【最新版】YouTubeのSEO対策の総まとめ【16種類】

YouTubeSEO対策まとめ

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
  • 動画の再生回数を伸ばしたい
  • 動画の収益を伸ばしたい
  • YouTubeのSEO対策について知りたい

こんな疑問に答えます。

YouTubeに投稿した動画の再生数が低かったり、バズることがなく困っているケースも多いはず。

ですが、YouTubeのSEO対策をすることで、動画の再生数を大きく伸ばすことができます。

本記事では、YouTubeのSEOの基本的な解説と、具体的なYouTubeSEO対策方法を解説をします。

本記事を読み終える頃には、YouTubeのSEOを完全に理解して、再生回数を伸ばせるようになっています。

なぜYouTubeSEOは必要なのか

YouTubeSEOとは、YouTubeで検索された時に、動画が表示されやすくする施策を指します。

現在、YouTube上に多くの動画が投稿され、YouTubeはレッドオーシャンになっています。

YouTube公式によると、毎秒300時間の動画が投稿されているそうです。

そして、大量の動画はYouTubeアルゴリズムによって自動解析され、トップページや関連動画に自動で割り当てられます。

YouTubeアルゴリズムは機械なので、動画に設定された情報を元に解析をします。

この作業を逆手に取り、アルゴリズムに最適な設定をすることで、意図的に動画を上位表示させたり、関連動画に組み込ませることができます。

つまり、YouTubeアルゴリズムを最適化し、再生回数向上を目指す作業がYouTubeSEOです。

YouTubeSEO対策をすることで、動画の再生回数を伸ばし、マーケティングや動画広告収入を増益させることができます。

YouTubeSEO対策の必要性を理解していただいたところで、具体的な対策方法を解説していきます。

YouTubeSEOの施策【チャンネル編】

それでは、YouTubeチャンネルに設定できる、YouTubeSEO対策6つをご紹介いたします。

YouTubeチャンネルを整えることは、動画の投稿主の信憑性や、快適な視聴を促します。

その結果、視聴者とSEOに良い効果をもたらし、再生回数の向上や、動画の上位表示が実現できます。

それでは、具体的な施策をご紹介します。

チャンネル名をテーマに則した名前にする

まずは、動画のチャンネルに動画のテーマや検索キーワードを入れ込む手法です。

検索キーワードがわからない方は、下記の記事をお読みください。

youtubeのキーワード選定 YouTubeはキーワード選びが大切【検索で上位表示を狙う】

チャンネル名にキーワードやテーマを入れ込むことで、YouTubeのアルゴリズムに「このチャンネルで投稿している動画のテーマ」を伝えることができます。

その結果、YouTubeが動画の内容を認識し、関連動画や検索結果に表示しやすくすることができます。

例えば、「脱毛」とYouTube上で検索した事例をみてみましょう。

YouTubeで脱毛と検索した時の検索結果
YouTube 2020年2月23日

一番上位に表示されるチャンネルは、脱毛LOVEというチャンネルで、検索キーワードの脱毛がチャンネル名に入っています。

しかも、二番目に表示されているカズチャンネルと比較してみます。

脱毛LOVE カズチャンネル
登録者数 8810人 177万人
投稿日時 2020年1月12日 2020年1月21日
再生回数 8.1万回 20万回
チャンネル名 脱毛の記載あり 脱毛の記載なし

