YouTubeからWebサイトに誘導する方法【売上UP】

youtubeとWebサイトの紐付け方法

https://remublog.net/wp-content/uploads/2019/02/kurohamu04.jpg
  • YouTubeに自前Webサイトを表示したい
  • Webサイトからの販売を増やしたい
  • Webサイトからの申し込みを増やしたい

こんな疑問に答えます。

YouTubeから自前のサービスや商品を掲載しているWebサイトに、流入させたいと感じる方も多いはず。

実は、YouTubeチャンネルからWebサイトに流入を促すステップは簡単です。

事実、YouTubeを活用したマーケティング方法は確立されつつあり、多くの企業・事業主が売り上げを向上させています。

本記事では、YouTubeとWebサイトを紐づける手順と、売り上げを伸ばすための注意点も解説しています。

本記事を読み終えれば、YouTubeとWebサイトを簡単に紐付けて、売上改善や認知拡大ができるようになります。

なぜYouTubeにWebサイトを紐づけるのか

YouTubeとWebサイトを紐づけることで、2つのアドバンテージが期待できます。

両者ともアクセス数の増大に繋がるのですが、それぞれをより深掘りします。

Webサイトの認知向上・売上UPできる

YouTubeチャンネルの視聴者をWebサイトに流入させることができれば、大きな恩恵があります。

  • Webサイトから、商品のお問い合わせが増加する
  • サービスやブランドが周知される
  • Webサイトのアクセス数増加が見込まれる

例えば、再生数100回につき1人がWebサイトに訪問してもらえるとします。

1万回再生で100人が訪問することになり、うち10人がサービスを購入すると仮定します。

商品にもよりますが、1つの商品が10万円であれば、月に100万の利益が新たに生まれます。

YouTubeチャンネルの強化

YouTubeのチャンネルにとっても、新しい情報が追加されるため、チャンネルパワーが増大します。

次のセクションで解説しますが、YouTubeとWebサイトを紐づけるには、YouTubeチャンネルにWebサイトを登録する必要があります。

したがって、YouTubeチャンネルは次のような影響を受けます。

  • チャンネルに記載される情報が増え、信頼性が増加する
  • チャンネルの分野がより明確になる

この結果、動画の上位表示や関連動画の表示がされやすくなります。

したがって、YouTubeの再生回数が向上し、YouTube自体の広告収入や、Webサイトへの流入向上が期待できます。

YouTubeに自前Webサイトを表示させる手順

それでは、YouTubeに自前のWebサイトを表示させる手順を解説していきます。

3ステップで完了するので、さらっと終わらせましょう。

1.YouTubeパートナープログラムへ申し込む

まずは、YouTubeパートナープログラムに申し込みます。

YouTubeパートナープログラムとは、広告収入とサポートを受け取るための提携のことです。

提携するための条件は以下の3つです。

  • チャンネルが YouTube のポリシーとガイドラインに準拠している
  • チャンネル登録者数が 1,000 人以上
  • 公開動画の総再生時間が 4,000 時間以上

これらの条件を満たしたチャンネルのみ、YouTubeパートナープログラムに申し込むことができます。

YouTubeパートナーシップの詳細や、申し込み方法をについては下記の記事をご覧ください。

YouTubeパートナープログラムのロゴ YouTubeパートナープログラムの申請方法と基本情報を解説

2.YouTubeにWebサイトを紐づける

続いては、YouTubeにWebサイトを登録し、紐付けを行います。

YouTubeにアクセスし、右上のチャンネルアイコンをクリック
メニューが表示されるので、YouTube Studioを選択
YouTube Studioのメニューバー
YouTube Studioの左下の、従来のクリエイターツールを選択
YouTube Studioから従来のクリエイターツールページへ移動する
チャンネル>詳細設定を選択します。
従来のクリエイターツールの詳細設定
関連付けられているWebサイトまでスクロールする
YouTubeと関連づけられているWebサイトのURL
Webサイトを入力する
YouTubeと関連づけられているWebサイトのURL

https://という形式でURLを入力することだけ注意しましょう。もし、Webサイトがhttps://形式に対応していない場合は、SSL化にする方法をご確認して対応することをお勧めします。

