されているキーワードを軸にそえた動画制作しつつ、タイトルや動画概要にキーワードを含めて動画制作しましょう。

Keyword Tool

最後にご紹介するKeyword Toolの特徴は次の通り。

  • 有料(一部無料)
  • 一番シンプル
  • 検索キーワードの情報量が多い

Keyword Toolは基本的に有料サービスですが、重要な情報がたくさん詰まっています。

Keyword Toolにアクセスする

Keyword Toolのリンクからページに飛びます。

キーワードと地域を設定して検索する

具体例として、「サッカー」というキーワードで、言語は日本語を選択しました。

Keywords Toolの検索画面
キーワードと様々な情報が表示される

サッカーに関係するキーワードと様々な情報が表示されます。

Keywords Toolの検索結果

表示される情報は以下の通りです。

  • キーワード
  • 検索ボリューム
  • Trend(トレンド。1年前とどのくらい検索量が増えているか)
  • CPC(上位表示での1回分の広告料予測)
  • Competition(競合性。ライバル動画がどのくらいあるか)

以上のデータを踏まえつつ、動画制作をしましょう。

動画制作の狙い目は、検索数が多く競合が少ないキーワードです。

今回だと、サッカースパイクが検索数も多く、競合も少ないので狙い目ということがわかります。
*サッカーキングはチャンネル名です。

ですが、課金をしないと全ての検索キーワードが表示されないので、ほぼ有料と言えるでしょう。

月額$99ですが、年間購入で月額$79に値下げされます。

個人的には、金銭的に余裕がある場合のみKeyword Toolを導入すれば良いと思います。

基本的なキーワード検索はkeywords Generatorでも選出できるため、動画制作やSEO対策で困ることはないからです。

自分のスキルや目指すべきところ、お財布事情と相談しながら導入するのが良いでしょう。

まとめ:検索上位表示はキーワード選定が鍵となる

YouTubeで動画の上位表示を実現するためには、キーワードを選定することが重要です。

ご紹介した3つのツールで最適なものを選びながら、キーワード選定を行いましょう。

もちろん、キーワード選定で満足するのではなく、キーワードをテーマに添えた動画を制作します。

そして、タイトルや動画概要欄にキーワードを入れ込んで、上位表示されるような動画制作に励みましょう。

キーワードを動画情報に入れ込んで、検索上位表示を目指すことをSEO対策と言い、再生回数を目指す上では必須の知識となります。

YouTubeSEO対策や具体的な手順は下記の記事でまとめています。

YouTubeSEO対策まとめ 【最新版】YouTubeのSEO対策の総まとめ【16種類】

あわせてご覧ください。