つまり、脱毛というキーワードがチャンネルに入っているだけで、登録者数が少なくて投稿日時が古くても、たくさん再生され、上位表示されることがわかります。

したがって、チャンネル名を投稿する動画に適した内容にすると良いでしょう。

チャンネルアートを設定する

YouTubeのチャンネルアートとは、チャンネルページの上部に表示される画像のことです。

チャンネルアートを設定することで、視聴者の心を掴んだり、チャンネルの信憑性を増加できます。

さらに、画像ファイル名にキーワードを盛り込むことで、動画チャンネルのテーマをアルゴリズムに伝えることができます。

たとえば、筋トレ系YouTuberのチャンネルアートをみてみましょう。

YouTuberのチャンネルアートの画像
ぷろたん日記

チャンネルアートには、鍛え抜かれた背中が写っています。

チャンネルアートのおかげで、チャンネルテーマが一目でわかりますね。

また、期間限定商品やキャンペーンを行う場合も、チャンネルアートを活用して良いでしょう。

チャンネルアートは、視聴者に伝えたいことを効果的に訴求することできます。

チャンネルアイコンを設置する

チャンネルアイコンとは、YouTubeの検索や動画視聴時に、チャンネル目の左隣に表示される画像です。

チャンネルアイコンを設置することで、チャンネル訪問者の記憶に残りやすくなります。

さらに、YouTube側も手が加わっているアカウントであると認識してくれるため、SEO効果が期待できます。

事実、YouTubeのチャンネルアイコンを設定していないチャンネルはありません。

それほど、シンプルながら効果があるということなのでしょう。

デフォルトのままでは、チャンネル名の頭文字が表示されます。

ココナラでは、低価格でチャンネルアイコンを制作してくれるサービスがあります。

YouTubeの顔となる部分なので、ぜひ設定しておきましょう。

動画のセクション分けをおこなう

セクション分けとは、動画を見つけてもらいやすくするためのグループ分けです。

動画が増加すると、視聴者とYouTubeアルゴリズムの両方が、動画を認識しづらくなります。

毎回同じテーマで、同じ構成の動画が投稿されることは少なく、シリーズや異なる話題を扱う場合もあるはずです。

そこで動画を見つけやすくするために、動画をシリーズやテーマごとにセクション分けしてまとめます。

YouTubeのセクション分けの画像
Hikakin TV

このように、動画をカテゴリやテーマごとに仕分けることで、視聴しやすくなる配慮がされています。

さらに、YouTubeアルゴリズムもテーマごとにまとまっているため解析しやすく、SEO対策にもなっています。

チャンネルページの概要にキーワードを入れ込む

チャンネルページの概要タブで、チャンネルの説明を行うことができます。

このチャンネルページには、かならずキーワードを入れ込むようにしましょう。

なぜなら、YouTubeのアルゴリズムがどのようなチャンネルかを判断する上で、大きく関係している箇所だからです。

たとえば、冒頭で紹介した脱毛LOVEチャンネルのチャンネル概要ページをみてみましょう。

脱毛LOBEノチャンネル概要ページのスクリーンショット

「脱毛」というキーワードが3回ほど繰り返されており、強調されていることがわかります。

このように、YouTubeアルゴリズムに、どのようなチャンネルかを認識してもらう上で重要なポイントになります。

チャンネルにとって重要なキーワードを入れ込み、YouTubeSEO対策をしておきましょう。

チャンネルのキーワード設定をおこなう

チャンネルに関連するキーワードをチャンネルキーワードとして設定することができます。

そして、キーワード設定はYouTubeSEOに大きく貢献します。

なぜなら、チャンネル名以外の検索キーワードでユーザーが検索した時に、検索結果に表示されるからです。

たとえば、「占い」でYouTube検索してみましょう。

YouTubeSEO対策した時の、占いでYouTube検索した画面
YouTube

この時、上位表示された全てのアカウントが、「占い」にフォーカスした(=キーワードに占いが入るであろう)チャンネルになっていました。

備考としてですが、以前はYouTubeに関連チャンネルという機能がありました。

キーワード設定は、関連チャンネルに表示されやすくするというYouTubeSEO効果がありましたが、2019年に関連チャンネルは廃止されてしまいました。

しかしながら、いまでもキーワード設定は大きな価値を持ちます。

YouTube Studioの設定>チャンネル/基本情報 の欄から、キーワードを設定してみてください。

YouTubeSEOの施策【動画データ】