YouTubeとWebサイトの紐付けが完了する

Google Search ConsoleにWebサイトを追加していた場合は、確認済みと表示され作業終了です。

YouTubeと関連づけられているWebサイトのURLを確認した

画面上に保留ボタンが表示された場合は、Google ConsoleにWebサイトを追加する必要があります。

Google Search Consoleへの追加方法については、これからご紹介させていただきます。

確認ボタンが表示された場合は、[確認]をクリックして指示に従いましょう。

Google Search ConsoleにWebサイトを追加する

Google Search Console にアクセスし、YouTubeチャンネルへのログインに使用している Google アカウント情報でログインします。

その後、プロパティからサイトの追加ができるようになります。

具体的な手順については、Search ConsoleにWebサイトを追加する方法をご参照ください。

3.動画にWebサイトを表示させる

YouTubeに投稿した動画にWebサイトを表示する方法は2つあります。

それぞれの基本情報や特徴について解説を加えていきます。

Cardを利用する方法

YouTubeにはCardという機能があり、視聴者に様々なアクションを起こすことができます。

YouTubeのスポンサーカード
動画内でDVD購入うながす

こちらのCard部分にWebサイトを貼り付けて、誘導することができます。

それでは、具体的な手順について解説をします。

YouTube Studio>動画>編集したい動画を選択
YouTube Studioから編集したい動画を選ぶ
詳細をクリックします
編集画面が出現しますので、右下からCardを選択します。
編集画面に表示されるカード
リンクを追加する

カードを挿入できる画面に遷移します。

  • 挿入位置
  • 挿入する内容
    例) チャンネル、アンケート、Webサイト

リンクの作成ボタンをクリックして、以下の点を埋めましょう。

  • WebサイトのURL
  • タイトル
  • 行動を促すフレーズ
    例)1ヶ月で痩せるサプリ

以上でYouTubeからWebサイトへの誘導経路を作れました。

また、動画の終了画面にも、Webサイトの誘導画面を追加できます。

Step2で終了画面を選択し、同様の手順を踏めば完了です。

編集画面に表示されるカ終了画面

YouTubeからWebサイトへ繋がる導線を設置して、集客や売り上げの増加を狙ってください。

YouTubeからWebサイトへ飛ばす時の注意点

YouTubeからWebサイトへ飛ばす方法は簡単ですが、考えるべき注意点がいくつかあります。

この注意点を守らないと、Webサイトを設置してもうまく機能しない場合があります。

3つの注意点をご紹介しますので、対策できているかを確認しましょう。

より多くの人に動画をみてもらう

YouTubeからWebサイトへ誘導する時の流れ

そもそも、YouTubeからの流入を狙うためには動画をより多くの人に見てもらう必要があります。

なぜなら、Webサイトへ流入する人を増やす必要があるからです。

動画内にWebサイトへの導線がたくさんあったとしても、動画が視聴されなければWebサイトへの流入は0です。

そのため、再生回数を意識した動画制作をおこないましょう。

YouTubeからWebサイトにしっかり誘導する

動画内ではWebサイトへしっかり誘導するようにしましょう。

なぜなら、CTR(クリック率)を向上させる必要があるからです。

YouTubeで言う所のCTRとは、動画を視聴した人のうち、何人がWebサイトへのリンクをクリックしたかを考えます。

一般的なWebサイトでは、CTRは1-2%だといわれています。

CTRを向上させるために、動画内でWebサイトや商品についてしっかりと言及し、誘導することが大切です。

Webサイトのお問い合わせをしっかりさせる

最後に、Webサイトのページのデザインが『購入したい』と思えるようなページか見直しましょう。

マーケティングにはCVR(=コンバージョン率)という概念があります。

これは、Webサイト訪問者の何%が商材購入やお問い合わせをしたかを表したものです。

Webサイトのクオリティが低いと、CVRは大きく低下します。

例えば、最終目標がアクション(入会、ダウンロード、購入)を起こしてもらうことだとしましょう。

もし、Webサイトがわかりづらかったり、画像ばかりで表示速度が遅いと、離脱率が高くなってしまいます。

その結果、多くの人をWebサイトに誘導することができても、最終的な利益の獲得にはつながりません。

したがって、Webサイトの改修についても検討するようにしてみてください。

まとめ:YouTubeとWebサイトは最強タッグ

YouTubeはマーケティングツールとして、非常に有用です。

YouTubeの視聴者をWebサイトに流入させることで、物販促進や認知拡大につなげることができます。

YouTubeとWebサイトを紐づけることは簡単ですが、いくつか注意点がありました。

特に、Webサイトが最適なデザインがされていないと、最終的な利益拡大にはつながりません。

当記事製作者のRemuであれば、YouTube、Webサイトの両方を意識したWebサイトを制作できます。

もしWebサイトでお悩みでしたら、無料でご相談にもご対応できます。

一度ご連絡していただけると嬉しいです。