続いてはYouTubeに投稿する動画に関するYouTubeSEO対策をご紹介していきます。

動画をごとに細やかな設定をして投稿することで、動画が上位表示されたり、トップページに掲載されやすくなります。

その結果、チャンネルが成長してない段階でも、大きなバズを生むことができます。

それでは、具体的な施策をご紹介していきます。

動画のタイトルに検索キーワードを含める

動画タイトルの付け方は様々ですが、YouTubeSEO的には動画タイトルに検索キーワードを入れ込むべきでしょう。

YouTubeアルゴリズムにとって、タイトルは動画を一言で表したものであり、動画の内容を分析する上で重要な要素になるからです。

事実、YouTubeの検索結果や関連動画に表示する動画の判断は、キーワードの影響がとても大きいです。

たとえば、「脱毛」でYouTube検索してみましょう。

キーワードがYouTubeSEOに与える影響を表した画像

表示されている動画全てに「脱毛」というキーワードが掲載されています。

つまり、検索キーワードを動画タイトルに入れ込むことで、上位表示に大きく寄与することがわかります。

また、関連動画にも大きな影響を与えます。

脱毛の関連動画
脱毛の関連動画

脱毛で動画を視聴した際に、関連動画や次の動画として表示される動画のタイトルには、「脱毛」の文字が見えます。

したがって、動画タイトルに検索キーワードを入れることで、関連動画に表示させやすくすることができます。

また、動画タイトルは視聴者にとっても重要です。

YouTubeの検索画面、関連動画、トップページで視聴者に表示され、再生するかどうかを決定する要因になるからです。

動画の説明文に検索キーワードを含める

動画のタイトルと同様に、説明文に検索キーワードを入れ込むことも、YouTubeSEO対策に有効です。

YouTubeアルゴリズムが動画の内容を解析する上で、重要な要因になるからです。

また、視聴者が動画を選択する上でも大切な情報となります。

スマホ版だと表示されないのですが、PC版だと検索結果に動画説明の一部が表示されます。

タイトルの下の部分に、説明文の冒頭50-70文字が表示されていますね。

YouTube動画の説明欄にキーワードを入れている画像

視聴者が動画を選択する要因になるため、冒頭50文字に魅力的な説明を盛り込んでみましょう。

動画に関連するタグを指定する

動画のタグを指定することで、関連動画に動画を表示させやすくすることができます。

タグの設定は、視聴者に表示されることはありませんが、YouTubeアルゴリズムに大きく影響します。

YouTube Studioの詳細から設定することができるので、10-15個以内でつけるようにしましょう。

設定するタグは、検索キーワードや社名、チャンネル名を利用しましょう。

ほかのチャンネルの動画や、自身の投稿した動画の関連動画として表示されるようになり、再生数の向上が見込まれます。

ただし、タグの設定が多すぎたり、動画と関係のないタグを設定すると、スパム扱いされてしまいます。

動画にハッシュタグを設定する

動画にハッシュタグを指定することで、関連動画への動画表示や、検索されやすくすることができます。

例えば、YouTuberのラファエルさんは、自身の動画に #ラファエル #Raphael というハッシュタグを指定しています。

YouTubeの説明欄にハッシュタグが使われている証拠

その結果、関連動画には #ラファエル #Raphael と設定された動画が表示されるようになります。

ハッシュタグが関連動画に与える影響

タグによるSEO対策をおこなうことで、動画を再生してもらいやすくなります。

また、ハッシュタグを活用することで、検索によって動画を表示しやすくすることができます。

YouTubeの検索では #〇〇〇〇 で動画を検索することができます。

ハッシュタグ検索はSNSでは主流な検索方法で、特にInstagramで使われています。

日本ユーザーの2割が毎日Instagramの検索機能を使用し、4人に1人が情報を検索する際にハッシュタグを利用しているという。

ネットショップ担当者フォーラム 2019

したがって、YouTubeでもハッシュタグ検索が使われる可能性が高く、設定しておくべきでしょう。

サムネイルを設定する

サムネイルは、YouTubeの検索結果画面、関連動画、トップページなど動画を視聴する前に表示される画像です。

サムネイルには、ユーザーを視覚的に惹きつける要素を持ち、動画をクリックする理由になります。

また、YouTubeのSEOとして、設定されていることは評価につながります。

視聴者を惹きつけるためには、任意の画像をサムネイルに設定するカスタムサムネイルを設定しましょう。

カスタムサムネイルを利用する効果は、YouTubeの公式が裏付けをしています。

動画を見つけた視聴者が通常最初に目にするものがサムネイルですが、特に高い成果を挙げている動画の 90% ではカスタムサムネイルが使用されています。

YouTube Creator Academy

したがって、視聴者とYouTubeSEO双方から、設定をするようにしておきましょう。

終了画面で動画やチャンネル登録を誘導する

終了画面には、ほかの動画やチャンネル登録ボタンを設定することができます。

YouTubeSEO的な効果は薄いですが、視聴者を囲い込み、誘導することができます。

多くのYouTuberが終了画面をカスタマイズしています。

例えば、HikakinTVでは、終了画面に表示されるボタンの位置に合わせた動画を使っています。

HikakinTVの終了画面のスクショ

Hikakinさんが、指をさして関連動画に誘導していることがわかりますね。

他にも、オリジナルの終了画面を採用しているケースもあります。

YouTuberのラファエルさんは、オリジナル動画を挿入することで、SNSや他のチャンネルを紹介しています。

ラファエルのYouTube終了画面

画面をクリックすることはできないですが、好きなものを告知することができる特徴があります。


以上が、YouTubeSEOで重要となる点となります。

量は多いですが、簡単に対策できる点が多いです。

ここからは、余力がある人向けのYouTubeSEO施策をご紹介していきます。

余力がある方向け】YouTubeSEO対策

YouTubeアルゴリズムの効果対象となる要因は日々変化しています。

今からご紹介するのは、今後効果が期待されたり、多少効果があるSEO対策をご紹介していきます。

字幕をつける・多言語対応する

字幕を設定したり、多言語対応することは、YouTubeSEOに貢献してくれます。

YouTubeアルゴリズムは、動画に投稿されている内容を把握することはできません。

しかし、字幕をとおして、動画の内容を文字データ形式で伝えることができるようになります。

また、多言語対応することで、動画の視聴者の幅を増やせる他、関連動画として他の言語設定をしている人にも表示されやすくなるでしょう。

字幕や多言語字幕、は動画の字幕/文字起こしから追加することができます。

透かしアイコンを入れる

透かしアイコンとは、動画が視聴されている間ずっと表示されている、チャンネル登録ボタンのことです。

このボタンを設置することで、視聴がチャンネル登録する機会を増やせますし、フルスクリーンで視聴していても、チャンネル登録することができます。

チャンネル登録者数は、YouTubeアルゴリズムの自動解析にポジティブな作用をもたらします。

したがって、チャンネル登録者数が少ない場合は、積極的に設置すると良いでしょう。

再生リストを用意する

再生リストとは、複数の動画をまとめたものになります。

セクションわけと似ていますが、「おすすめ動画」や「再生回数が多い動画」などでまとめることもできます。

再生リストを作れば、視聴者に動画の概要をわかりやすく伝えられます。

また、動画のセクション分けに似たこともでき、テーマやカテゴリ、シリーズごとにまとめることも可能です。

この場合、再生リストのタイトル部分にキーワードを含めることによって、再生リストが関連動画や検索画面に表示されることがあります。

再生リストが一度再生されれば、リストに追加されている動画は自動再生されるので、動画の再生回数が期待できます。

カードを設定する

カードとは、動画の右上に表示されている!アイコンをクリックすることで表示されます。

様々な種類があり、動画や外部URLへの誘導、アンケートなどを実施できます。

様々な種類があるため、視聴者にとっては「参加型」の動画を作れる点で高評価でしょう。

  • チャンネルカード
  • 寄付カード
  • 視聴者ファンディング
  • リンクカード
  • アンケートカード
  • 動画カード・再生リストカード

また、動画の設定や外部リンクを設定することは、YouTubeアルゴリズムに動画情報を伝えられる手段となります。

関連動画や、関連URLを設定して、YouTubeSEO対策をおこないましょう。

まとめ:YouTubeSEOで結果をだす

YouTubeはレッドオーシャンになりつつありますが、適切な設定をすることで再生回数の向上を期待できます。

YouTubeSEOの設定項目は多いですが、ライバルの動画に勝つためには必要な対策と言えるでしょう。

YouTubeのチャンネル設定、動画データの設定を中心に、余力があれば細かなSEO対策も実施しましょう。